大河ドラマ「平清盛」第13話

第十三回「祇園闘乱事件」 視聴率11.3%  


あらすじ(公式サイト)

1147年、一門の繁栄祈願のため祇園社を訪れていた清盛
(松山ケンイチ)
たちは、僧兵ともめ、それがきっかけで延暦寺
の怒りを買ってしまう。
武装した僧兵たちは神輿(しんよ)を担いで清盛の流罪を
訴えるが、清盛は僧兵たちに矢を向け、神輿に当ててしまう
「神に向かって矢を射るとは何事だ」と清盛の仕業は都中を
まきこむ大問題に発展。

捕らえられた忠盛(中井貴一)・清盛親子の処罰をめぐり
会議が開かれ、内大臣・頼長(山本耕史)は2人の流罪を
主張、平氏は存亡の危機に見舞われる。

一方、信西(阿部サダヲ)は平氏の武力は朝廷に欠かせ
ないと反論、裁定を求められる鳥羽院(三上博史)の心は
揺れる。そこにことの次第を知っているという僧兵が現れる。
鬼若のちの弁慶(青木崇高)だった。鬼若は、清盛を神罰をも
恐れぬ男と訴え、ついに鳥羽院(三上博史)は清盛と直接
話すことを望み、検非違使庁へ向かう。 



清盛ら一行は、祇園社に、田楽を納めに参ったはずが、 
無粋にも、弓や刀などを帯刀したままだったため、
それを見咎められ。

そこで出会った者らが、偶然、兎丸の知り合いで。

親の仇であった忠盛の息子の清盛の家来か、と
馬鹿にされ、怒った兎丸は、頭突き攻撃!

両者入り乱れての、場外乱闘に発展。


今の世の政に何度も強訴を行ってきた寺社の明雲
(腹筋善之介)
は、それを平氏に阻まれてきたことを
逆恨みしており、今回の処罰を朝廷に頼み込んできた。


その処分について、話し合いが延びると、
祇園社が強訴に現われ、源氏がそれを制圧に出るのだが。

清盛は、神が宿るといわれる神輿に、矢を射ってしまう。


神を神とも思わぬ所業に、ますます風当たりが強くなり。

先の白河法皇ですら、御せられなかったという
寺社の口出しに逆らえず、忠盛は清盛と共に蟄居する。


朝廷内では、
この際、力を持ちすぎた平氏を押さえ込むためにも、
流罪にすべきと内大臣の藤原頼長が主張。

しかし、平氏の力は必要と、信西が真っ向から対立。



鳥羽法皇は、
白河法皇が可愛がっていた平氏を守ることは、
今もなお、
白河法皇の力が及んでいることになるのでは?と悩み。


御自ら、清盛らが蟄居している場所まで出向いてきて。


矢を射たのはわざとかどうか問い。

当然、わざとだと清盛は答え。

「ならば、その時と同じように、朕を射てみよ」と命じ。

清盛は、命じられるまま、鳥羽法皇に向かって、
矢を射るしぐさをする。


目には見えぬも、矢を射られたという行為は確かにあり。


それで、その傷口から、白河法皇の血が流れて出て行く!
と狂気に笑った末。


賠償金の奉納で、許してもらえることに。




その報せと共に、時子は、清盛の子を出産する。

先妻・明子の子が、もしも生まれたのが男なら、
自分達よりそっちの方が可愛がられるのでは、と悩み。

散々、清盛に対し、
「お前は嫡男にあらず」と文句を言い続けてきた忠正が、

「そんなことはない」と慰めていたのが。

大人になったっつーことですか?(^^;



しかし、今回の騒動で、
平氏の存続を脅かした兄・清盛に対し、

今までじっと我慢し続けてきた義弟の家盛が、

とうとう堪忍袋の緒が切れたらしく。

「我こそは、平氏の棟梁となる!」と兄に宣戦布告



その家盛の母、宗子もまた、
夫・忠盛が、清盛の母・舞子(吹石一恵)に渡すつもりだった、
鹿の角を大事に保管しているのに気付き、

あの人はいまだに、舞子様のことを想っておられる……
と気持ちを乱されていた。





てなわけで。

後の武蔵坊弁慶となる鬼若(青木崇高)も登場。


次回は、平氏一門内のお家騒動ですか。

まあ、弟くんは、やけに聞き分けが良すぎたからなぁ。

普段真面目なヤツほど、キレた時が怖いってな。(^^;

そんな弟くんに、
今回、苦汁を飲まされた頼長が、手を貸す!?




キャスト

平清盛…松山ケンイチ

平忠盛(清盛の養父)…中井貴一
宗子(忠盛の妻)…和久井映見
平家盛(清盛の義弟)…大東駿介
平忠正(清盛の叔父)…豊原功補
平家貞(平家の家人)…中村梅雀

平盛国…上川隆也
兎丸…加藤浩次

伊藤忠清…藤本隆宏
平維綱…尾美としのり
鎌田通清…金田明夫
鎌田正清…趙珉和

時子…深田恭子

源頼朝(語り)…岡田将生

源義朝(為義の嫡男)…玉木宏
源為義(源氏の棟梁)…小日向文世

信西(高階通憲)…阿部サダヲ

藤原頼長(忠実の次男で内大臣)…山本耕史
藤原忠通(忠実の嫡男で関白)…堀部圭亮
藤原忠実(摂関家の長)…國村隼

得子(美福門院) …松雪泰子
鳥羽法皇…三上博史

白河法皇(清盛の実父)…伊東四朗
  

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒
第一回「ふたりの父」 第二回「無頼の高平太」 第三回「源平の御曹司」 
第四回「殿上の闇討ち」 第五回「海賊討伐」 第六回「西海の海賊王」
第七回「光らない君」 第八回「宋銭と内大臣」 第九回「ふたりのはみだし者」
第十回「義清散る」 第十一回「もののけの涙」 第十二回「宿命の再会」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「平清盛」第13回

    Excerpt: 流罪は、免れました… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204010004/ 平.. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2012-04-01 20:45
  • 『平清盛』第13回

    Excerpt: 祇園闘乱事件 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2012-04-01 20:54
  • 〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第13回「祇園闘乱事件」感想 比叡山延暦寺の強みは流通を握っていた事

    Excerpt: 後の武蔵坊弁慶「鬼若」が出てきましたな。 演じるは「龍馬伝」で後藤象二郎を好演した 青木崇高 実はこの兄ちゃん、我が八尾市出身、 しかも八尾高だから、けっこう賢い! 橋下将軍さまも同郷の人間が活躍して.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2012-04-01 20:58
  • 〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第13回「祇園闘乱事件」感想  武蔵坊弁慶登場!

    Excerpt: 後の武蔵坊弁慶「鬼若」が出てきましたな。 演じるは「龍馬伝」で後藤象二郎を好演した 青木崇高 実はこの兄ちゃん、我が八尾市出身、 しかも八尾高だから、けっこう賢い! 橋下将軍さまも同郷の人間.. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2012-04-01 20:59
  • 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男13わしを射抜いてみよ!清盛はその言葉を受け鳥羽法皇の心を射抜き白河法皇の自縛を解き放ってみせた

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」第13話は清盛が祇園社を訪れた時に僧兵と揉めた事で延暦寺の怒りを買ってしまい朝廷の意向もあり忠盛と清盛は蟄居する事になった。その処遇を巡り連日会議 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2012-04-01 21:07
  • 宗教と武力の争い ~平清盛・祇園闘乱事件~

    Excerpt: 栄華を極めた白河法皇が、思いにならない物として、 ・加茂川の水 ・双六の賽 ・山法師 の3つをあげていたが、当時の仏教勢力はそれだけの力を持っていた。 比叡山と高野山は桓武天皇の頃か.. Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2012-04-01 21:08
  • NHK大河ドラマ『平清盛』第13回「祇園闘乱事件」

    Excerpt: ようやく、事件勃発~~~! 祇園社で僧兵たちともめて、 盛国や兎丸たちが投獄されることに。 ま、それだけじゃおさまらない。 比叡山延暦寺は相当な権力を持ってたんですね。 白河院をして不如.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2012-04-01 21:14
  • 平清盛 第13回 祇園闘乱事件

    Excerpt: 『祇園闘乱事件』 内容 久安3年。清盛(松山ケンイチ)たち平氏一門は祇園社にいた。 一門の繁栄祈願のためであった。 が、、、その社で、事件が起きてしまう。 兎丸(加藤浩次)をよく知る武装した僧侶たち.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2012-04-01 21:22
  • 平清盛 第13回「祇園闘乱事件」

    Excerpt: 今回は清盛が起こした騒動である「祇園闘乱事件」一色となりました。ここまで題名と内容がぴったりと合うのも珍しいことではありますが、それ故終始一つの内容をしっかりと見ることができて満足できるものとなりまし.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2012-04-01 21:26
  • 平清盛 第13回 「祇園闘乱事件」

    Excerpt: 清盛がついに強い子になりました! みこしに矢を射るのはとんでもないことなのに、迷いもなくそれをやってしまったのです。 妻は呆れ、父忠盛は失態に苛立ち、信西は清盛を次の時代を担うリーダーだと直.. Weblog: 青いblog racked: 2012-04-01 21:49
  • 大河ドラマ「平清盛」 第13話 あらすじ...

    Excerpt: 平家存亡の危機-----------!!ついに祇園事件!!一門の繁栄祈願のため祇園社に来ていた清盛たち。そこで、祇園にて、久しぶりに兎丸は旧知の者と再会。だが、その兄弟は、兎丸が父の... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2012-04-01 21:56
  • 大河ドラマ「平清盛」 第13話 あらすじ感想「祇園闘乱事件」

    Excerpt: 平家存亡の危機-----------!! ついに祇園事件!! 一門の繁栄祈願のため祇園社に来ていた清盛たち。 そこで、祇園にて、久しぶりに兎丸は旧知の者と再会。 だが、その兄弟は、.. Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ racked: 2012-04-01 21:56
  • 「平清盛」 第13回、祇園闘乱事件

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」。第13回、祇園闘乱事件。 武士の時代への転機となる事件。 細かい所で残念な点はありましたが、大筋面白い内容でした。 現状の朝廷内の勢力図がわかる展開でした。 Weblog: センゴク雑記 racked: 2012-04-01 22:31
  • 弁慶(青木崇高)登場/平清盛 第13回「祇園闘乱事件」

    Excerpt: 平清盛 第13回「祇園闘乱事件」レビュー ◎『平清盛』登場人物/キャスト 神輿を射たときの如く、朕を射てみよ。 (鳥羽法皇) 【あらすじ】 1147(久安.. Weblog: (自称)大河ドラマ批評家「一大河」の批評レポート racked: 2012-04-01 22:53
  • 『平清盛』 第13回「祇園闘乱事件」

    Excerpt: JUGEMテーマ:大河ドラマ久安三年、清盛は一門の繁栄を祈願する田楽を奉納するため、祇園社に詣でます。そこには、かつて兎丸の盗賊仲間だった連中の顔が。「いまは親の仇である平氏の清盛に仕えているとは」と.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2012-04-01 23:19
  • 大河ドラマ「平清盛」 Vol.13祇園闘乱事件

    Excerpt: 【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,.. Weblog: Refreshing-wind-blows※別館※ racked: 2012-04-01 23:54
  • チンを振り回し続けた

    Excerpt: 「たまたま当たったのではないあんなものはただの箱じゃ」忠盛ビンタ炸裂!29歳にもなって、親父にぶたれる清盛神罰が下った?登場する時は、迷惑しか掛けない兎丸と浪速乃弁慶と... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2012-04-02 09:20
  • チンを振り回し続けた

    Excerpt: 「たまたま 当たったの ではないあんなものは ただの箱じゃ」 忠盛 ビンタ 炸裂 Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2012-04-02 09:21
  • 「平清盛」第13話。

    Excerpt: 体調がすぐれないので、今週は短めにしました。いえ、別に内容に不満があるとかではなくて… Weblog: Flour of Life racked: 2012-04-02 12:41
  • 平清盛 第13回

    Excerpt: 脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/山本耕史/阿部サダヲ/加藤浩次/小日向文世/和久井映見/松雪.. Weblog: to Heart racked: 2012-04-02 23:36
  • 【平清盛】第13回

    Excerpt: 祇園社で僧兵ともめたことをきっかけに、比叡山は平氏の横暴だと強訴を起こす。 院の命令で止めに入った源氏兵を横目に、清盛(松山ケンイチ)が放った一本の矢は 神聖として誰も手が出なかった神輿(しん.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2012-04-03 00:36
  • 平清盛、ラッキーだった内紛!!

    Excerpt: 清盛、いや平家にとっての大事件 順調に出世街道を歩んできた清盛が初めて体験する挫折、 祇園社事件ですね 史実では… 田楽を奉納すべく、郎党を率いて祇園社を訪れていた清.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2012-04-03 13:26
  • 平清盛 第13回「祇園闘乱事件」~エア弓矢で射抜かれた鳥羽がエア流血!?

    Excerpt: 『平清盛』第13回「祇園闘乱事件」 あらま、早くも時子(深田恭子)のお腹が大きい。 最近、物忘れが激しい小生は、1回見逃したのかと驚いちゃうじゃないの・・・。 -◆- 清盛と忠盛を流罪にせ.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2012-04-03 13:50
  • 『平清盛』 第13話「祇園闘乱事件」

    Excerpt: 今回のテーマは「決断」  今回、清盛(松山ケンイチ)、鳥羽院(三上博史)、家盛(大東駿介)それぞれ決断を下している。清盛は主人公であり、平氏の存亡に係わる決断であったはずだが、鳥羽院のほうに目が行って.. Weblog: 英の放電日記 racked: 2012-04-03 21:18
  • 「平清盛」♯13

    Excerpt: 三上さんの独壇場~!舞台かと思いましたよ。 日曜20時、NHK大河ドラマ「平清盛」ね。 →やっと見ました「平清盛」→続いて「平清盛」♯2→その次「平清盛」♯3→次の次「平清盛」♯4 →やっと「平.. Weblog: 続・主婦るーのTVあれこれ racked: 2012-04-06 13:55