「LADY~最後の犯罪プロファイル~」第7話

Episode7「空白の23秒・・・殺人犯は刑事」 視聴率8.3%

あらすじ(公式サイト)

いつもはCPSの捜査協力に対し懐疑的な管理官の藤堂(小澤征悦)
珍しく自らCPSへ捜査協力依頼にやってきた。だが、藤堂の依頼内容
はなんと身内である柘植(ユースケ・サンタマリア)のプロファイリング
だった。

理由は前夜に起こった射殺事件で、事件の凶器となった拳銃が柘植の
拳銃だと判明したためだった。

5年前、柘植は4人組の女性が被害を受けた誘拐監禁殺人事件を捜査。
犯人グループの潜伏先を突き止めた柘植は単身で乗り込み、たった一人
生き残っていた被害者を救出する。
だが、その後柘植は現場に残っていた犯人の一人・柿本敏也(清水優) 
を確保しようとしたところ、背後から何者かに襲われ、気を失ってしまい
記憶のない間に、敏也が自分の銃で射殺されてしまっていたのだった。

犯人グループの残り3名は逃亡中で、柘植の拳銃もその事件以来紛失
していたのだが、今回の事件でその紛失していた柘植の銃が使用され、
しかも被害者が逃亡中の犯人の一人・三井貴司(佐々木卓馬)だった
と判明。

藤堂はCPSの面々に、事件の容疑者として逃亡中の残りの犯人二人
に加え、柘植も視野に入れて捜査すると話す。
結城(木村多江)は仲間のプロファイリングは行わないと皆に命じるが、
翔子(北川景子)は逆に柘植を助けるためには過去の柘植の事件を
プロファイリングするべきだと主張。

寺田(要潤)新堀(平岡祐太)は今回の射殺事件現場に分析捜査に
向かうが、対する翔子は5年前の事件現場へと向かう。現場を訪れた
翔子はそこで、偶然現場に花を手向けにきていた被害者の唯一の生き
残り宮下麗華(市川由衣)と出会う。

一方、捜査本部では三井の射殺現場から柘植の指紋が発見されたうえ
に、目撃証言も入り、藤堂は柘植を重要参考人として緊急手配する。 



ついさっきまで、「日本アカデミー賞」を見てて。
続きは後で見たいと思いますー。



今回の事件の発端は、5年前の八王子誘拐監禁事件

4人組の男、柿本敏也(清水優)、三井貴司(佐々木卓馬)、
柿本弘也(井坂俊哉)、大川昭雄 (弓削智久)が、
4人組の女性を拉致、監禁した。

その現場に、柘植が単身乗り込むと、被害者の女性のうち
3人は殺され、残る1人、宮下麗華(市川由衣)だけが生きていた。

柘植が犯人を追うと、柿本敏也(弟)を発見。

その後、応援部隊が突入すると、後頭部を殴られた柘植と、
柘植の拳銃で射殺された柿本がいた。

残る3人は逃亡し、柘植の拳銃も持ち去られていた。


そして、その逃亡中の犯人のうち、三井が、射殺されて見つかる。

凶器は、5年前に持ち去られた、柘植の拳銃「製造番号991204」。

現場には柘植の指紋が検出され、目撃情報も。


手帳と拳銃を置いて、行方をくらました柘植は、
重要参考人として指名手配される。



その後、同じく逃亡犯の大川が同様の手口で殺害。

その現場にも、柘植の指紋、目撃証言が。



5年前、柘植は、頭を殴られた前後の記憶を失っており。

自分が撃った記憶はないものの、自分が撃ったと思い込んでいた。

その事件後、柘植は、結城のカウンセリングを受けたが、
柘植は、恋人であった結城に、心を覗かれたくないと拒否し、
結城も、覗きたくないと思って、深く探ることをやめた。



さらに、柘植には、14歳の時、目の前で、
小学4年生の妹・緑を誘拐されたという過去があった。

それ以来、発見されることのなかった妹への懺悔を抱き続け。


何度となく、子どもが関わる事件で、暴走気味だったのは、
それが原因か。



柘植の過去をプロファイリングすることを拒み続ける結城は、
柘植から、呼び出される。

そこで、柘植は、今までの経緯を説明する。


三井から自首すると言って呼び出されたが、三井が殺されていた。

三井の所持品から、大川宅へ向うも、大川も殺されている。

柘植は、弟を殺された復讐に、
弘也が自分に罪をなすりつけようとしているのだと、結城に伝える。

そして、5年前拉致された麗華も狙われる危険があるから、
守ってやってくれ、と頼み。

「決着ををつけなきゃいけない。
すまない…」
と言い残し、立ち去る。



柘植の過去と向き合う気になった結城は、香月と共に、
麗華から、過去の記憶を聞くことに。

何も見てないと言う彼女から、聴いた音を聞き出す。


3発の銃声の前に、金属製の何かを転がした音を聴いたと証言。


だが、彼女が聞いた音は、彼女がいたフロアからは聴こえない。

だとすれば、彼女がいたのは、柿本弟が撃たれた現場。


柘植を殴ったのは、犯人の4人組。

倒れた柘植の側に落ちていた拳銃を、麗華が拾い。

その場にまだ残っていた柿本弟を、撃った。

先に殺された友人3人の分、3発。


犯人は、宮下麗華。 



柘植は、柿本兄を見つける。

弟を殺したのは柘植だと思い込んでいる柿本兄は、
「人殺し!」と罵る。
柘植に「人殺し」などという手紙を送りつけたのも柿本兄。

「おんなじ気持ちだ。
お前らが殺した女の子の家族も、
みんなお前とおんなじ気持ちだ。

自分が救えなかったことは一生責め続ける。
お前らがしたことはそういうことなんだよ!」


そして、柿本に告げる。

「俺を殺せ!
俺から始まったことだ。
俺が終わらせる。
柿本! やれ!」


しかし、柿本兄が手にしたのはナイフで。

その向こうに、手錠をはめられた麗華が立っており。



その時、柘植は、失っていた記憶を取り戻す。

気を失っていた時、銃声を聞いて目を開くと、
麗華が銃を持って去ろうとしていた。



柿本兄も、柘植の部下に捕らえられる。


それでも、「俺だ! 俺が撃った!」と叫び続ける柘植に、

「柘植さんは撃ってない。殺してない。
人殺しじゃないんです!」と香月が止める。



その後、柘植は、柿本弟殺害現場に、花を手向け。

「あの時の俺には殺意があった。
犯人が憎くて殺したくなった。
俺は人殺しと何も変わらない」
と言い。 

「ありがとう」と、結城と香月に礼を言った。








そんなわけで!

楽しみにしていた柘植さんの過去にまつわるお話ー。

このドラマの脚本家だから、あまり期待してなかったけど、
わりかし良かったんではないでしょうか?


ただねえ。
1つだけ、突っ込むとすれば……

一体、柘植さんの拳銃に、銃弾が何発入ってたんだよ!てゆーw

だって、1人につき3発でしょ?

彼女は、柘植さんの体から、予備の銃弾までくすねてたの?

それとも、どっかから仕入れたってか?


そこだけが残念ですかねー。

ま。個人的に、楽しめたんで、いいですw



そういえば、CPSの3人が冒頭にプロファイリングしてたのは、ダレ?
元々は、柘植さんじゃなかったんだよね??


それにしても、柘植さんの好みは、鹿児島の芋焼酎ですかw
中の人は下戸だけどねw


今回、珍しくも藤堂管理官がCPSに応援要請に来たのって、
柘植さんの無実を信じてたからでしょ?(^m^)

素直じゃないな~。(>m<)


キャスト

[犯罪行動分析室(Criminal Profiling Support Team=CPS)]
香月翔子(新人プロファイラー)…北川景子
新堀圭祐(統計学)…平岡祐太
奥居万里江(情報処理)…須藤理彩
寺田毅彦(法医学。サブチーフ)…要潤
結城晶(チーフ)…木村多江

香月舞子(香月の妹)…岡本杏理
香月直也(故人。香月の父)…鶴見辰吾

[捜査一課]
藤堂壮一郎(管理官)…小澤征悦
石渡順也(柘植の部下)…細田よしひこ
柘植正樹(第五強行捜査班・係長)…ユースケ・サンタマリア


関連記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 
第6話 


当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • LADY~最後の犯罪プロファイル~ Ep...

    Excerpt: 『空白の23秒…殺人犯は刑事』内容5年前に発生した誘拐監禁殺人事件の犯人グループのひとり、三井貴史(佐々木卓馬)の射殺体が発見された。翌日、藤堂管理官(小澤誠悦)がCP... Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2011-02-18 23:19
  • LADY~最後の犯罪プロファイル~ (第7話 2/18) 感想

    Excerpt: 1/7からTBSで始まった『LADY~最後の犯罪プロファイル~ (公式)』の第7話『空白の23秒…殺人犯は刑事』の感想。 『CONTROL』『黒田』に続き、“あと出しジャンケン”? .. Weblog: ディレクターの目線blog racked: 2011-02-18 23:25
  • LADY~最後の犯罪プロファイル~ 第7話「空白の23秒・・・殺人犯は刑事」

    Excerpt: 第7話「空白の23秒・・・殺人犯は刑事」 Weblog: Happy☆Lucky racked: 2011-02-18 23:40
  • ドラマ「LADY-最後の犯罪プロファイル-」第7...

    Excerpt: 今度のプロファイリングの相手は柘植------------!!5年前あった4人の女子大生の誘拐事件。その捜査に加わっていた柘植。犯人は4人組。だが、柘植が単身現場に駆けつけたとき、すで... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2011-02-18 23:46
  • LADY~最後の犯罪プロファイル~ 第7話

    Excerpt: 仮面ライダー龍騎のゴローちゃんにして,実写版セラムンの偽タキシード仮面,そして,仮面ライダーカブトの三島さんの弓削智久さんお久しぶり(^^) Weblog: Kyan's BLOG IV racked: 2011-02-18 23:51
  • LADY最後の犯罪プロファイル7 サイコメトリープロファイルになってるけど?

    Excerpt: 先週結構観られたので心入れ替えたかと 思って今回も観たけど やっぱりつまんなかった。 しばらく観てないので確定できないけど ユースケが木村多江さんの元カレって いつ ..... Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2011-02-18 23:51
  • LADY 最後の犯罪プロファイル 第7話 感想

    Excerpt: TBS系ドラマ「LADY 最後の犯罪プロファイル」第7話の感想など。前回の第6話は、同時間帯に映画「沈まぬ太陽」を見たために見逃しました。録画はしておきましたが、見るかどうか…新堀圭祐(平岡祐太さん).. Weblog: オタクと呼ばないで racked: 2011-02-19 06:20
  • 別館の予備(レベルE&悪党&LADY)

    Excerpt: 別館ヒガシ日記から他ブログTB送信が出来なくなりまして 他ブログからのTB受信は出来ますので下記アドに願います 2月19日 レベルE&悪党&LADY TBアドレス http://trb. ... Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2011-02-19 13:41
  • LADY~最後の犯罪プロファイル~ Episode 7

    Excerpt: 「空白の23秒…殺人犯は刑事」 いつもはCPSの捜査協力に対し懐疑的な管理官の藤堂(小澤征悦)が珍しく自らCPSへ捜査協力依頼にやってきた。 だが、藤堂の依頼内容はなんと身内である柘植(ユースケ・サ.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2011-02-19 16:05
  • LADY~最後の犯罪プロファイル~ 第7話

    Excerpt: 5年前の誘拐殺人事件の犯人の一人・三井(佐々木卓馬)が射殺された。 事件の凶器になった拳銃は、当時の捜査の際に柘植(ユースケ・サンタマリア) が紛失したものだった。 藤堂(小澤征悦)は、翔子(北.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2011-02-19 16:08
  • 「LADY~最後の犯罪プロファイル」第7回★容疑者 室井慎次ではなくって・・・

    Excerpt: 『LADY~最後の犯罪プロファイル』第7話 【 またまた、肉親を巡る過去の出来事 】 柘植が少年時代に目の前で姉を誘拐されたこがトラウマ的な心の傷となっていることが明かされましたが、前回の犯人.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2011-02-19 17:24
  • LADY~最後の犯罪プロファイル~ #07

    Excerpt: 『空白の23秒…殺人犯は刑事』 Weblog: ぐ~たらにっき racked: 2011-02-19 19:40
  • 「LADY~最後の犯罪プロファイル~」第7話感想

    Excerpt:  管理官の藤堂(小澤征悦)が捜査協力依頼にCPSへやって来た。 Weblog: Kanataのお部屋へようこそ racked: 2011-02-20 00:11
  • ≪LADY~最後の犯罪プロファイル~≫☆07

    Excerpt: 朝からCPSに来客があった。 藤堂管理官。要請は捜査協力。柘植正樹のプロファイリング。 昨夜殺された三井に使われたのが柘植の拳銃だった。 凶器となった拳銃は、5年前柘植がある事件を捜査中に紛失した拳.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2011-02-23 20:19
  • 「LADY~最後の犯罪プロファイル~」♯7

    Excerpt: 柘植にはそんな過去がありましたか。。。 金曜22時、TBS「LADY~最後の犯罪プロファイル~」ね。 →「LADY~最後の犯罪プロファイル~」♯1&2→「LADY~最後の犯罪プロファイル~」♯3 .. Weblog: 続・主婦るーのTVあれこれ racked: 2011-02-25 16:13