「連続人形活劇 新・三銃士」第32話

第32話「敵将、バッソンピエール」 (4月2日放送)


あらすじ(公式サイト)
反乱軍にとらわれたロシュフォールを救おうと要塞に忍び込み、逆に捕まってしまったダルタニアン。ミレディーと共に後を追ってきたボナシューも、兵に見つかりとらわれの身に…。

反乱軍のリーダー・バッソンピエールは、共にリシュリュー枢機卿から国の政治を取り戻そうとダルタニアンに持ち掛けます。その場にはイギリスのバッキンガム公の姿もありました。しかし、ダルタニアンは仲間を裏切ることはできないと誘いを断り、ロシュフォールやボナシューと共に処刑されることになります。

一方ミレディーは、ダルタニアンの危機を知らせようと三銃士のもとへ。三銃士は助けに行こうとしますが、国王の許可無く持ち場を離れることは許されていません。そこでトレヴィル隊長がルイ13世に会いにいきますが、リシュリューの妨害を受けて取り次いでもらえません。

それを見ていた三銃士は一計を案じます。実は、アトスはものまねが得意。ルイそっくりの声音でリシュリューに命令させ、書類にサインをさせることに成功します! 三銃士は早速ダルタニアンを助けに出発します。

そんな中、ラ・ロシェルの処刑場では、ダルタニアン、ロシュフォール、そしてボナシューに刑が下されるときが刻一刻と迫っていました。


まさか、3話分も溜め込むとは。(--;
何としてでも、明日の放送に間に合わせましょう。



捕らわれの身のロシュフォール伯爵を救いに、砦の中へ入ったは
いいものの、逃げる途中で行き止まりに追い詰められ、結局、
ダルタニアンとロシュフォール、プランシェは、揃って牢屋へ。

ダルタニアンだけは助けたいらしいロシュフォールは、
ダルタニアンに名乗るなと言い含め。


そこへやってきたのは、反乱軍のリーダー・バッソンピエール!

背は小さいが、志は身長180センチだとさw

子猿を連れたダルタニアンの正体を見抜くも、ダルタニアンは
黙秘を続け。

「殺す価値もない男。撃てば弾が無駄なだけ」と、
ロシュフォールもかばおうとする。

何かもう、必死なんですけど、この人。


ところが、同じく捕まったボナシューの出現で、あっさりバレて。

バッソンピエールは、ダルタニアンを食事の席に誘う。
バッキンガム公から、ダルタニアンのことを色々聞いていたらしく。
仲間になって欲しいと言い出す。

そこに、バッキンガム公までもが現れ。

ダルメシアン、ポメラニアンと、名前間違えすぎw
つか、なんで、ワンコの名前ばっかw


「私たちについてきてくれるね」と言うバッソンピエールに、

「お断りします」とダルタニアンがキッパリ告げると、

「我らの敵はリシュリュー枢機卿だ。
我らは民衆のために立ち上がったのだ。
力を貸してくれないか?」


もっともらしいバッソンピエールの言葉に、返答を保留しようとするも。

「ここは戦場だ。一瞬の決断が命を左右する。
考えている暇などない」


即答を求められ。

仲間になるか。
断れば、死。

それでも、ダルタニアンは、
「仲間を裏切るわけには行きません」と答えた。

引っ立てられようとするダルタニアンを、バッキンガム公が
待ったを掛けるも。

「恩人だから、できるだけ苦しまずに殺してください」

助けてくれないのかよ!!(^^;



その頃、ボナシューを囮に砦から逃げてきたミレディーは、
後方に陣を構える国王軍で待機する三銃士に、
ダルタニアンの救出を願う。

殺したいほど憎かったんじゃないのかい。(^^;
この作品のミレディーは、非情にはなりきれないのな。

「私が懲らしめるまで、ダルタニアンには死んで欲しくないの」

なんて、ひねくれたことを言い。
それでも、今までの行いのせいで、なかなか信用しない三銃士に。

「私はお尋ね者の身。
私がここにいるのが何よりの証じゃないの」


そこまで言われて、立ち上がらないわけにも行かず。


だが、国王の身辺警護を任されている三銃士は、
命令なしに動けば、反逆罪

なので、国王の許しを貰いにトレヴィル隊長が向かうも、
国王は昼寝中。

リシュリューが「陛下のお昼寝の邪魔をするな」と立ちはだかり。
ロシュフォールも捕まったと言われても、頑として取り合わず。


てゆーか、トレヴィルとリシュリューの言い合いって、
江原さん、お見事ですねw


そこで、「しょうがない、最後の手段だ」とアラミスが立てた作戦は。

アトスがルイ13世の声真似をするw
そりゃ、山寺さんなら可能でしょうよ!(^m^)

完全に、国王のフリをして、命令書にサインを!


たまたま呟いた、「今度は僕の番だぞ、リシュリュー」という
国王の寝言を逆手にとって、

「お前の言いなりになんか、なるもんか!」とか言わす辺り、


アラミスって、黒い(>m<) 



ミレディーの導きで、急ぐ三銃士。

ダルタニアン、ロシュフォール、ボナシューの3人は、銃殺刑に!?



間に合うのか!?
てなところで、次回に続く!


声の出演
ダルタニアン…池松壮亮

アトス…山寺宏一
ポルトス…高木渉
アラミス…江原正士

ミレディー…戸田恵子

バッソンピエール/ナレーター…田中裕二


過去記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
第11話 第12話 第13話 第14話 第15話
第16話 第17話 第18話 第19話 第20話
第21話 第22話 第23話 第24話 第25話
第26話 第27話 第28話 第29話 第30話
第31話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック