舞台「残念なお知らせ」

演劇ユニットAGAPE storeの
最終公演「残念なお知らせ」を見ました。

随分前に、BS2の「ミッドナイトステージ館」で放送された分。


ちょっと、タイトルがなぁ、と思いながら。(--;

いや、この際、溜め込んでる分を見倒してやろうかと思いまして。


あらすじ(公式サイトから)

長崎県内のホテルの一室。

翌日に子供のためのショーを控えた人気子供番組の歌の
おにいさん・三浦(片桐仁)の部屋に、人形師・ヒロ(松尾貴史)と、
体操のおにいさん・岩田(久ヶ沢徹)がやってくる。

二人に早く部屋から出て行ってほしいと思う三浦をよそに、50歳の
誕生日を迎えながら年下の三浦にお金をせがむヒロと、地元にも
係わらず実家にも帰らず飲んだくれる岩田。
 
そこに番組のプロデューサー・小島(岩井秀人)が、歌のおねえさん・
坂本(吉本菜穂子)を連れてくる。
なんと明日のショーで、坂本は歌のおねえさんを降板するのだという。
泣きながらプロデューサーに理由を詰め寄る坂本。

険悪な空気が流れる中、突然、ミサキとなのる女(新谷真弓)
現れる。彼女は一体何者なのか?
 
そんな中、ショーの出演者の熊崎が刺されたという連絡が入る。
しかも、主役キャラクター「クマゾー」の着ぐるみを着たまま刺された
らしい。番組で一番人気のキャラクターなだけに、「クマゾー」抜きでの
ショーはありえない。

血まみれのまま「クマゾー」を子供たちの前に出せるのか?
それとも、別の内容に変更するしかないのか?

中止が危ぶまれる明日のショー。

しかし、ショーを成功させれば降板は取り消しになるかもしれないと
張り切る坂本。
自分の人形「キョロタン」が主役になれるかもしれないとほくそ笑む
ヒロ。
地元で自分の見せ場をつくるべく「どーなってるんだ体操」で盛り上げ
ようと考える岩田。
主役を欠いたショーを乗り切るべく、なぜかクローゼットの女・ミサキ
も加わり、いつしかショーのシミュレーションが始まる。

一方、プロデューサーとしての立場上、熊崎が刺された時刻の
アリバイをひとりひとりに聞いていく小島。
まさか犯人がこの中にいるのか? 

熊崎がうわごとで言う「悪かった。でもお前じゃない」の真相とは?

欲望・嫉妬・保身・疑惑…。
純粋な子供たちの前では決して見せられない、それぞれの「大人の
事情」が暴かれた時、彼らに奇跡が訪れる。


【作】桝野幸宏
【演出】G2

【出演】
松尾貴史,片桐仁,新谷真弓,岩井秀人,吉本菜穂子,久ヶ沢徹




片桐さんが出てらしたから、チラシ見たとき、気にはなっていたんだけど、
観に行かなかったんだよね。


言ってみれば、「お○あ○んといっ○ょ」的な番組の、
裏側は実は……とゆーお話。

間違っても、「お○あ○んといっ○ょ」ではないです、念のため。


でもまあ、こんな裏事情があったりしたら、ヤダなぁ。(^^;

明らかになっていく「ホントの話」が、どれもこれも、
「残念なお知らせ」なんだよね。

聞かなきゃ良かった……てゆー。

人間不信になっちゃうかも……てくらい、裏の顔の本性が。
特に、やっぱ男より、女の方が、本性出すと、怖いな。(--;

反対に、裏の顔が意外に……!?な人もいたりして。


後半は、クマゾーじゃなかった、熊崎を刺したのは誰だ!?という
ちょっぴりミステリっぽい流れになりますが、

絶対に、犯人、予測できない。(^m^)
ミステリーだったら、反則だしw

でも、歌のおにいさん、怪しいとは思ったw
やたら、きょどってたし。(^m^)



最後にちょっぴり、微笑んで終われるような、ラストが良し。



にしても、キッチュさん、滝川順平さんのモノマネ、
何でそんな巧いんですか!?(^m^)

キョロタンの声も、サイコー♪



これだったら、観に行っときゃ良かったなぁと思える舞台でした。




2011.3.13に鑑賞した分ですが、タイトルがアレなので、
表示を1ヶ月前に設定しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック