アニメ「もしドラ」第3話

第3話「みなみは人の強みを生かそうとした」 

あらすじ(公式サイト)

試合と合宿以外は野球部に来なかったエース・浅野が秋季大会を
切っ掛けに気持ちを入れ替え練習に参加するようになる。

その姿に触発されて程高野球部員たちも練習に熱が入りようになる。
チームがひとつになったかのように感じるみなみ

だが試験週間を過ぎると、だらけた練習が続く野球部に戻ってしまい、
その上エラーをした祐之助は練習に顔を出さなくなってしまう。

どうしたら練習に身が入るのかみなみは考え始めるのだった。  



『もし高校野球の女子マネージャーが
ドラッカーの『マネジメント』を読んだら』


略して「もしドラ」の3話目。

 

ピッチャー浅野の問題解決がキッカケで、
野球部の士気が高まった……のも束の間。

試験の部活休止明けから、すっかり、だるだるモードに。


陸上部と掛け持ちをする者、
エラーした責任を感じて部活をサボる桜井など、

一体感に欠けるも、無理強いはしないと監督は静観する。


練習メニューがいつも同じで、魅力に欠けているせいでは?
と考えたみなみは、

監督に気に入られている文乃に、監督と共に、
新しい練習メニューを作って欲しいと頼む。

憧れの夕紀から「あなたならできる」と太鼓判を貰い、
俄然やる気を出し、自らも『マネジメント』を購入する文乃。


そこで、部員を3つのチームに分け、
分担して練習メニューを行い、ポイント制にし、
最下位のチームには、グラウンド整備という制度に。

部員同士を競わせ、さらに細かく自分の成績を知ることで、
どこを伸ばすべきかが的確に判るように。


確かに、広いグラウンドを、3つのチームで分担して使用するのは、
効率いいよね。

片や打撃の、片や守備の練習ができるわけだし。



そこで問題になった桜井だが、みなみの説得により、
部活に戻ることに。

なんだかんだ言って、未練はあったようだしなw

ついでに、新しいマネージャー、ハナエもスカウト。



すると、野球部のマネジメントの噂を聞きつけた他の部が、
みなみにマネジメントして欲しいと頼み込んでくるようにw


全部まとめて、ドンとこーい!て、無茶だろ。(^^;



キャスト

川島みなみ(マネージャー)…日笠陽子
宮田夕紀(入院中)…花澤香菜
北条文乃(マネージャー)…仲谷明香
陳ハナエ(マネージャー)…門田幸子

浅野慶一郎(ピッチャー)…柿原徹也
柏木次郎(キャッチャー)…陶山章央
桜井祐之助(内野手)…中西英樹
星出純(キャプテン)…細谷佳正
二階正義(補欠)…浅沼晋太郎

加地誠(監督)…津田健次郎
 

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒
第1話 第2話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック