ドラマチックサンデー「家族のうた」第6話

6「今夜、娘のために走ります!」 視聴率3.8%  
  

あらすじ(Yahoo!テレビ)

早川正義(オダギリジョー)の家に、大澤こころ(杉咲花)
母親・倫子(中村ゆり)が訪ねて来た。倫子はこころを引き
取りに来たと言い、松野美月(大森絢音)らに自分勝手な
行動を責められると、正義がこころの父親というのは嘘で、
本当の父親はとうの昔に亡くなっていることを告げる。

初めて知った事実と突然のことに戸惑いながらも淡々と
自分の荷物をまとめはじめるこころ。荷物をまとめ終えた
こころは正義の部屋にやってきてこれまでのお礼を言うが、
正義はギターをいじってこころを見ようともせずにそっけなく
返事をしただけだった。  

翌朝、毎日騒がしかった朝の支度が静かになったことや、
朝食をうっかり5人分用意したことでこころがいない寂しさ
を痛感する東海林秀蔵(藤竜也)や美月や陸(藤本哉汰)
平然としているのは正義だけだ。

そこに三木康佑(ユースケ・サンタマリア)が、子ども向けの
ギター教則本プロデュースの仕事を持ってきた。
断ろうとする正義だが、自分たちの練習している写真が
使われると聞いた美月や陸は大喜びで、こころもあわせた
3人での写真掲載を三木に確認すると嫌がる正義を押し
切ってしまう。
渋々とはいえ、その仕事を引き受ける正義の変化に喜ぶ
青田洋子(貫地谷しほり)水島明良(トータス松本)
朝子(大塚寧々)。  

こころは、美月から誘われて、ギターの練習風景撮影の
ため、遊園地へ行こうという倫子からの誘いを蹴るが…。 



こころの母親が訊ねてきて、正義はこころの父親ではなく、
こころの父親は既に死んでいると告げ、
こころを連れて帰ってしまう。


この母親、男ができては、娘をほったらかしにして、
男の側に入り浸り。

男に捨てられれば、家に帰り、娘に甘えるという、
どうしようもない女。



こころが去って、早川家は暗くなるのだが、正義だけは、
静かになって、せいせいしたと言って、子ども達の反感を買う。



とはいえ、正義も、幼い頃に、父親が家を出て行き、
母親が働きに出て一人寂しさを紛らわすため、
ギターを覚えた、という過去があり。

その母も亡くなって、一人になり、
誰も頼るもんか!ととがって生きた時期があり。

所詮は他人、というこころの気持ちが分かる、と思っていた。



そんな正義に、三木は、
子ども用のギター教本の仕事を持ち込み、

教わる子ども役には、美月と陸、それに、こころが。

それを撮影するのは、洋子。

嫌々ながらも、教えるとなれば、自分でギターの調律をしたり、
プロ意識をみせる正義。

飲み込みが悪いと言って、
子ども達をミジンコモンキー呼ばわりw



楽しく過ごすこころだが、寂しがる母親にすがられ、
美月たちと距離を置こうとする。


その母親が、また別の男とじゃれているのを目撃した秀蔵は、

「家族捨てた人間は決して許されねーからな。
罪は一生消えねーよ。
それほど深く傷つけちゃうんだから。
甘え続けちまったら、いつか、捨てられるぞ」
 
と、忠告する。



家の押入れで、母親の旅行鞄に、沖縄行きのチケットを
発見したこころは、母親に確認するも、逆ギレする母親。

また捨てられる……と不安になったこころは、
正義が渡してくれた忘れ物の中から、楽譜を発見し、

何か言いたい時は自分の指が語ってくれる
リッチー・ブラックモアはそう言った。
ムシャクシャしたらギターを弾け!
言葉にならない気持ちを音にしてくれる
 
という正義の走り書きを読んで、ギターの練習をする。


なかなか巧く弾けずに、たまらず、正義に電話を。 

「正義のせいだよ。正義が悪いんだよ。
今まで一人で平気だったのに。
もう無理だよ」
 

思わず本音を漏らし、電話を切る。
 

「無理ってなんだよ」
と気になって仕方のない正義は、こころの家に走る。
 


男との旅行がキャンセルになった、こころの母は、
こころがギターを弾いているのを見て、逆上。

そこへ、正義が怒鳴り込みに来て、

「何でうちの子に関わんのよ!
そんなに欲しかったら連れてけば?
あげる。もういらない、こんな子。
正義と会ってから、こころ変わったのよ。
私のこころ返してよ!
私だけの子なの!!」
と八つ当たり。 

すると正義は、

「コイツは物じゃねーだろ!
コイツがどんな思いでアンタといたのか、
知ってんのかよ?
アンタみたいなミジンコでもな、
母親だって言ったんだよ!
あったかい気持ち教えてやりたいって。
一人じゃないって教えてやりたいって、
言ったんだよ!
コイツはな、コイツは最高にロックなんだよ!
他人の俺でも分かることが、
何で母親のお前に分からねーんだよ!?」
と言い返し。

関わりたくもないのに、なんでここにいるんだ??
と、自分でもワケが分からず、怒鳴り散らす。 


こどもたちが、

「こころちゃん、帰ろう」
「一緒に帰ろう」と、声をかけ。

正義は、こころの腕を取り、連れ出していく。


母親の声も聞かず、去っていく娘に、愕然とする母親。

「母親に戻りたきゃ、自分変えなきゃ。なあ?」 
と、諭す秀蔵。



こころの手を離す正義だが、正義の腕にからめ、甘えるこころ。

同じように、甘える美月、陸。

「「ロックに免じて許してよ~」」と、口癖も盗まれw


たまらず、逃げ出す正義。





子ども達は勿論のこと、正義の中にも変化が、という回。

こころが他人だと分かっても、
家族と他人という境界線を越えた絆が、いつの間にか……

ですかね。


そして、次回は、ようやく、秀蔵の抱える謎が判明?





こころの母親役の人、なんか名前が見覚えあるな、と思ったら。
ドラマ版「未来日記」でも、倫子という役名だった。

キャスト

早川正義(ロックミュージシャン)…オダギリジョー
 
松野美月(正義の娘?)…大森絢音 
松野陸(美月の弟)…藤本哉汰
大澤こころ(正義の娘?)…杉咲花

三木康佑(マネージャー)…ユースケ・サンタマリア
藤森篤志(事務所の社長)…前川泰之

青田洋子(カメラマン)…貫地谷しほり
水島明良(nanja店主)…トータス松本
水島朝子(明良の妻)…大塚寧々

坂上幸生(nanjaのアルバイト)…中島健人
花村良太(正義のファン)…ムロツヨシ

東海林秀蔵…藤竜也
  

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒

1「自業自得!?」
2「我慢すると心が腐るんだよ!」
3「歌えない僕の気持ちが解る?」
4「お祭で告白!?届けたい想い…」 
5「家族の前で初めての父親宣言」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 家族のうた #06

    Excerpt: 『今夜、娘のために走ります!』 Weblog: ぐ~たらにっき racked: 2012-05-20 23:39
  • 家族のうた 第6話の感想 視聴率なんてミジンコだ

    Excerpt: フジテレビ系列で放送の「家族のうた」第6話の感想などこの第6話、なかなか良かった。あと2話でどうやってまとめるのだろう。やはり、あの場面が今回の一番の見せ場だったでしょう。一度は大澤こころ(杉咲花さん.. Weblog: オタクと呼ばないで racked: 2012-05-21 06:35
  • 家族のうた 第6話

    Excerpt: 『今夜、娘のために走ります!』 内容 突然、正義(オダギリジョー)宅を、 こころ(杉咲花)の母・倫子(中村ゆり)が訪ねてくる。 本当の父親はすでに亡くなり、正義でないと告げる倫子。 こころを連れ帰.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2012-05-22 00:39
  • 家族のうた六話&鍵のかかった部屋六話感想

    Excerpt: ■家族のうた六話 早川正義ことオダギリジョーの家の呼び鈴を鳴らしたのは、中学生の女の子・こころの母親・倫子だった。若くて綺麗。だが、男に騙されてはそれでも男に依存し、その度にこころをないがしろにして.. Weblog: NelsonTouchBlog racked: 2012-05-22 08:38