大河ドラマ「平清盛」第20話

第二十回「前夜の決断」 視聴率11.8%  


あらすじ(公式サイト)

1156年(保元元年)、崇徳上皇(井浦新)たちに謀反の疑いを
かけた信西(阿部サダヲ)は、武士たちに後白河天皇(松田
翔太)
につくように命じ、決戦に備える。だが、平清盛(松山
ケンイチ)
はどちらにもつかないと宣言、周囲の行方を見守る。

一方、源義朝(玉木宏)は、父・為義(小日向文世)と決裂、
後白河側につくことを決断した。そんな中、後白河は清盛を
自邸に招き、二人だけの密談を始めた。
後白河は、清盛の策略を見透かしたのちに、サイコロを投げ
つけ、即座の決断を迫った。
そんな挑戦的な態度に、闘争心を駆り立てられた清盛は、
後白河に味方することを約束する。

そのことを平氏一門に伝えた清盛だが、弟・頼盛(西島隆弘)
だけは反発、ひそかに崇徳側に寝返る用意を始める。
そして、後に保元の乱と呼ばれる決戦当日。一門結束しての
出陣を信じていた清盛は、衝撃の事実を知る――。 



鳥羽法皇が崩御し、
後白河帝崇徳上皇との覇権争いが勃発

後白河帝には、信西入道が、
崇徳上皇には、藤原頼長が、智謀をめぐらす。


そんな状況に、都に降りてきた西行は、歌を詠む。

今宵こそ 思ひ知るられ 浅からぬ
君に契りの ある身なりけり
 



清盛は、公卿になれなかった父の無念を果たすべく、
平氏がどちら側につくかの答えを渋り、恩賞を吊り上げる。

だが、そんな考えは、信西にも後白河帝にもお見通し。

信西自ら現われ、呼び出された先で、後白河帝は清盛に、

「そちの思い通りにはならぬ!
朝廷の番犬として、こき使われたまま、
志半ばで、死んでゆくのじゃ。
忠盛と同じようにな。
分かったか、清盛」
と告げ、

それでも振って、決断せよ、とサイコロを投げつけられる。

「平氏は、必ず勝ってみせまする。
この戦も、貴方様との勝負も」
と、言い返す清盛。


公卿にはなれぬと宣言されたが、その裏には、
それでも上り詰めて来いとの挑発が込められていた、
と確信した清盛は、後白河帝側につくことを決意。

平氏一門は、一枚岩で戦に望むべし!と結束するのだが。

清盛の弟の頼盛は、密かに、上皇側につくことを考えていた。



一方で、源氏も、上皇側につく父・為義らと袂を分かち、
義朝は、帝側に。

義朝は、妾の常盤御前を、
正室の由良御前の屋敷へ避難させる。

どちらも気まずいながらも、そこは正妻の由良御前は、
粛々と常盤の世話を。


清盛も、時子らを、亡き家成の娘の屋敷に避難させ。
清盛の息子、その娘に惚れたか?



そうして、決戦当日。

戦に出ようとする義朝に、親兄弟と争ってよいのですか?
と常盤が不安をあおるも、

由良は友切の太刀を差し出し、

「殿、今こそ、御志を遂げる時、
存分に御働き下さいませ」
と送り出す。


義朝の乳兄弟で、気心の知れた忠臣だった鎌田正清は、
為義の陣にいたが、やはり、義朝への忠義に迷い、

それを悟った父に諭され、直前で、義朝の陣へ合流する。

どこか迷いと不安のあった義朝は、正清の姿に、

「遅いではないか。
主に恥をかかすでない!」
と言って、迎え入れる。



そして、平氏一門は。

上皇側につこうとしていた頼盛の動きを読んでいた
叔父の忠正は、たとえ、上皇側が勝ったとしても、
棟梁に逆らったことで、そしりを受け、結局は、
平氏の名に傷がつく、と諭し。


その汚名を、自らが背負い込むことに。

帝が勝とうと、上皇が勝とうと、
平氏の血筋を絶やさないための、苦肉の選択。


一門の絆にこだわる清盛に、

「清盛、わしとそなたに、
絆など、はなっからないわ!」
と伝言を残して。








そんなわけで、あっちこっちで、内部分裂!

そして、保元の乱へ。



そういや、後白河帝の近臣の藤原信頼が、

「面白うないのぉ~」と口癖のように言うのが、
何気にツボw

清盛がいつも「面白きこと!」と言うだけにw




こないだ、義朝の息子・源頼朝を演じる岡田将生が鎌倉を、
そして、清盛の息子・重盛を演じる窪田正孝くんが京都を、
それぞれの視点でめぐり、

かつ、保元の乱と平治の乱とを解説した番組を見たおかげで、
今後の展開がよく分かりました。

歴史で習ったはずなんだけど~w


キャスト

平清盛…松山ケンイチ

池禅尼(宗子、清盛の義母)…和久井映見
平忠正(清盛の叔父)…豊原功補
平家貞(平家の家人)…中村梅雀

平盛国…上川隆也
兎丸…加藤浩次
西行…藤木直人

伊藤忠清…藤本隆宏
平維綱…尾美としのり
鎌田通清…金田明夫
鎌田正清…趙珉和

常盤御前…武井咲
由良御前…田中麗奈
平時忠…森田剛
時子…深田恭子

源頼朝(語り)…岡田将生

源義朝(為義の嫡男)…玉木宏
源為義(源氏の棟梁)…小日向文世

藤原信頼(帝の近臣)…塚地武雅
藤原成親(帝の近臣)…吉沢悠
信西(高階通憲)…阿部サダヲ

藤原頼長(忠実の次男で左大臣)…山本耕史
藤原忠通(忠実の嫡男で関白)…堀部圭亮
藤原忠実(摂関家の長)…國村隼

美福門院 得子 …松雪泰子
後白河天皇…松田翔太
崇徳上皇…井浦新
  

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒
第一回「ふたりの父」 第二回「無頼の高平太」 第三回「源平の御曹司」 
第四回「殿上の闇討ち」 第五回「海賊討伐」 第六回「西海の海賊王」
第七回「光らない君」 第八回「宋銭と内大臣」 第九回「ふたりのはみだし者」
第十回「義清散る」 第十一回「もののけの涙」 第十二回「宿命の再会」
第十三回「祇園闘乱事件」 第十四回「家盛決起」 第十五回「嵐の中の一門」
第十六回「さらば父上」 第十七回「平氏の棟梁」 第十八回「誕生、後白河帝」
第十九回「鳥羽院の遺言」

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「平清盛」第20回

    Excerpt: 戦の準備は、整った… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205200003/ 平 清盛.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2012-05-20 20:45
  • 平清盛 第20回 前夜の決断

    Excerpt: 『前夜の決断』 内容 保元元年、鳥羽法皇の死により、 後白河帝(松田翔太)と崇徳上皇(井浦新)の対立は深まっていく。 信西(阿部サダヲ)に退けられた悪左府・頼長(山本耕史)は、崇徳上皇に接近。 その.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2012-05-20 20:46
  • 平清盛 第20回 「前夜の決断」

    Excerpt: いよいよ保元の乱へ…! でもその前に、それぞれの家族達の亀裂。 身内どうしで争うことになる運命の皮肉であった…!! うん。 清盛の黒い角張った鎧がかっこよかったなー 身内に愛され.. Weblog: 青いblog racked: 2012-05-20 20:46
  • 【平清盛】第20回

    Excerpt: ついに物語は前半最大の山場・保元の乱へ!崇徳上皇(井浦新)と頼長(山本耕史)は共闘し、 後白河帝(松田翔太)と信西(阿部サダヲ)方との決戦は避けられないものになっていた。 清盛(松山ケンイチ).. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2012-05-20 20:49
  • 大河ドラマ「平清盛」 第20話 あらすじ...

    Excerpt: 鳥羽院崩御---------!!ようやく歴史が大きく動き出した形になって、面白くなってきたねぇ。やっぱ主役が主役じゃないと、話が盛り上がらないわけで。ここ数回は持ち直してると思うの... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2012-05-20 20:50
  • 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男20源氏平氏共々分裂し清盛は忠正に絆などはなからない!と告げられ絆の難しさを突きつけられた

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」第20話は鳥羽法皇の崩御で後白河天皇と崇徳上皇の2つの派閥に分裂し、それぞれどちらにつくのか迫られていた。源氏は父為義は崇徳側に、義朝は天皇側に付き ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2012-05-20 20:57
  • 平清盛 第20回「前夜の決断」

    Excerpt: 視聴率に悩むといわれる本作品も、前回までのようなドロドロした王家の争いから一転して戦を通じてその主導権を明らかにしようという非常にわかりやすい展開に移行していることから、見やすくなったのではないでしょ.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2012-05-20 21:22
  • 平家、割れる ~平清盛・前夜の決断感想~

    Excerpt: 鳥羽院の死後、崇徳上皇と後白河天皇の権力争いはひどくなる。 かねてから周りの反感を買い、失脚していた頼長は崇徳上皇に近付き、 かたや信西は、後白河天皇の乳父として、政敵排除の総仕上げにかかってい... Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2012-05-20 21:26
  • 『平清盛』 第20回「前夜の決断」

    Excerpt: JUGEMテーマ:大河ドラマ鳥羽院の亡き後、都の情勢はいちだんと険悪に。ついに考えを決めた清盛は、平氏一門の結束を強化しますが・・・・・・。ところで、西行が偶然この場にあらわれ、もと北面の武士として仕.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2012-05-20 22:56
  • 「平清盛」第20話。

    Excerpt: 視聴率低迷であれこれ言われておりますが、今週も「平清盛」見ました。もう20話、もうすぐ折り返し地点だと思うとさびしいです。 Weblog: Flour of Life racked: 2012-05-20 23:45
  • 平清盛 第20回 「前夜の決断」

    Excerpt: 左大臣藤原頼長と崇徳上皇に謀反の疑いあり!! 信西の言葉により 天皇か!上皇か! 答えを迫られることになった武士たち-----!! どちらものどから手が出るほど欲しいのは平氏の武力! ソレ.. Weblog: shaberiba racked: 2012-05-21 00:07
  • 「平清盛」 第20回、前夜の決断

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」。第20回、前夜の決断。 保元の乱 前夜まで。 一族一丸となって戦いに向かおうとする清盛だが・・・ Weblog: センゴク雑記 racked: 2012-05-21 11:22
  • 平清盛 第20回「前夜の決断」~松田翔太 vs 松山ケンイチ‥大河らしく

    Excerpt: 『平清盛』第20回「前夜の決断」 前回、HPの人物相関図の更新が滞っていることも、『平清盛』がダメ大河であることを示す一つの事象である旨を書きました。 いつまでたっても無頼の清盛(松山ケンイチ.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2012-05-21 14:47
  • NHK大河ドラマ『平清盛』第20回「前夜の決断」

    Excerpt: やっと清盛がかっこよく見えてきました~~~!! 保元の乱の直前、 崇徳上皇と後白河帝の間には戦をせずにはいられないような 2つに陣営が次々と分かれて、殺伐とした空気が流れてきました。 .. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2012-05-21 15:25
  • 金環日食を観れなかった人達

    Excerpt: 日本列島を興奮させた金環日食。前回の金環日食があった平安時代を舞台にしている大河ドラマ平清盛第20回前夜の決断しかし、金環日食とは違い、殆どの人は目もくれず、視聴率は1... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2012-05-21 20:33
  • 金環日食を観れなかった人達

    Excerpt: 日本列島を興奮させた金環日食。 前回の金環日食があった平安時代を舞台にしている大 Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2012-05-21 20:33
  • 『平清盛』 第20話「前夜の決断」

    Excerpt:  今回が一番面白かった。実は、ある事情で、『平清盛』の記事はやめようと思っていたのですが、それを踏み止まらせるくらいの出来でした。  清盛(松山ケンイチ)、忠正(豊原功補)、池禅尼(和久井映見)、頼.. Weblog: 英の放電日記 racked: 2012-05-21 20:54
  • 平清盛 第20回

    Excerpt: 脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/藤木直人/松田翔太/山本耕史/森田剛/西島隆弘/小日向文世/和久井映見.. Weblog: to Heart racked: 2012-05-22 00:07
  • 【平清盛】第20回感想と視聴率急落「前夜の...

    Excerpt: 「前夜の決断」第20回の視聴率は、前回の14.7%より急落してしまって、11.8%でした。最低視聴率の11.3%に次ぐ低い視聴率です。視聴率、最近、持ち直しかけていたのに、残念... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2012-05-23 12:19
  • 平清盛【第20回】NHK大河ドラマ

    Excerpt: 前夜の決断  「清盛…、お前とわしの間に…、絆など…、はなっからないわ…」by平忠正(豊原功補)。 叔父上…、叔父上ぇぇ…、叔父上ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!! 泣いた…、泣いた泣いた.. Weblog: だらだらぐーたらぐだぐだ日記 racked: 2012-05-23 18:00
  • 「平清盛」♯20

    Excerpt: サイコロどうだと上皇側?帝側?? 日曜20時、NHK大河ドラマ「平清盛」ね。 →やっと見ました「平清盛」→続いて「平清盛」♯2→その次「平清盛」♯3→次の次「平清盛」♯4 →やっと「平清盛」♯5.. Weblog: 続・主婦るーのTVあれこれ racked: 2012-05-24 20:00