「ハングリー!」第6話

第6話「存続危機!アイツと遂に一世一代の勝負」 
                             視聴率12.0%


あらすじ(Yahoo!テレビ)

英介(向井理)麻生(稲垣吾郎)と直接対決することを決めた
夜、アパートの前にはまりあ(国仲涼子)の姿が。
「距離を置きたい」という言葉の真意を問う英介に対し、
まりあは二人の関係を冷静になって考えたかったと説明。
そして悩んだ末、やはり自分には英介が必要だと告げる。
それを聞いてうれしくなった英介もまた、自分の素直な
気持ちを打ち明ける。

翌日、拓(三浦翔平)千絵(瀧本美織)を連れて店にやって
くる。新しいバンドを紹介されたので、バイトに入れない日は
代わりに千絵がバイトをするというのだ。渋々それを認めた
ものの、前日の夜、千絵の胸を触ってしまい、バツが悪い
英介は、自分の「お前って俺のこと好きなの?」といった発言
や行動が無神経だったと千絵に謝罪する。

その日の夜、英介の料理の味を確かめるべく、『ル・プティ
シュ』に来店した麻生は、今日のおすすめのフルコースを
注文。しかし、店ではこれまで一度もフルコースを提供した
ことがない。
店内には一瞬緊張が走るが、英介は即座にメニューを考え、
賢太(塚本高史)剛(川畑要)に作業を指示する。

やがて、麻生のテーブルにオードブルが運ばれ、一口
食べた麻生は「・・・なんだこれは?」と驚きの表情に。
そして、すべての料理を食べ終わると、英介に店の評価を
伝え、さらに、自身の幼少期について衝撃的な事実を明かす。 



『ル・プティシュ』という亡き母のレストランの店名を賭け、
麻生との勝負を受けた英介。


そんな英介の真剣さに、従業員たちも一致団結。

父も、なけなしの金で、黒トリュフを差し入れ。


来店した麻生が注文したのは、フルコース

前菜を味わった麻生は、

「なんだこれは?
……美味いじゃないか」
と、まさかの絶賛。


その後も、出てくる料理を、どれもこれも大絶賛。

その語り口調が、何とも吾郎ちゃんらしいしw


最後のデザートは、元パティシェの海老名さん担当。


全てを食べ尽くし、ただし、デザートだけは一口で終了。


「悔しいけど、美味かったよ」と告げるも、



「しかし、ここは、フレンチレストランじゃない」と、全否定。



店の雰囲気、座席の配列、接客態度、待たせ具合、
料理の雑さ、客の質、デザートの出来までも、

どれもこれも酷評し。

母の残した、『ル・プティシュ』という名には相応しくない、
とハッキリ断言。


確かに、元の店をキチンと受け継いだかといえば、
違うかもだけどー。

そりゃ、難癖っつーんじゃね?(^^;


さらに、自分は、幼少期にネグレクト(育児放棄)を
受けていたが、それでも、食品事業家として、
立派に成功している!と上から目線。



そんな麻生の意見が、ことごとく当たっていると、
自分のふがいなさを認めた英介は、

店名を、麻生の提案どおり、『ハラペコキッチン』に改名。


まあ、その名にこだわっていたのは、英介だけ、かもだし?



そんな英介に、『ル・プティシュ』の従業員だった、
東が訊ねてきて、母が残したレシピノートを託した。


そのノートを参考に、改めて、
この店を立派なフレンチレストランにする!と決意する英介。




そして、千絵もまた、英介に改めて告白。

「英介さんの料理が、私の人生を変えたの。
だから、私は英介さんが好き!」
 

ただし、友達として、なんて誤魔化せば。

「俺も好きだよ。俺もお前が好きだ。
お前みたいな女友達はいねぇ」
と言われ。


嬉しいと喜びに浸るも。


「嬉しいけど、切ないよ」と、親友に抱きつく。



複雑な女心でございますナー。




キャスト

山手 英介(ROCKHEADの元ベース)…向井理

大楠 千絵(女子大生)…瀧本美織
橘 まりあ(英介の恋人)…国仲涼子

住吉 賢太(ROCKHEADの元ギター)…塚本高史
平塚 拓(ROCKHEADの元ヴォーカル)…三浦翔平
藤沢 剛(ROCKHEADの元ドラム)…川畑要
海老名睦子(元『ル・プティシュ』見習いパティシェ)…片桐はいり

白山祐希(ROCKHEADの元マネージャー)…鈴木砂羽

和泉佳奈(『ガステレア』スタッフ)…宮地真緒
柏木一平(『ガステレア』シェフ)…石黒英雄
東則夫(『ガステレア』スーシェフ)…田山涼成
戸塚杏(『ガステレア』コミドラン)…林丹丹

高木奈々(千絵の友人)…山下リオ
大楠 佐助(千絵の弟)…佐藤勝利
大楠義明(千絵の父親)…橋本じゅん

山手華子(英介の母親)…片平なぎさ
山手太朗(英介の父親)…大杉漣

麻生 時男(『ガステレア』オーナー)…稲垣吾郎


当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。 



過去記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ハングリー! 第6話

    Excerpt: 『存続危機!一世一代の勝負だ』 内容 麻生(稲垣吾郎)から挑戦状をたたきつけられた英介(向井理) 客として食事をし満足できなければ、店の名前をもらうと。 受けて立つことを決めた英介。帰宅すると。。。.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2012-02-15 00:48
  • ハングリー!第6話

    Excerpt: 第6話 JUGEMテーマ:エンターテイメント Weblog: Happy☆Lucky racked: 2012-02-15 08:33
  • ハングリー! (第6話 2/14) 感想

    Excerpt: 1/10からフジで始まったドラマ『ハングリー!』(公式)の第6話『存続危機!アイツと遂に一世一代の勝負』の感想。 ここまでメリハリも盛り上がりもなく、平坦だと… 今週は、これで.. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2012-02-15 11:44
  • ハングリー! 第6話の感想

    Excerpt: フジテレビ系列で放送された「ハングリー!」第6話の感想ほか。「Yahoo! テレビ」からあらすじを引用します。英介(向井理)が麻生(稲垣吾郎)と直接対決することを決めた夜、アパートの前にはまりあ(国仲.. Weblog: オタクと呼ばないで racked: 2012-02-15 12:35
  • ハングリー! 第6話

    Excerpt: 第6話「存続危機!一世一代の勝負だ」2012年2月14日 22:00~22:54 麻生(稲垣吾郎)がついに来店!英介(向井理)との直接対決が幕を開ける!『ル・プティシュ』の存続を賭けた男同士の熾烈.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2012-02-15 16:40
  • ハングリー! 第6話

    Excerpt: 英介(向井理)は、「ル・プティシュ」の店名を賭けて、麻生(稲垣吾郎)と直接対決 をすることを決めた。 アパートに戻って来ると、距離を置きたいと言ったまりあ(国仲涼子)が待っていた。 英介は、彼女.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2012-02-15 18:24