BS時代劇「塚原卜伝」第2話

第二回「御前試合」


あらすじ(公式サイト)

新右衛門(堺雅人)左門(平岳大) とともに京に上る。

管領代・大内義興(吉見一豊)の家老・平賀丹後守(風間杜夫)
の娘・鹿乃(京野ことみ)を助けた縁で、新右衛門は大内家の
食客となる。

将軍・足利義伊(本田博太郎)の御前試合で、大内の政敵である
管領・細川高国(安田顕)が抱える海内無双の剣士・大野秀孝
(鈴木 豊)
と対決することになる。  



京へ上った新右衛門らは、都入りする直前、

野党に襲われそうになった姫の一行を助ける。


自分は何もせずに、
「お怪我は御座いませぬか」と声をかける左門、

自分だけいいとこ取りかw



名も名乗らず、その場から立ち去って行った新右衛門は、

京での当てもなく、ひとまず宿を取る。


小田原で世話になった伊勢宗瑞が紹介状を書いてくれると
申し出てくれたのに、

何が起こるか判らぬのも旅の一興と断ったそうな。


ところが、先ほど助けた姫の一行のうち、忍びの者が、
尾行しており。


お礼がしたいと呼び出されたのは、平賀丹後守のお屋敷。

助けた姫は、そこの娘だったらしく。


もてなしたいと言う平賀丹後守が差し出した、

腕試しというご馳走はありがたく頂戴する新右衛門。

簡単に打ち負かした新右衛門に、


平賀丹後守は、将軍の御前試合に、出てもらえないかと頼む。


養子同士で、どっちが強い剣士を抱えているかの自慢大会、
みたいなもんで。

負けられない意地があるらしく。



新右衛門は、快く引き受け、真剣勝負を行うことに。


試合の日時が決まり、日に日に気負いが出てくるも、

ふらりと出た街中で行われていたお祭りの踊りを、
一緒になって踊っているうちに、

自然体であればいいのだと思えるようになり。



姫様、新右衛門に一目惚れ?

新右衛門の方は、そーゆーのに疎そうだけどw

姫様、どうやら実の両親は、殺されているらしく、
真剣勝負での命のやり取りを良く思ってないご様子。



清水寺で行われた御前試合で、
最初は相手の大野秀孝(鈴木豊)の一撃の重さにひるむも、

新右衛門は、その自然体を発揮し、

最後は、相手が繰り出した一撃を屈んで避け、

その姿勢から上へ突き出した一撃で倒す。





次回は、将軍暗殺!?


キャスト

塚原新右衛門(後の卜伝)…堺雅人
幼少時…巨勢竜也

山崎左門(お供)…平岳大

真尋(新右衛門の妹)…栗山千明
幼少時…松本春姫

卜部吉川覚賢(新右衛門の実父)…中村錦之助
藤枝(新右衛門の母)…朝加真由美
松本備前守…永島敏行 

鹿乃…京野ことみ
平賀丹後守…風間杜夫



当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒
第一回「鹿島の太刀」 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック