大河ドラマ「龍馬伝」第37話

第37回「龍馬の妻」 視聴率17.6%



薩摩藩邸に担ぎ込まれた龍馬は、出血多量と寒さで生死の境を
さまようも、お龍の献身な介護の甲斐もあり、一命を取り留める。


やがて、冬を越し、春を迎える頃になり、西郷から、
京を離れ、薩摩で養生して欲しいと言われる。

先に京を出た木戸から、薩長の密約を文書化したものを託され、
龍馬は、お龍に支えられながら、それに裏書する。



龍馬が、住む世界の違う人と感じたお龍は、
借りていた金の一部を返し、寺田屋に戻ると言うも。


「お龍、おまんも一緒に、薩摩に行くがじゃ。
このまま別れてしもたら、
もう一生会えんがかもしれんがじゃぞ。
それでもええがか?」  

「いやや。いやや。
うちも、坂本さんと一緒にいたい」


「お龍。
わしらは、夫婦になるがじゃ」

「ほんまに、うちでええですか?」

「おまんじゃないと、いかんがじゃき」

「はい。坂本さん」

「龍馬でいい」

「はい。龍馬さん」


泣きじゃくるお龍を抱きしめ、「ありがとう」と告げる龍馬。


お龍さん、めっさ、しおらしくなっちゃってw



その頃、長州に戻った木戸は、密約の旨を、藩主に報告。


長州と薩摩が同盟を結んだ報せは、幕府に遅れて伝わる。

同じく、長崎も、土佐も、激震が走る。


弥太郎は、薩長が同盟を結んだことを、龍馬から教わったと、
後藤に打ち明ける。

弥太郎は、材木売りをやめ、藩のために働くことを決意。

龍馬のことを良く思っていない後藤は、内心苦々しく聞いていた。




そんな中、龍馬とお龍は、薩摩藩士に守られながら、薩摩へ。

その途中、長崎の亀山社中に立ち寄り、
仲間たちに、薩長が同盟を結んだことを伝え、
お龍を妻として、紹介する。


その後、龍馬は、グラバー邸で、小曾根と大浦とグラバーとで、
麻雀の卓を囲み、今後の援助を頼む。

倒幕をほのめかす龍馬。


そして、グラバー邸の天井裏で匿われていた高杉と、再会する。

藩から1000両をもらい、海外留学すると話す高杉。

「坂本さんも、どえらいことをするお人だ。
その時は一緒に、面白いことをしましょう」


一緒に笑う高杉だが、咳き込み、体の調子が悪い様子。


血を吐くほど病が進行しつつある高杉は、留学を取りやめ、
藩のために、軍艦を買うことに。


無念だろうなあ。これからって時に。(;;)



社中の皆が、龍馬とお龍の祝言を行うが、陸奥は面白くない。

(だから、その金はどこから捻出したんだって、長次郎が泣くぞ)

さらに、お元とお龍の間で、火花がバチバチw

こっそり、「うちのこと身請けして」などと迫る、お元。

お元が龍馬に惚れていることに気付き、お龍はヤキモチ。

すると、龍馬は、母からもらった、
「望(希?)」と書かれたお守りを、お龍に渡し、

「わしと一緒に戦ってくれ。
わしらは、一つぜよ」
と告げる。





つーわけで。

ええと。

タイトルどおり、お龍が龍馬の妻になったという話。

あとは、薩長同盟による波紋、そして、高杉の病。


他に書きようがないなぁ。(^^;


キャスト

坂本龍馬…福山雅治

沢村惣之丞(土佐藩脱藩浪士)…要潤
池内蔵太(土佐藩脱藩浪士)…桐谷健太
陸奥陽之助(紀州藩脱藩浪士)…平岡祐太

龍…真木よう子

元…蒼井優

木戸貫治(桂小五郎、長州藩士)…谷原章介
高杉晋作(長州藩士)…伊勢谷友介

三吉慎蔵…筧利夫

西郷吉之助(薩摩藩士)…高橋克美

小曽根乾堂(長崎の豪商)…本田博太郎
大浦慶(長崎の豪商)…余貴美子
トーマス・グラバー(英国貿易人)…ティム・ウェラード

後藤象二郎(吉田東洋の甥)…青木崇高
山内容堂…近藤正臣

岩崎弥次郎(弥太郎の父)…蟹江敬三
岩崎弥太郎(後の三菱グループ創始者) …香川照之


過去記事⇒
[第1部 RYOMA THE DREAMER]
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 
第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回
[第2部 RYOMA THE ADVENTURER]
第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回
第20回 第21回 第22回 第23回 第24回 第25回
第26回 第27回 第28回
[第3部 RYOMA THE NAVIGATOR]
第29回 第30回 第31回 第32回 第33回 第34回
第35回 第36回


当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒ コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログ「ブラック・キャッスル」から送ります。

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのトラックバック

  • 「龍馬伝」第37回

    Excerpt:   第37回「龍馬の妻」寺田屋の襲撃で死のふちをさまよった龍馬は、薩摩藩邸でお龍の看病を受け、何とか動けるようになる。龍馬は木戸が送ってきた密約の文書に裏書をし、西郷の... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-09-12 21:01
  • 『龍馬伝』第37回「龍馬の妻」

    Excerpt: 寺田屋騒動。龍馬に襲いかかる捕り方。瀕死の状態で伏見薩摩藩邸に運ばれた龍馬。寺田屋にも詮議。おりょうは口移しで水を飲ませる。意識を取り戻した龍馬。おりょうの呼びかけにこ... Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2010-09-12 21:13
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第37話「龍馬の妻」

    Excerpt: 救出された龍馬。だが、大量の出血と寒さで、龍馬はかなり危険な状態に-----------!!必死の蘇生を試みるお龍。意識を失ってしまった龍馬、どうなる!?って事で、やはりこの寺田屋騒... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2010-09-12 21:16
  • 龍馬伝 第37回 龍馬の妻

    Excerpt: 『龍馬の妻』内容寺田屋で逗留しているところを、奉行所による襲撃を受けた龍馬(福山雅治)三吉(筧利夫)の活躍もあり、何とか脱出に成功するが、深手を負った龍馬は、生死をさま... Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2010-09-12 21:20
  • 『龍馬伝』第37回

    Excerpt: ~龍馬の妻~ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2010-09-12 21:22
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第37回 「龍馬の妻」

    Excerpt: 実際はお元と龍馬は男女の関係であったので 如何に当時とは言え、若しあの席にお元を呼んだら そら、えらい事になっていたでしょうな。 とは言え、お元の名前は後藤象二郎の話の中に出てくるだけなので 実はその.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2010-09-12 21:26
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第37回 「龍馬の妻」

    Excerpt: 実際はお元と龍馬は男女の関係であったので 如何に当時とは言え、若しあの席にお元を呼んだら そら、えらい事になっていたでしょうな。 とは言え、お元の名前は後藤象二郎の話の中に出てくるだけなので .. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2010-09-12 21:28
  • ★「龍馬伝#37」プロポーズ編♪

    Excerpt: 今日も「龍馬伝」楽しみました~第37回「龍馬の妻」って言うより~「プロポーズ編」といったところでしょうか坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 桂小五郎改め木戸貫治... Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2010-09-12 21:29
  • 【龍馬伝】第三十七回

    Excerpt: 出血多量と寒さで龍馬の命は危険な状態だった。薩摩藩とお龍の介抱で何とか命を取り戻した龍馬。薩摩にはよか温泉があるからゆっくりと傷を治せ、と言う西郷の言葉にお龍の顔が曇っ... Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-09-12 21:36
  • 龍馬伝37 岩崎弥太郎ついにホントに覚醒す!?

    Excerpt: なんだ、なんだぁ? 龍馬は 手を斬られただけで 今にも死にそうで 口移しでおりょうに飲ませて貰うしぃ トイレもおりょうの介護付でいくしぃ 何だか すごい重病人だったのにぃ.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-09-12 21:38
  • 龍馬伝~第37話「龍馬の妻」

    Excerpt: 第36話「寺田屋騒動」はこちら。 前回の視聴率は16.8%。もうちょっといくかと Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2010-09-12 21:52
  • 第37回「龍馬の妻」

    Excerpt: 時は慶応2(1866)年1月、今の京都市伏見区にある寺田屋…無事に鹿児島藩邸に逃げ込んだものの、龍馬の状態は決して安堵できるものではなかった。死の淵をさまよう…翌朝、龍馬の容体は... Weblog: 政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~ racked: 2010-09-12 21:55
  • 龍馬伝 第37回「龍馬の妻」

    Excerpt: 生死の境をさまよっていた龍馬は、なんとか薩摩藩の助けを受けて命を救うことになります。目を覚ました龍馬のことを何よりも喜んだのがお龍でした。この献身的な看病が、龍馬にお龍と夫婦になろうという決意をさせた.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2010-09-12 22:03
  • 大河ドラマ龍馬伝★第37話龍馬の妻

    Excerpt: 大河ドラマ『龍馬伝』第37話龍馬の妻寺田屋騒動の夜から明けてその後・・・。薩摩藩邸で傷の手当を受ける龍馬と介護するお龍。すでにこの頃、龍馬はお龍のことを呼び捨てですよ~... Weblog: うさうさ日記 racked: 2010-09-12 22:18
  • 『龍馬伝』 龍馬の妻

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメント寺田屋騒動での負傷は重く、龍馬は薩摩藩邸で何日も治療を受けます。その間、懸命に龍馬の看護をしてくれたのは、もちろんお龍でした。ようやく傷の痛みも癒え、笑顔が戻った龍.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2010-09-12 22:18
  • 大河ドラマ 『龍馬伝』 第37回 レビュー

    Excerpt: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第37回 「龍馬の妻」を観ましたー☆ 今回の『龍馬伝』に於ける岩崎弥太郎。坂本龍馬への羨望から一念発起し、面... Weblog: サブカルチャー・ショック racked: 2010-09-12 22:30
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第37回 「龍馬の妻」

    Excerpt: 寺田屋騒動から無事救出された龍馬。そんな龍馬に西郷は危険だからと薩摩に来ないかと Weblog: くまっこの部屋 racked: 2010-09-12 22:43
  • 「龍馬伝」第37話「龍馬の妻」

    Excerpt: 瀕死の状態で薩摩藩に救われた龍馬 そこには 献身的に看護するお龍の姿が--- 西郷の口利きで薩摩に身を寄せる事なった龍馬は・・・ 「お�... Weblog: shaberiba racked: 2010-09-12 23:03
  • 大河ドラマ 龍馬伝 37話

    Excerpt: 第37話「龍馬の妻」 かいがいしく、龍馬の世話をする「お龍」 病気になった男性が、ナースに恋心を持つのもわかる気がする。 「夫婦」めおと。。この響きがステキ ええなぁ~。 ほのぼのした、ラブ.. Weblog: お地蔵さまの寄り道 racked: 2010-09-12 23:58
  • ???????????37??????

    Excerpt: ????????(*�??*)????????????????????????????????????????????????????????????????????????... Weblog: ????????? racked: 2010-09-13 00:00
  • 「龍馬伝」 第37回、龍馬の妻

    Excerpt: 大河ドラマ「龍馬伝」。第37回、龍馬の妻。 タイトル通り、龍馬とお龍が夫婦となる回ですね。 Weblog: センゴク雑記 racked: 2010-09-13 01:05
  • 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者37瀕死の重傷の中お龍の助けを受けて薩長の裏書を書き同盟を成立させお龍に結婚を申し込み龍馬は結婚した

    Excerpt: 12日大河ドラマ「龍馬伝」第37話を視聴した。 今回はお龍に命を救われた龍馬は薩摩藩邸で治療していた。 そこで傷が癒えない中で密約書の裏書きをし、 その後龍馬は西郷の薦めで薩摩で療養する事になっ.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-09-13 06:09
  • 龍馬伝 龍馬の妻

    Excerpt: なるほど。だから、お龍さん、だったのですね。 ずっとモテモテ龍馬が、なぜ結婚の決意を? そして、なぜ彼女だったのか… と謎だったのですが、 このように九死に一生を救われ、瀕死の身に、これだけの.. Weblog: のほほん便り racked: 2010-09-13 08:33
  • 【龍馬伝】第37回と視聴率「龍馬の妻」

    Excerpt: 【第37回の視聴率は9/13(月)に追加予定】龍馬とお龍さん、ご結婚、おめでとうございます♪でも、引田屋での祝言の祝いで、早々に、お元とお龍の熱い女のバトル(^^;)お龍さん、... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-09-13 10:36
  • 『龍馬伝』第37回★お龍さんvsお元さん~怖っ!!

    Excerpt: 『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON3) 第37回「龍馬の妻」 【 口移しで薬を 】  薩摩藩邸で死の淵をさまよっている龍馬(福山雅治)にお龍(真木よう子)が口移しで薬を飲ませてる.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2010-09-13 11:52
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第37回『龍馬の妻』

    Excerpt: 暑っつぅ~朝涼しかったから油断してたよ今ムシムシしてるぅぅぅさて、先日の高熱の余韻からか頭がぼわわ~~~んとしてるてんぽ~ですえ?それが素だろうって?・・・・そうかも知... Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-09-13 14:42
  • 龍馬伝 第37話「龍馬の妻」

    Excerpt: 寺田屋の襲撃で死のふちを彷徨った龍馬(福山雅治)は、薩摩藩邸でお龍(真木よう子) の看病を受けて何とか動けるようになる。 不自由な体で木戸(谷原章介)が送って来た密約の文書に裏書きし、西郷(高橋克.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2010-09-13 21:42
  • 龍馬伝、一目惚れだったようです!!

    Excerpt: 今週のハイライト{/star/}{/star/} 何と言っても後藤象二郎に初めて刃向かった弥太郎{/cat_7/} 下士中の下士弥太郎が目覚めた瞬間です。 後藤象二郎とタッグを組み明治維新へと向かう二.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2010-09-14 17:57
  • 「龍馬伝」♯37

    Excerpt: ついに。。。 日曜20時、NHK大河ドラマ「龍馬伝」ね。 →「龍馬伝」見ました→「龍馬伝」♯2→「龍馬伝」♯3→「龍馬伝」♯4 →「龍馬... Weblog: 続・主婦るーのTVあれこれ racked: 2010-09-16 09:37