「ギルティ 悪魔と契約した女」最終話

最終話「永遠に愛してる…」  視聴率12.0%

あらすじ(Yahoo!テレビ)
芽衣子(菅野美穂)は、最後の復讐を成し遂げるため、三沢準(柏原収史)
に接近し、堂島(唐沢寿明)の残した原稿を公開して準と代議士の父・
(津嘉山正種)
を破滅させると脅迫。公開されたくなければ、ある条件を
飲めと持ちかける。  
一方、真島(玉木宏)万里(吉瀬美智子)から、芽衣子が宇喜田(吉田
鋼太郎)
に渡したUSBメモリーの中身を見せられる。そこには、高校時代
の準の写真に復讐を予告する言葉が添えられた画像データが入っていた。
真島は豪と息子の準が事件に関係していることを察して三沢邸に駆け
つけるが、門前払いを食らってしまう。そんな折、ふいに現れた男が真島
に堂島のデジカメを手渡す。堂島は自分がつかんだ事件の黒幕を真島に
伝えようと、動画でメッセージを残していたのだった。 
そんなとき、三沢邸に準の運転する車が到着した。真島は後部座席から
降りてきた芽衣子に驚き、また復讐するつもりなのかと必死に問いただす。
すると芽衣子は、今後の生活を保障してもらうことで準と和解したと冷たく
告げて真島の手を振り払うと、準と邸内に消えていった。


良心の呵責に苦しむのは人間だけ。
悪魔に罪の意識など、存在しない。


↑10話目は、1行目を芽衣子、2行目を真島、
そして「「ギルティ」」と、2人で。



前半、ウェブリブログの調子が悪かったんで、ざっくり書いちゃる。




芽衣子は三沢に近づき、三沢から交換条件を出される。


三沢は、昔から信頼がない上に、政治資金団体の問題責任を
押し付けようとする父を、ブランデーに毒を混入して殺す。

あくまで自殺として。



芽衣子は、堂島の記事を渡す場所として、毒入りケーキが
作られた高校(今は廃校)の理科室に呼び出し。

三沢は、拳銃を持っていたが、それを読んでいた芽衣子が、
事前に、メタノールを充満させておき、拳銃の発砲を阻止。

芽衣子は、三沢に、なぜあんな事件を起こしたのかを問う。


「どれだけの力を動かせるか試してみたかった」と笑う三沢。

ただ無差別に、殺す相手は誰でも良かった。

「若さゆえの暴走ってヤツですよ」と悪びれもせず。


芽衣子は三沢を挑発し、体育館、外へと三沢を誘い。


草に隠れて見えなかった、地下水路に三沢を落とすw

まさか、そんな古典ギャグ。(>m<)



ふたを閉めて、枝でつっかえ棒にして。

上から放水ホースで水を流し込み。

「あんたのせいで、
沢山の人間が苦しみ、人生が狂わされた。
でも、裁かなかった。
だから、私が自分の手であんたを裁く。

他人の人生を弄んだ罪は、死に値する!
あなたの命で償いなさい!」




芽衣子は、復讐を終え、ガラスの破片で首を掻っ切ろうとし、
その場に駆けつけた真島に止められる。

「生きて償え!
待ってるから。いつまでも待ってるから!

野上芽衣子、殺人容疑で逮捕する」



真島は、芽衣子に手錠をかける。


連行する途中、万里が、ペットサロンの店長を連れてきて。


あの店長、三沢父の愛人の娘だったんだってさ。

そんで、母を捨てた三沢父に復讐するため、
息子の三沢(異母兄弟)に近づいて、
毒入りケーキの計画を吹き込み、そそのかした。


うそーん、てゆーw
今更、そんな後付け、衝撃の事実と言うよりは、
突拍子もなさ過ぎて、むしろ笑えるw



それから、真島は、わざわざ芽衣子の母の施設に行って。

逮捕される前に、会っておけと。

すると、先に万里から、芽衣子は無実だったと聞かされていた
芽衣子の母は、ひどい母親だったと芽衣子に詫びる。

芽衣子の母は、真島にも「娘をお願いします」と頼み。



その隙に、芽衣子は、真島の目を盗んでその場から立ち去り。


いつも復讐の後に向かっていた丘の公園。

姉が飛び降りた場所で、毒をあおって自殺を図る。


真島の腕に抱かれながら、息も絶え絶えで、
「愛してる……」とだけ告げて、絶命する。


その体を抱きしめる真島。






で、終わったわけですが。


あれっだけ、引き伸ばして引き伸ばして、ラストがコレかよw

失笑するしかー。(>m<)


だって、三沢が穴に落ちるのなんて、予想できたけど、
映像で観たら、下手なコント並に笑えたったらw

でもって、ペットサロンの店長の告白w
何だ、アレ!


しっかも、真島ったら、毎度毎度、「俺がお前を守る!」とか
言ってるわりに、芽衣子の行動把握してないし、
いつも逃げられるし、しかも、死なしてるしー。

彼女が自殺しようとしてるの判ってんだから、もうちょっと、
注意しとけ。




はー。
もう、そもそもが、ドラマの内容が、全8話?くらいでまとめられる
くらいの薄っぺらだし。

それを、無理くりに11話にまで引き伸ばすから、こんなことに。


個々の役者さんは良かったのに。
脚本がなー。

もうちょっと練ってから書いてください。てなわけで、さいならー。



キャスト

野上 芽衣子…菅野美穂

真島 拓朗(刑事)…玉木宏
榎本 万里(真島の同僚)…吉瀬美智子
宇喜田 元(故人。真島の上司)…吉田鋼太郎

鶴見 真人(バーテンダー)…水上剣星

矢部 彩乃(芽衣子の同僚)…滝沢沙織
小山内 琴美(ペットサロンの店長)…横山めぐみ

堂島 基一(故人。ジャーナリスト)…唐沢寿明



過去記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話


当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのトラックバック

  • ギルティ 悪魔と契約した女 第11話(最...

    Excerpt: 『永遠に愛してる…』内容黒幕・三沢準(柏原収史)を呼び出し、代議士の父・豪(津嘉山正種)とともに、破滅させると宣言する芽衣子(菅野美穂)だがもしも、堂島(唐沢寿明)の原... Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2010-12-21 23:40
  • 「あ・い・し・て・る」見殺しが得意なダメ刑事(ギルティ 悪魔と契約した女#11最終回)

    Excerpt: 『ギルティ 悪魔と契約した女』良心の呵責に苦しむのは人間だけ。悪魔に罪の意識など、存在しない。Guilty!さっさと殺すかと思いきや、野上芽衣子@菅野美穂は三沢準@柏原収史と取 ... Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2010-12-22 00:09
  • ドラマ「ギルティ・悪魔と契約した女」第1...

    Excerpt: 最後の決着---------------!!準と話をする芽衣子。最後の取引を仕掛けたのだ。お互いのターゲットは三沢。そして、宇喜田は自殺処理。だが、今度ばかりはそれを世間に隠すことは出来な... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2010-12-22 00:24
  • ギルティ 悪魔と契約した女 (第11話 最終回 12/21) 感想

    Excerpt: 10/12からフジテレビで始まった『ギルティ 悪魔と契約した女(公式)』の最終回 『永遠に愛してる…』の感想。 引っ張るだけ引っ張って、薄っぺらなのも困る… 『フリーター、家を買う。』.. Weblog: ディレクターの目線blog racked: 2010-12-22 00:53
  • 「ギルティ」最終回☆☆

    Excerpt: 「でもどうしても言えなかったの!」何故?? 最後の最後で出てきた三沢父の私生児。復讐のために息子に近付き、問題を起こせとたきつけたそうで、冤罪で芽依子が捕まっていたんじ ... Weblog: ドラマでポン racked: 2010-12-22 02:53
  • ギルティ 悪魔と契約した女

    Excerpt: 最終回の感想  Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-12-22 11:23
  • ギルティ・悪魔と契約した女 最終回

    Excerpt: 最後の復讐を成し遂げるため、準(柏原収史)のもとに自ら赴いた芽衣子 (菅野美穂)は、堂島(唐沢寿明)の残した原稿を公開して準と党の代表選 を控えた父・豪(津嘉山正種)を破滅させると脅迫する。 だ.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2010-12-22 16:22
  • 「ギルティ」最終回

    Excerpt: やはりこういう結末で。。。 火曜22時、フジ「ギルティ 悪魔と契約した女」ね。 →「ギルティ 悪魔と契約した女」見ました→「ギルティ 悪魔と契約した女」♯2 →「ギルティ 悪魔と契約した女」♯3.. Weblog: 続・主婦るーのTVあれこれ racked: 2010-12-22 17:29
  • ギルティ 悪魔と契約した女 第11話(最終話)

    Excerpt: 最後の復讐を成し遂げるため、準(柏原収史)のもとに自ら赴いた芽衣子(菅野美穂)は、堂島(唐沢寿明)の残した原稿を公開して準と党の代表選を控えた父・豪(津嘉山正種)を破滅させると脅迫。だが「条件によって.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2010-12-22 17:57
  • ギルティ 最終回 感想

    Excerpt: フジ系ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」最終回(第11話)の感想ほか。つまるところ、三沢豪(津嘉山正種さん)という政治家の息子である三沢準(柏原収史さん)の犯した無差別殺人を、父の権力でもみ消したと.. Weblog: オタクと呼ばないで racked: 2010-12-22 20:38
  • 「ギルティ悪魔と契約した女」最終回感想

    Excerpt:  芽衣子(菅野美穂)は、準(柏原収史)と人気のない場所で話している。 Weblog: Kanataのお部屋へようこそ racked: 2010-12-22 20:56
  • 『ギルティ・悪魔と契約した女』最終回・全般

    Excerpt:  部分部分はそれなりに見るべきモノがあった気がしますが、(最終回を見たら)どうやらそれは錯覚だったようです。  まず、毒物混入殺人事件の真相(動機)が、本当にくだらないものであったこと。このドラマの.. Weblog: 英の放電日記 racked: 2010-12-23 00:38
  • ≪ギルティ 悪魔と契約した女 ≫#11(最終回)

    Excerpt: 芽衣子は、準と対峙した。どうしても上から者を言う準。宇喜田が暴走しただけだと。 今度は絶対2人に罪を償わせると、芽衣子は燃えた。 署に戻ってきた真島を待ち構えていたのは榎本だった。芽衣子が持っていた.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-12-26 21:29