大河ドラマ「龍馬伝」第34話

第34回「侍、長次郎」 視聴率16.3%



亀山社中は、手に入れたユニオン号を、薩摩名義の桜島丸と
名づけて、下関へ運んだ。

仇敵・薩摩に借りを作ったことを不満に思う長州藩士も
少なくはなく、桂は板ばさみに悩んでいた。

長次郎は、船を薩摩と亀山社中が使えるように取引していたが、
長州側から抗議があり、龍馬が長州名義に変えさせる。


納得がいかないまま、単身、長崎へ戻った長次郎。

資金繰りに苦労しているからこそ、亀山社中の今後のために
したことを仲間たちに責められ、悔しい思いをする。

「偽侍」とまで罵倒され。


そんな長次郎に、約束を守れなかったお詫びとして、
井上が、グラバーを介して、金銭を渡そうとする。

一度は受け取れんとキッパリ断った長次郎だが、
留学したいという夢のある長次郎は、その金で、
グラバーにイギリスへの密航を頼む。


一大決心をして社中を後にする長次郎だが、
密航当日、嵐で船が出港せず。


密航の件が、長崎奉行に知られ、小曾根邸に身を寄せていた
長次郎は、社中に迷惑が掛かると知り、責任を取って、
切腹をする。


切腹は、侍にのみ許されている。

死んで初めて、侍に。



長州では、同盟を結ぶため、桂が、西郷の待つ京へ向かうことに。

それに同行する龍馬に、高杉は、愛用のスミス&ウェッソン社の
リボルバー銃を手渡し、

「坂本さん、あなたは長州にとっての恩人だ。
だからこそ、命を狙われる危険がある。
あなたは死んではいけない」

そう言って、護衛役に、槍の名手・三吉慎蔵を紹介する。


三吉は、龍馬宛の手紙を携えており、それを読んだ龍馬、
またも、下関から長崎へ、舞い戻る。

こらこら。
桂さんと一緒に、京へ行かなあかんだろ。(ーー;


切腹した長次郎の死を嘆き悲しむ社中の仲間たち。

お前ら揃って、なじりまくったくせに。(-へー)


龍馬は、長崎奉行・朝比奈(石橋凌)の前で、長次郎の死の
理由について、知らぬ存ぜぬを突き通し。

グラバーらも、決して語らず。


そして、龍馬は、料亭にお元を呼び、
長次郎が最後に撮った写真を向かいに置き、
別れの酒を酌み交わした。


亀弥太の時は、お龍。
長次郎は、お元ですか。

女が側にいないと仲間の死を悼めんのか。(^^;





そんなわけで、長次郎死す。

無念だったろうなぁ。

フツー、あれだけの大仕事をやってのけて、報酬もなしじゃ、
やってられんわな。

しかも、社中の台所を任されてる身とすれば、金が必要なのは
誰より理解してたろうし。

良かれと思ったことで責められて。



にしても、龍馬には、どこでもドアがあるんですか?(^^;




一方、土佐では。

後藤が、またも岩崎家へ訪ねてきて、土佐中の楠の数を数え
終えた弥太郎を労い、次の仕事を命じる。

京で、薩摩と長州が動きがあるから、探って来いと。


いやだから、何で弥太郎なん?
でもって、後藤がそんな情報をどこで得たんだ??


謎過ぎる。




それより何より、今回初登場の、筧さんがカッコ良かったのが♪

キャスト発表されてから、待ってましたよーぅ。


キャスト

坂本龍馬…福山雅治

沢村惣之丞(土佐藩脱藩浪士)…要潤
近藤長次郎(土佐藩脱藩浪士)…大泉洋
陸奥陽之助(紀州藩脱藩浪士)…平岡祐太

元…蒼井優

桂小五郎(長州藩士)…谷原章介
井上聞多(長州藩士)…加藤虎ノ介
高杉晋作(長州藩士)…伊勢谷友介

三吉慎蔵…筧利夫

トーマス・グラバー(英国貿易人)…ティム・ウェラード

後藤象二郎(吉田東洋の甥)…青木崇高

岩崎弥次郎(弥太郎の父)…蟹江敬三
岩崎弥太郎(後の三菱グループ創始者) …香川照之


過去記事⇒
[第1部 RYOMA THE DREAMER]
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 
第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回
[第2部 RYOMA THE ADVENTURER]
第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回
第20回 第21回 第22回 第23回 第24回 第25回
第26回 第27回 第28回
[第3部 RYOMA THE NAVIGATOR]
第29回 第30回 第31回 第32回 第33回


当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒ コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログ「ブラック・キャッスル」から送ります。

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック

  • 「龍馬伝」第34回

    Excerpt:   第34回「侍、長次郎」龍馬らは「ユニオン号」を下関に運んだ。だが船の運航は亀山社中が行い社中や薩摩藩が自由に使えると、長次郎と井上が約束していたことが問題になる。龍... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-08-22 21:06
  • 『龍馬伝』第34回

    Excerpt: ~侍、長次郎~ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2010-08-22 21:30
  • 龍馬伝 第34回 侍、長次郎

    Excerpt: 『侍、長次郎』内容長州の武器買い付けの仲立ちとなった龍馬(福山雅治)たちの亀山社中は、長次郎(大泉洋)の活躍でグラバー(ティム・ウェラード)との交渉に成功した。買い付け... Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2010-08-22 21:31
  • 龍馬伝34 気合いで美談になった長次郎の死

    Excerpt: 先週の龍馬伝視聴率 なんと 13.7%!!! お盆とは云え、かつて無い最低記録でした。 と言うことも意識してか 今回は 以前権力闘争ニュースで 鳩山さん別荘に小沢さんも駆け.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-08-22 21:35
  • ★「龍馬伝#34」2つの記念写真。。

    Excerpt: 大仕事を終えて記念撮影をする面々大活躍した長次郎もご満悦~あはは~~写真屋さんテリー伊藤さんやぁ~~坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 桂小五郎(谷原章介) ... Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2010-08-22 21:46
  • 『龍馬伝』 侍、長次郎

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメントついに長州へ軍艦と大量の新式銃を届けた龍馬と亀山社中。なかでも、交渉を担当した近藤長次郎の功績は、龍馬も認めるところでした。桂も素直に感謝の言葉を述べ、高杉は龍馬の.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2010-08-22 21:51
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第34回 「侍、長次郎」

    Excerpt: 今回も長次郎さん頑張っています!というか最後です。また一人味のある役者さんが演じ Weblog: くまっこの部屋 racked: 2010-08-22 21:53
  • 『龍馬伝』第34回「侍、長次郎」

    Excerpt: 亀山社中、上野彦馬写真館で、記念撮影。ホトガラヒィ。上野彦馬(テリー伊藤)。みんな魂が抜かれると思ってる。金がないって。。(笑)みんな一生懸命、息を止めてた。薩摩がグラ... Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2010-08-22 21:57
  • 第34回「侍、長次郎」

    Excerpt: 薩長連合…薩摩、すなわち鹿児島藩に長州藩の両藩が交流するなどということがありえるのだろうか?…そう言わしめるほど、禁門の変によって生じた傷の深さはあった。互いに睨まれて... Weblog: 政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~ racked: 2010-08-22 21:58
  • 【龍馬伝】第三十四回

    Excerpt: この桜島丸が長州に渡ったら、薩摩との間に絆が生まれる。ユニオン号は「桜島丸」と名付けられ、長州に渡ることになった。今回の手柄は近藤の物だと桂に紹介する龍馬。井上さんらが... Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-08-22 22:03
  • 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者34長次郎の独断で自ら居場所を失い密国を企てるも失敗し迷惑を掛けまいと切腹・・・龍馬は長次郎の死を悔やんだのだった

    Excerpt: 22日大河ドラマ「龍馬伝」第34話を視聴した。 今回は軍艦を手に入れた亀山社中はその足で 軍艦と武器を長州へ薩摩名義で運んだのだった。 そこで晋作と小五郎に龍馬の働きが認められ、 長州が薩摩と.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-08-22 22:07
  • 「龍馬伝」 第34回、侍、長次郎

    Excerpt: 大河ドラマ「龍馬伝」。第34回、侍、長次郎。 前回大活躍だった近藤長次郎が、今回早くも・・・! 久しぶりにちょっと  (っω;`。) グスン Weblog: センゴク雑記 racked: 2010-08-22 22:35
  • 龍馬伝 第34回「侍、長次郎」

    Excerpt: 自分のやった行為が所属しているメンバーに迷惑の掛かることであった場合、自分の身をもって積みを滅ぼす必要がある。それが江戸時代では当たり前の考え方でした。まるで現代では考えられないようなこういう考え方で.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2010-08-22 23:45
  • 大河ドラマ 『龍馬伝』 第34回 レビュー

    Excerpt: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第34回 「侍、長次郎」を観ましたー☆ 近藤長次郎の大仕事であるユニオン号の取引「桜島丸協定」。ほんの少しで... Weblog: サブカルチャー・ショック racked: 2010-08-23 00:13
  • 龍馬伝 第34回 「侍、長次郎」

    Excerpt: あらすじ ユニオン号を下関に運んだ龍馬(福山雅治)たち。しかし、その運 Weblog: 青いblog racked: 2010-08-23 00:43
  • ≪竜馬伝≫☆34

    Excerpt: 今で言うユニフォームを作った亀山社中。そろっての集合写真を撮った。 魂が抜かれるとか、いろいろ噂があり、皆気が気ではなかった。 上野彦馬写真館での出来事。 亀山社中がグラバーから買い入れた軍艦ユニオ.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-08-23 07:44
  • 龍馬伝 侍、長次郎

    Excerpt: 今回、スポットが当たったのは、龍馬の幼馴染み、近藤長次郎。 少しばかり組織の懐事情というか、内部が見え(をを、中間管理職的、悲哀だっ)、好奇心も野心もあり、少しばかり魔が差したばかり、 渡.. Weblog: のほほん便り racked: 2010-08-23 08:32
  • 『龍馬伝』第34回★近藤長次郎物語(後編)

    Excerpt: 『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON3) 第34回「侍、長次郎」  第3部が始まって、中岡慎太郎(上川隆也)、高杉晋作(伊勢谷友介)らの登場で幕末のダイナミックな展開が動き始めたと思った.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2010-08-23 11:56
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第34回『侍、長次郎』

    Excerpt: ネタバレ&個人的見解と突っ込みを多く含みますのでご注意下さい。今回は長次郎が切腹する話・・・・・・いわゆる「長次郎事件」ですね前回、分かりやすい死亡フラグが立っていたの... Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-08-23 16:06
  • 龍馬伝 第34話「侍、長次郎」

    Excerpt: ユニオン号を下関に運んだ龍馬(福山雅治)たちだったが、船の運航は亀山社中が 行い、社中や薩摩藩が自由に使えるという約束を近藤長次郎(大泉洋)と井上聞多 (加藤虎ノ介)がしていたことが問題になる。 .. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2010-08-23 21:02
  • 龍馬伝、長次郎自刃の真相??

    Excerpt: 近藤長次郎が遂に切腹しましたね{/hiyo_uru/} 長次郎が切腹する前、ユニオン号の運航について締結された 桜島丸条約、条約締結を成し遂げたのは勿論、近藤長次郎で す{/fuki_oshirase.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2010-08-24 11:41
  • 【龍馬伝】第34回と視聴率「侍、長次郎」

    Excerpt: 第34回の視聴率は、前回の13.7%より上がって、16.3%でした。戻って良かったです♪ 今回は、長次郎の切腹の話でした。冒頭の亀山社中の皆で写真を撮るシーン、楽しかったです♪高... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-08-24 22:37
  • 龍馬伝~第34話「侍、長次郎」

    Excerpt: 第33話「亀山社中の大仕事」はこちら。 前回の視聴率には眼を疑った。13.7%! Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2010-08-29 22:13