アニメ「バクマン。」第6話

第6話「アメとムチ」

あらすじ(公式サイト)
「ふたつの地球」を編集部へ持ち込んだ最高と秋人は、そこで
編集部員・服部哲と出会う。
服部から作品の感想を聞かされ、一喜一憂する二人だったが、
服部から最後に「今後も自分が見ていきたい」と連絡先を教えて
もらうことになる。
そんな中、2学期が始まり、最高と秋人のクラスでは席替えが
行われることに。
最高と隣の席になったのは…。  



初めてのドキドキ持ち込み、な回。



そして、語られる、シュージンの家庭の事情。

父親が上司の責任を取らされる形でクビになって、

「お父さんの仇をとってね」なんて母親に言われてもな。


だから、シュージンって、割とドライな性格だったんだね。

そっかー、シュージンの家庭の事情って、そんなんだったっけー。
そういや、そんな話を読んだような気がするw

いやだって、殆どサイコー中心に描かれてるから、忘れてた。(^^;



そんで、サイコーたちが初めて合作した「ふたつの地球」
確かに、この時点のサイコーの絵、ちょっと固い気がするなー。

でも、ちょっと読んでみたい気がする。
ああいう話、好きかも♪

こういう感じで、今後も、漫画の内容が見られるのかな~?
「TRAP」とか「CROW」とか、楽しみ~♪



サイコーは、服部さんが担当として当たりか外れか?と探ってたけど、
服部さんは、当たりだよな~間違いなく。

てゆーか、あの二人の担当は、ホント、服部さんで良かったよね。

……てのは、今後わかってくわけだけど。


にしても、「ジャンプ」同様、「集英社」もNGなのな、NHKw

「集英社」ならぬ「遊栄社」か。
「遊びで栄える」なんて、えらい良いネーミングじゃんw



そんで、夏休み明けて、新学期になって、
サイコーと亜豆が隣の席に……てエピ、あったことすら忘れてるw

それを、後ろの席でウケまくってるシュージンが。(>m<)b


過去記事⇒
第1話「夢と現実」 第2話「馬鹿と利口」 第3話「親と子」 第4話「時と鍵」
第5話「夏とネーム」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • バクマン。第6話(11.6)

    Excerpt: 15歳の新妻エイジがジャックの手塚賞に入選したのに触発された 真城最高と高木秋人がジャックへ原稿の持ち込みをしたという話 「ほかの出版社には持っていったりしないでほしい。 できれば、君たちはこの先も僕.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2010-11-09 01:10
  • バクマン。 第6話「アメとムチ」

    Excerpt: バクマン。の第6話を見ました。第6話 アメとムチ夜中にトーン貼りの練習をしていたシュージンはサイコーと共に遂に原稿を完成させ、ジャック編集部に電話をかける。「いよいよだな... Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2010-11-10 23:08