「カレ、夫、男友達」第3話

第3回「キスマーク」 視聴率8.2% 


あらすじ(公式サイト)

治子(真木よう子)麻子(木村多江)邦一(ユースケ・
サンタマリア)
に暴力を振るわれているのではと問い
詰めるが、麻子は否定する。

育子(夏帆)は大学の研究室で博士課程の正彰(三浦貴大) 
と出会い、無愛想だが、一緒にいて心地よい時間を過ごせる
正彰の存在に惹かれる。

治子と熊木(徳井義実)はお互いに離れられない関係だと
再確認するが、治子の留守中に、治子の過去の恋愛
スキャンダルを密告する手紙を読んでしまった熊木は・・・。 



先週、日本シリーズの中継がおして、「謎解き」を優先させて、
後で見ようと思っていたら、今頃。

やー、このドラマは手軽に見る内容じゃないからなー。(--;



さて。

長女が夫に暴力を振るわれているのでは?
と家まで押しかけた治子だが、

詰問ははぐらかされ、首の痣も、「キスマーク」だと言われ。

それでも納得がいかず、三女と母に相談するも、
「意地が張れるうちは放っておきなさい」と言われてしまう。



当の治子と熊木のケンカは、

「飽きるまでもう少しそばにいてほしい」というメモを残すと、

「違うだろ。お前が飽きるまでだろ」と、人のいい熊木は、
治子の元に戻ってきて、元鞘。

しかし、治子が男と寝て出世している……という告発文を
ポストに入れて去る女が現れ……な続きは、次回に続く。



一方、育子は、研究室で何となくいい感じに付き合えそうな
男性と知り合う。

その帰り、家の前まで来ていた父とバッタリ。

しばし話をして、「私は一生お父さんを許さない」と言い放つ。

家族という形を壊したこと、が許せないのかなー?
そうでなければ、父親のこと嫌いじゃなかったはず。



そして、麻子さんはといえば。

相変わらず不気味な夫は、勝手に奥さんの携帯を使って、
治子に無言電話とか、怖いって、だから。

姉夫婦のことを不審がる治子が、今度は育子を連れて、
長女宅を訪ね、麻子さんに色々問いただすも、

たわいない夫婦喧嘩だとか、誤魔化し方が巧いな、麻子さん。

それで妹たちを納得させ、家に帰ると、
治子たちが誕生日プレゼントだと言って持ってきた、

テーカップを、夫はトンカチでバリンバリン割ってるしー。

「お前が悪いんだ」とか言うしー。

「そうね。私が悪いんだわ」と麻子さん。


いや、完全にこの夫が悪いよな??



そんな麻子さん、スーパーで、顔に痣のある、
傍目にもDV受けてますっていう主婦を発見。

思い切って話しかけようとしたら、
彼女が出て行った先から、入れ違いに夫が現れるとか、

なんかもう、この夫、ホントにいやだー。(--;



予告じゃ、熊のぬいぐるみにカメラを仕掛けたり、
椅子で殴ったりしてたし。

頼むから、誰かどうにかして麻子さん助けてあげて!(;;)



キャスト

犬山治子(次女)…真木よう子
多田麻子(長女)…木村多江
犬山育子(三女)…夏帆

多田邦一(麻子の夫)…ユースケ・サンタマリア
熊木圭介(治子の同棲相手)…徳井義実
八木弘樹(治子の元カレ)…平岳大
小宮山(治子の部下)…柄本時生
島尾(ホームレス)…森本レオ

犬山洋子(三姉妹の母、夫とは離婚)…高畑淳子
草壁修司(三姉妹の父、大学教授)…長塚京三 



当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒
第1回「危険な関係」
第2回「プロポーズは突然に」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック