「LADY~最後の犯罪プロファイル~」第6話

Episode6「逃亡犯を追え…最期の告白」 視聴率7.5%

新堀のいい回だったんだけどな……1桁に戻ったか。

あらすじ(公式サイト)

初公判を迎え、裁判所へ護送中だった無差別通り魔事件の犯人
(忍成修吾)
が裁判所に着いた直後に逃走したとの連絡がCPSに
入る。逃走した殺人犯は一人を殺害、三人を切りつけた通り魔で、
事件後に自ら出頭。取調べでは犯行を素直に認めたものの、自身
の素性や動機は一切供述せず、氏名不詳のまま留置番号の38号
で起訴されていた。

柘植(ユースケ・サンタマリア)の話では38号は逃走の際、護送して
いた警官の銃を奪って逃走。また事件を起こす可能性があり、CPS
の面々に緊張感が広がる。翔子(北川景子)結城(木村多江)たち
は38号が起した犯行のプロファイリングから38号の人格や性格を
分析することで逃走の行動予測を行おうと、まずは通り魔事件の現場
に赴くことにする。だが、新堀(平岡祐太)だけが目撃証言だけあれば
プロファイリング出来るとCPSに残る。

38号が通り魔事件を起した現場を訪れた翔子たちは事件が通り魔
ではなく、38号が最初から死亡した一人の被害者に対し殺意を持って
行った事件だったのではと判断。
寺田は被害者のプロファイリングを、翔子と結城は38号の心の変化を
探るために拘置所に捜査に向かう。拘置所を訪れた翔子と結城は看守
から弁護士以外誰とも面会していなかった38号が、逃亡の数日前に
ジャーナリストを名乗る日高恵美(紺野まひる)という女性との面談に
応じていたことを聞かされ、着目する。

一方、CPSで目撃情報などから38号の行動予測を分析していた新堀
は結城に報告せずに自ら捜査本部に行動予測を報告。予測したエリア
に捜査員を集中的に向かわせるよう指示する。ところが、新堀の予測が
外れ、警備が手薄になっていた予測と違うエリアに38号が出現。38号
にパトロール中の警官が撃たれてしまう。
事件を知った新堀は激しく動揺するが、そんな新堀を翔子は叱咤する。
新堀は自分のミスを挽回しようと必死に分析を続け、思わぬ行動に出るが…。



通り魔事件の容疑者が、自ら自首し、自供もして起訴されたが、
初公判の日に、拳銃を奪って逃亡した。

名前も素性も明かさず、38号と呼ばれた男の犯行は、
一見、通り魔のように思えるも、狙いは、最初に切りかかった、
唯一の被害者だった?


結城らが、38号の犯した事件現場に調査に向っている頃、
1人残って行動分析をしていた新堀が、行動範囲を割り出し、
独断で報告するも。

38号は、その指定された範囲外で、警官に発砲した。


あ~あ、珍しく藤堂管理官が、CPSの意見を聞いてくれたのに。
信用なくしたな。(--;


反省の色無く、資料をよこせと言う新堀に、香月は、
「私なら、自分のミスは自分で取り返す!」と言う。



被害者・高井は、暴行・殺人の前科者だった。

38号は、その被害者、その家族?
それとも、高井の家族?


そして、気になるのは、38号の面会が唯一許された、
日高恵美と言うジャーナリスト。

彼女が口にした「over the Rainbow」という言葉。



結城チーフは、凹む新堀に、彼の計算は完璧だったが、
人間は、計算どおりには動かないと語った。

「人間は、エラーする動物だと私は思う」


新堀は、香月が書いた論文を読んで参考にし、分析を行い、
自分の足で、38号を追った。

そして、38号が盗んだバイクを見つけたことを柘植に報告するも、
住所を告げる前に、38号に見つかり、発砲されてしまう。



CPSは、高井が殺人を犯したとき、息子と娘が居たことを突き止める。
息子の名は、高井陽介

父親が殺人犯、そして、母親は育児放棄した。

残された子どもたちは、戸籍を変えて生きながらえた。


そして、18年経って、陽介は、偶然、父親と再会し。
昔と全く変わらない、ろくでなしの父親への復讐心から、高井を刺した。

その時、近くに居た目撃者から、「人殺し!」と叫ばれ。

恨み憎んだ父親と同じじゃない!との反抗心から、
思わず、その場にいた人間に切りかかった。


それが、CPSが出した分析結果。



そこへ、CPSに、日高恵美が訪ねてくる。

彼女は、高井の娘で、陽介の姉・理恵子だった。

高井の暴力で失明した母を捜し、見つけるも、母には死期が迫っていた。
だからこそ、面会で、母を見つけたことを伝えたのだ。

母が好きだった、「over the Rainbow」という曲名を使って。


38号こと、高井陽介が逃げているのは、母親に会うためだった。

そして、自分の名前を明かさなかったのは、盲目の母親を
心配させないためだった。



陽介は、自分の居場所を割り出した新堀に、
母親を探させようとする。

新堀は、交換条件として、CPSに電話をかける。


結城、寺田、マリエ、柘植に、それぞれ感謝の言葉を告げ。

そして、最後に、香月に告白する。

「最後だから思い切って言うよ。
ずっと君が好きだった。いつも君を見てた。

左斜め14度を見上げる君の顔が好きだった。
実は、夜中に君に会いたくなって、
僕の家から君の家に行こうとしたことがあるんだ。
でも、途中で立ち止まった
勇気がなかったんだ。好きって言う……
最後に会いたかった。

皆、ありがとう。
皆のおかげで、僕…」


そこで、電話は切られてしまう。
柘植は、新堀の捜索を、管理官に頭を下げて頼み込む。

香月は、新堀がプロファイリングした地図を見て、
新堀からの電話を聞き直し、居場所を割り出す。


先ほどの告白は、新堀が暗に込めた、ヒントだった。


柘植たちが現場に踏み込むと、
自殺を図ろうとする陽介と、それを止めようとする新堀とがもみ合いに。

「僕は科学者だ!
天国も地獄も信じない!
お母さんに会いたければ、死ぬな!
死ぬ前に罪を償え! 君が傷つけた人に!
お母さんならきっとそう言う!」


自分の頭に銃口を当て、引き金を引こうとする陽介を、
新堀は思いとどまらせる。



捕まった陽介が護送されるのに、新堀は同行させて欲しいと頼む。


その途中、柘植は、運転手に、
「次の信号を左に曲がってください」と頼んだ。


そして、曲がった先で、理恵子が、車椅子に乗せた母親と居た。

その姿に向って、陽介は、子どもの頃そうしたように、
「over the Rainbow」を口笛で吹いた。




腕を撃たれた新堀は、割と元気で、
CPSのメンバーと、いつもの居酒屋で中華。


新堀は、香月のことが好きというのは、あの場のでまかせと
ごまかすけど……

学生時代に付き合っていた、弁護士志望だった彼女、
なぜか、香月似だったりw

数字バカだった新堀に、
「数字よりもっと大事なモノに気付いてね」と残した言葉が、
新堀をプロファイリングの道へ進ませたのだとか。



その頃、またもCPSに忍び込んでいた柘植は、
電話の向こうの誰かに、「協力するのはこれで最後」と念押しして。

盗聴器を、仕掛ける。


その様子を、マリエが目撃していた!






てなわけで。

新堀にスポットを当ててみた回。

最後の、「over the Rainbow」を口笛で吹くシーンは、良かった。


でも、さ。
そもそもの発端が、18年ぶりに偶然会った父親への復讐って。

18年経ったら、大人でも、人相変わらんか?

しかも、このドラマ、何度、育児放棄ネタ使う気だ。(--;


まあ、そういうツッコミどころを抜きにすれば、
最初に、新堀が香月に嫉妬するところがあり、
見返してやりたいと、独断で突っ走って失敗し、
その失敗を挽回しようとして……という流れは、ベタながらアリかと。

別れの挨拶に、暗号を含めるやり方も、新堀らしいし。


多分、今までの中で、一番良かった回かも。



それにしても、柘植さん。
次回、指名手配ですか。

1話からずっと怪しかった、柘植さんの過去が、ようやく
明らかになるらしいですし。

待ちわびていた柘植さんのターン、楽しみにしてます♪


キャスト

[犯罪行動分析室(Criminal Profiling Support Team=CPS)]
香月翔子(新人プロファイラー)…北川景子
新堀圭祐(統計学)…平岡祐太
奥居万里江(情報処理)…須藤理彩
寺田毅彦(法医学。サブチーフ)…要潤
結城晶(チーフ)…木村多江

香月舞子(香月の妹)…岡本杏理
香月直也(故人。香月の父)…鶴見辰吾

[捜査一課]
藤堂壮一郎(管理官)…小澤征悦
石渡順也(柘植の部下)…細田よしひこ
柘植正樹(第五強行捜査班・係長)…ユースケ・サンタマリア


関連記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 


当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのトラックバック

  • LADY最後の犯罪プロファイル6 犯人の居場所分かる計算式ってどんな公式?

    Excerpt: 北川景子の最後の犯罪プロファイル 久しぶりに観たけど なんだか 人情話? に路線変更したの? しかも 平岡祐太クン 拳銃で撃たれて かなり出血してたし.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2011-02-11 23:55
  • LADY~最後の犯罪プロファイル~ Ep...

    Excerpt: 『脱走犯を追え…最期の告白』内容公判のため裁判所へ護送中の、無差別殺人犯“留置番号38号”(忍成修吾)が、裁判所に到着直後、、、逃走する。1人殺害、3人を切りつけた38... Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2011-02-12 00:17
  • LADY~最後の犯罪プロファイル~ (第6話 2/11) 感想

    Excerpt: 1/7からTBSで始まった『LADY~最後の犯罪プロファイル~ (公式)』の第6話『禁断のプロファイリング』の感想。 テコ入れか?路線変更か?どっちでも良いが(苦笑) 先週、「.. Weblog: ディレクターの目線blog racked: 2011-02-12 07:25
  • LADY~最後の犯罪プロファイル~ 第6話

    Excerpt: 第6話 Weblog: Happy☆Lucky racked: 2011-02-12 09:24
  • LADY~最後の犯罪プロファイル~ 第6話

    Excerpt: 翔子(北川景子)たちの元に、通り魔殺人事件の犯人(忍成修吾)が 裁判所への移送中に逃走したとの知らせが入る。 逮捕後に氏名や動機の供述を拒み続けた犯人は、氏名不詳のまま 「38号」と呼ばれていた.. Weblog: racked: 2011-02-12 14:18
  • 「LADY~最後の犯罪プロファイル」第6回★女の直感で事件解決!?

    Excerpt: 『LADY~最後の犯罪プロファイル』第6話 意外にも前回視聴率はまさかの10%台回復!? 前々回の6.8%が正当な評価だと思うのだけどなぁ・・・。 興味本位の野次馬として、今回も重箱の隅をつつい.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2011-02-12 14:40
  • LADY~最後の犯罪プロファイル~ Episode 6

    Excerpt: 「脱走犯を追え…最期の告白」 初公判を迎え、裁判所へ護送中だった無差別通り魔事件の犯人が裁判所に着いた直後に逃走したとの連絡がCPSに入る。 逃走した殺人犯は一人を殺害、三人を切りつけた通り魔で、事.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2011-02-12 17:34
  • LADY~最後の犯罪プロファイル~ #06

    Excerpt: 『脱走犯を追え…最期の告白』 Weblog: ぐ~たらにっき racked: 2011-02-12 19:59
  • 別館の予備(レベルE&LADY)

    Excerpt: 別館ヒガシ日記から他ブログTB送信が出来なくなりまして 他ブログからのTB受信は出来ますので下記アドに願います 2月12日 レベルE&LADY TBアドレス http://trb.ameba.jp/.. Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2011-02-12 21:44
  • 「LADY~最後の犯罪プロファイル~」♯6

    Excerpt: ダメ親ばかりじゃないけどね。。。 金曜22時、TBS「LADY~最後の犯罪プロファイル~」ですけど。 →「LADY~最後の犯罪プロファイル~」♯1&2→「LADY~最後の犯罪プロファイル~」♯3 .. Weblog: 続・主婦るーのTVあれこれ racked: 2011-02-16 21:05