「ブルドクター」第10話

episode10「禁断のメス!移植手術の真相」 視聴率11.9%  


あらすじ(gooテレビ番組)

院中の武田(小日向文世)の容体が急変した。
武田を心配していた珠実(江角マキコ)の連絡で病室に行った
高広(市川亀治郎)がいち早く気付き、事なきを得る。
何者かが武田にインスリンを打ち、不整脈を引き起こしたのだ。

知佳(石原さとみ)は、武田が殺されかけたことで捜査を認めて
ほしいと和泉(池田成志)に訴えるが、警察上層部の判断で却下
される。

美亜(志田未来)は、父の命が狙われる理由を探ろうと八代
(マギー)
の家を訪問。

知佳と破局した名倉(稲垣吾郎)は、衆院議員の縄文寺(鹿賀丈史) 
と密会する。

そんな中、意識が戻った武田は死因捏造や隠蔽に加担した自ら
の罪を語りだす。 



珠実からの連絡を受け、教授の病室へ急行した高広の
処置の甲斐あり、インスリンを投与された武田教授は、
一命を取り留める。


教授の安全を考え、珠実らが働く大学病院へと転院する。

教授が殺されかけたことで、釜津田は、上司に事件として
取り扱えるよう頼み、上司が署長に話を持って行くも、

既に、縄文寺秘書・奥山(羽場裕一)が手を回しており、
捜査を許可してもらえなかった。


それでも、独自に動く釜津田に、相棒の神岡刑事も、
自ら武田教授の病室前で、見張りをしてくれる。


そんな中、武田教授が、意識を取り戻し、
死因を隠蔽せざるをえなかった理由を、語りだす。


幼い美亜は、腎臓に問題を抱えており、そんな娘への負い目を
感じていた彼女の母親・仁美(舟木幸)が、
成功御確率が低いと承知した上で、腎臓移植手術を受けた。

そして、その手術中、医療ミスにより、母親は死亡

手術に関わった医師らは、それを認め、
警察への通報をしようとしたが、

その場に同席していた武田は、美亜を助けたい一心で、
移植の続行を望んだ。

その好意が、医療ミスを隠蔽することになると知りながら。


その後、死因究明チームの顧問に任命されるも、
そこで、医療ミスの隠蔽をネタに脅され、
数々の死因改ざんを行う羽目になった。



一方、武田を脅していた八代は、彼の妻、香奈(岩崎ひろみ)が、
以前は医師をしており、美亜を担当していた。

彼女もまた、医療ミスの隠蔽に関わっていた一人だった。

彼女はその後、医師を辞めたが、妻のことで八代は脅され、
武田教授への脅しメールを送ることを命じられていたのだ。



つまりは、どちらも、美亜の腎臓移植手術中に起きた、
医療ミスの隠蔽が原因。

そして、黒幕は、縄文寺。



武田は、自らの罪を公表しようと、その会見の場を用意して
くれるよう、珠実と釜津田に頼む。


その間、釜津田は、念願だった警視庁への栄転の辞令を
受けるも、その部署へ転属すれば、刑事ではいられなくなる。

刑事になることが夢だった釜津田は、複雑な心境に。



縄文寺に気に入られ、教授職を与えられることになった名倉は、
釜津田に「結婚しよう」と告白。

しかし「名倉が心を開いてくれない」ことや、
「愛されていると実感できない」釜津田は、
そんな彼女の気持ちを理解してくれない名倉に、
別れを告げる。



そして、会見の準備が整い、縄文寺の悪行を暴露しようと
した時、縄文寺が先手を打つ。

先に緊急会見を行い、死因改ざんは、自分の秘書と、
武田教授が独断でやったこと、と発表。

口封じに、秘書はどこかで首吊り自殺していた。
(自殺に見せかけて殺された?)

そして、縄文寺は、武田の後任として、名倉を据える。





この際、大達夫妻の仲直りとか、どうでもいい。
夫の趣味が歌舞伎って、それ、本職ですから!!!(^^;



で、結局、自殺した秘書の解剖をして、
殺されたことを立証して、縄文寺の悪行を明るみにして終わり、
なんでしょ、最終回は?

多分、名倉がいいカンジに縄文寺を裏切ってくれると思うしw


どうせ、このドラマに元から何も期待してないんだから、
すぱっと終わらしてくれい。


キャスト

大達珠実(准教授)…江角マキコ

釜津田知佳(武蔵野警察署の警部)…石原さとみ

名倉潤之助(准教授)…稲垣吾郎
松岡あやめ(助教)…さくら
成海耕平(検査技師)…ブラザートム
八代健吾(法歯科医)…マギー
武田美亜(医学部一年)…志田未来
武田伸生(教授。美亜の父)…小日向文世 

和泉浩二(刑事部長)…池田成志
神岡善彦(巡査部長)…阿南健治

大達高広 (珠実の夫)…市川亀治郎
大達康介(珠実と高広の息子)…青木綾平
中川瑞江(珠実の母)…市毛良枝


当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

過去記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 
第6話 第7話 第8話 第9話 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのトラックバック

  • ブルドクター 第10話

    Excerpt: 入院中の武田(小日向文世)の容体が急変する。 何者かが武田にインシュリンを打ったことで、故意に不整脈が引き起こされたことが 原因だった。 父がなぜ、このような目に遭うのか理解出来ない美亜(志田未.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2011-09-08 13:32
  • ブルドクター 第10話

    Excerpt: 「禁断のメス!移植手術の真相」 入院中の武田(小日向文世)の容体が急変。心配した珠実(江角マキコ)の連絡により高広(市川亀治郎)がいち早く気付き、事なきを得る。何者かが武田にインスリンを打ち、故意に.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2011-09-08 17:18
  • ブルドクター (第10話 9/7) 感想

    Excerpt: 7/6から日テレで始まったドラマ『ブルドクター』(公式)の第10話『禁断のメス!移植手術の真相』の感想。 タイトルはブルドーザー。脚本はベルトコンベア! あまりにつまらなくて感想を.. Weblog: ディレクターの目線blog racked: 2011-09-08 17:44
  • 『ブルドクター』 第10話 「禁断のメス!移植手術の真相」

    Excerpt:  いろいろ盛り上がったつもりの前回…… ……珠実(江角マキコ)と高広(市川亀治郎)の夫婦崩壊、知佳(石原さとみ)と名倉(稲垣吾郎)の破局、武田教授(小日向文世)の事件(死体検案書偽造、階段転落)、八代.. Weblog: 英の放電日記 racked: 2011-09-08 19:04
  • ブルドクター 第10話

    Excerpt: 『禁断のメス!移植手術の真相』 内容 珠実(江角マキコ)と知佳(石原さとみ)は、 武田(小日向文世)から渡されたUSBから、 武田が行った解剖で不正を行っていた事実にたどり着く。 “まさか”を感じた.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2011-09-08 20:00
  • ドラマ「ブルドクター」第10話感想「禁断...

    Excerpt: 狙われた武田の命---------!!駆けつけた珠実と釜津田。その前に高広に電話をして、武田の様子を見てもらうことにした珠実。だが、気まずいやり取りを下あとだっただけに電話に出てく... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2011-09-08 21:12
  • ドラマ「ブルドクター」 第10話 感想「禁断のメス!移植手術の真相」

    Excerpt: 狙われた武田の命---------!! 駆けつけた珠実と釜津田。 その前に高広に電話をして、武田の様子を見てもらうことにした珠実。 だが、気まずいやり取りを下あとだっただけに電話に出てく.. Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ racked: 2011-09-08 21:12
  • 「ブルドクター」遺体の真実10美亜の手術で苦悩の決断!2つの命を失うより愛する美亜の命だけは救うという決断を間違いと言い切れるだろうか

    Excerpt: 「ブルドクター」第10話は武田教授が殺人未遂にあった事で、事件は次第に大きな局面を迎えていた。珠実は知佳と共に意識を取り戻した武田教授から全ての真実を話される。それは ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-09-09 06:27