舞台「リチャード三世」

パルコ・プロデュース公演 
いのうえmeetsシェイクスピア「リチャード三世」
の、
以前、WOWOWで放送されたものを観ました。



これ、観に行きたかったんだけど、大阪公演は年末にあって、
年末なんて仕事が忙しくて行けないよ!と諦めたんでした。

んで、WOWOW放送分を、録画してもらって、そのまんまw




シェイクスピアって、有名すぎて、逆に知らなかったりする。

この「リチャード三世」も、まーったく知らなかった。



前国王を打ち倒し、新しく王となった長兄に仕えていた、
三男坊のリチャードが、次兄を罠にはめたことを皮切りに、

幼い甥っ子を殺害させたり、邪魔者を罠にはめたり、
自分を心の底から憎む女を、言葉巧みにその気にさせたり、

策謀をめぐらせて、結果、国王の座を掴み取る。

しかし、裏切りを得意とするあまり、リチャードは、
自分の腹心のバッキンガムでさえ信用できなくなり、
切り捨てようとし。

逆に復讐されて、あっという間に反乱にあって、
裏切って殺した者たちの怨念に祟られながら、命を落とす。

そして、新国王が国を平定するのだった。


とまあ、ざっくり書くとこんな感じ。


だけどもまあ、シェイクスピアってのは、長台詞ばっか!

主役のリチャードは、ほぼ出っぱなし、朗々と喋りっぱなしだけど、
他の役も、喋りだしたら長い長い。



しかーも、延々と喋り倒した最後の最後には、殺陣があるんだもの。

そら、トライアスロンだよね。(^^;


ふてぶてしく、極悪非道なリチャードを、
文字通り、怪演した古田さんが、素敵です。


今風に、通信機器とか、バイクとか、携帯電話とか、
そういうアイテムを使っているから、あんまり古典っぽくもなく。

とはいえ、目にも鮮やかな衣装がねー。
リチャードが国王になった時の、あの服は、かなり衝撃的!(>m<)


演出:いのうえひでのり

出演:古田新太
安田成美
榎木孝明、大森博史
三田和代、銀粉蝶、久世星佳
天宮 良、山本 亨
増沢 望、西川忠志、川久保拓司、森本亮治
逆木圭一郎、河野まさと、村木 仁、礒野慎吾、
吉田メタル、川原正嗣、藤家 剛


当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック