金曜プレステージ「アンフェアSP ダブル・ミーニング二重定義」

「アンフェア」の映画第2弾と連動した、スピンオフドラマ。


あらすじ(フジテレビ)

捜査一課特殊犯係に配属された望月陽(北乃きい)は、女子高生
から行方不明の父親の捜索を依頼される。
その直後、特殊犯係に男の声で「4人の男を誘拐した」という犯行
声明の電話がかかってきた。人質の中には女子高生の父親も
含まれており、犯人の要求は「今夜7時15分までに東京タワーを
夏にしろ」という不可解なものだ。

その頃、特殊犯係の管理官・山路哲夫(寺島進)は、理事官の
小久保祐二(阿部サダヲ)らとともに、科捜研の研究員・元園部
恭輔(山本耕史)
によるプロファイリングの捜査導入についての
講義を受けていた。
望月は会議室に飛び込み、犯人の要求を伝えるが、小久保は
いたずらだと一笑に付し、山路も気の無い返事をするばかり。

一方、検視官の三上薫(加藤雅也)は、北海道へ転勤するはず
の刑事・雪平夏見(篠原涼子)から、突如ロスへ行くという内容の
電話を受けた直後、望月と出会う。
望月から話を聞いた三上も、犯人の不可解な謎かけの真意を
探ろうとするが、結局解決出来ぬまま無情にも指定した時刻は
過ぎてしまう。

翌朝「俺を無視した罰だ」という張り紙とともに箱詰めにされた
男の死体が発見される。

まもなく犯人から、望月あてに「俺を東京で一番有名にしろ」と
2つ目の要求をする電話がかかってきた。
小久保や山路の捜査方法にしびれを切らし、テレビ局に直談判し、
身をていして応えようとする望月。

そんな中、山路は望月の腕に何かの印のような火傷の痕がある
ことに気づく。
それは望月の忌まわしい過去につながる傷痕だった…。



雪平が紋別に左遷……されたはずなのに、
ロスへ向かっている頃。


特殊班に配属された望月は、
父親が誘拐されたという水野カナの話を聞く。


その直後、4人を誘拐したという犯人から、特殊班に直接電話が。
電話を受けた望月に犯人は、


「人質を帰してほしくば、東京タワーを夏にしろ」 


しかし、理事官の小久保も、山路管理官も、
名前を挙げた4人がいずれも行方不明だと知っても、
事件として扱おうとしなかった。


気ばかり焦る望月に、偶然廊下で知り合った三上は、
夏用の電飾に変えることだと指摘するも、
とても、犯人が要求した時間内にできることではなかった。



そして、翌日、誘拐された1人、浅沼亮一の遺体が、
段ボール箱に入って発見される。


そして、犯人から再び、望月を指名して電話が。

「俺を東京で一番有名にしろ」 


望月は、マスコミを使って、事件を公表しようとするも、適わず。


暴走する望月を止めようとした際、
その手首についた「≠」という傷に、山路は見覚えがあった。

望月は幼いころ、誘拐され、かなりの虐待を受けていた。

それを、偶然発見し、保護した山路が、
差し入れしたあんぱんの優しさに憧れ、
望月は刑事になったのだった。




お台場で、2人目の倉西純の死体が発見される。


そして、犯人から3度目の電話。

「名前を奪われ、荒れ狂う2人の男の側、
俺は花を見ている」
 


望月の存在で、腑抜けだった山路は完全復活w
特殊班を指揮し始める。


元々、浅草の雷門は、風神と雷神から、風雷神門と呼ばれていたが、
今では、雷門と呼ばれるように。

雷門の側の花といえば、花やしきと推理したのは三上。


花やしきでは、「日、鳥取」など書き込まれた問題文が。


今度は、元園部が、上野の東京国立博物館だと割り出す。



次の問題文には、「東京で一番高い場所」とあり、
望月らは、東京スカイツリーへ向かうが、ハズレ。


「これが始まりだ」とあったので、東京タワーへ。

「早く来てくれ、ここは寒い」という一文から、
山路管理官は、近くに止められてあった冷凍トラックに目をつけ、
そこで3人目の死体を発見する。



その頃、元園部は、プロファイリングから、

犯人の出生が浅草界隈、仕事場はお台場付近。
冷凍関係の職場で働いており、
時間を細かく指定するのは、
犯人自身、時間に追われている人間と割り出す。

それに該当するのが、松田昇と判る。

小久保は、意気揚々と松田の家へ。

しかし、そこには松田の姿はなかった。



次に犯人が送ってきたのは、
「罪が消えた。罪深き場所」 

そこで、元園部は、池袋の留置場跡だと解析。

しかし、その後すぐ、行方をくらます。


そして、松田には戸籍がないことが判明。



一方、望月は、水野の娘から、水野が使っていた古いPCを回収。

解析すると、5人の人間がパソコン通信に集まって、
とある完全犯罪について語り合っていた。

そのうちのシステムエンジニア=水野は、途中で抜けていた。

しかし、残りの4人が、15年前、犯行を実行していた。


今年、時効制度は撤廃されたが、
既に時効が成立した事件に関しては、有効ではない。

「罪が消えた場所」とは、15年前に事件が起こり、時効となった所。


その場所とは「F,Q@84;EV@.」 

キーボードで打ち込めば「はねだゆうれいびる」 



三上の調査で、15年前、奈緒子という女性が殺害されたが、
犯人を特定する証拠がなく、未解決に。



その場所で待っていた“松田”は、殺された奈緒子の婚約者だった。

松田は、犯罪掲示板で、
F,Q@84;EV@.の犯人を知っているとの書き込みから、

犯人が元園部だと知った。



元園部は、同じく、その書き込みから、自分の犯行が
明るみになるのを恐れ、松田を使って、
当時の仲間の4人を殺させようとした。



松田は、あんな犯罪を犯しておきながら、警察関係者として、
プロファイリングの重要性を認められようとしている元園部の、
経歴を潰してやろうと考え、


元園部が行っていたプロファイリングの講義を受け、

そして、元園部の計画に協力するフリをして、
本当に利用したのは、松田の方だった。


全ては、殺された婚約者の復讐のために。



松田は、元園部を殺そうとするも、山路が身を挺して止め。


元園部は、持っていた拳銃で自殺。


水野だけは、殺されずに発見される。

松田に、元園部のことを教えてくれたのが、水野だったから。




元園部のプロファイリングを信用していた小久保は、

今回の3人の被害者を救えなかったことと、
元園部は黒幕ではなく、捜査上の犠牲になったとして、

その責任を全て山路に負わせ、所轄へ飛ばし、
自身はさらに上へ。




一方、ロスへ行くのは、雪平の娘、美央だった。

さすがに大きくなってるな!(^^;


そして、雪平は、警察の闇を暴くという意思を持ったまま、
紋別へ。







てなわけで。

まあ、元園部が主犯ってのは、まんまだったわけだけど。

でも、その元園部も利用されていただけってひねりは、
アリですね。


でも、映画のスピンオフとして必要だったかどうかは、
映画をまだ見てないんで、なんとも言いがたいですが。


キャスト

望月陽(特殊班・新人)…北乃きい

元園部恭輔(プロファイリング講師)…山本耕史

三上薫(鑑識課検視官)…加藤雅也
小久保祐二(強行班理事官)…阿部サダヲ
山路哲夫(特殊班管理官)…寺島進

雪平夏見(特殊班・主任⇒異動)…篠原涼子
 


関連記事⇒

ドラマ「アンフェア」第1~4話
ドラマ「アンフェア」第5~8話  
ドラマ「アンフェア」第9~11話 


「アンフェアthe special コードブレーキング-暗号解読」

映画「アンフェア the movie」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのトラックバック