またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ「平清盛」第22話

<<   作成日時 : 2012/06/03 20:40   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 20 / コメント 0

第二十二回「勝利の代償」 視聴率11.0%  


あらすじ(公式サイト)

保元の乱がついに終結。頼長(山本耕史)は逃走中、矢で
深い傷を負い、 崇徳上皇(井浦新)もまたあてどもなく山に
逃げのびる。

頼長は父・忠実(國村隼)の屋敷に救いを求めるが、門が
開かれることはなく、息絶える。

一方、勝利した後白河(松田翔太)側の清盛(松山ケンイチ)
義朝(玉木宏)もまた、対立した叔父・忠正(豊原功補)
父・為義(小日向文世)の行方が分からぬまま、苦い思いを
抱えてそれぞれの妻のもとへ帰る。

数日後、清盛や義朝の妻・由良(田中麗奈)たちの命による
必死の捜索によって、逃げていた忠正と為義は捕らえられる。
清盛を前に、生き恥をさらすものかと抵抗する忠正だったが、
信西(阿部サダヲ)には軽い罪で済むよう頼むから、今後も
平氏のために力を尽くしてくれ、と清盛は頼む。

しかし、数日後、信西から清盛と義朝に下された処罰は、
信じがたいものだった・・・。 



崇徳上皇と後白河帝による、政権争いの戦、
保元の乱は、後白河帝の勝利で幕を閉じた。

後白河帝は、戦った武士らに直々に、

「皆の者、大儀であった。
そなた達の働きにより、我らが勝利したのじゃ。
つわもの共よ、ようやった」
と労をねぎらう。



今回の戦で、武士の力を誇示できた、これからは、
武士の世が始まる、と満足げな清盛と義朝。

義朝は、その手の友切の太刀を、名を変えると言い、
それなら、その無精ヒゲをどうにかせい、と
清盛は、髭切にすれば?と笑って去る。

それもまんざらでも……と思う義朝w



この戦の恩賞として、清盛は、播磨の守に、
義朝は、佐波の守に任ぜられたそうな。




一方、敗戦した悪左府こと藤原頼長は、父を頼るも、
門前払いをされて、失意の中、舌を噛み切って死ぬ。

息子を失い、呆然とする忠実の庭先に、オウムが飛んできて、

「チチウエ、チチウエ、チチウエ」と啼き、息絶える。

それが、息子の姿と重なり、途端に泣き叫ぶ忠実。



信西は、頼長の邸宅を訪れ、そこで、日記を発見する。

こないだ放送された「歴史ヒストリア」でもあったけど、
この男、ものっそ筆マメだったらしく。

もしも自分が死んだらという遺言めいたものも残していた。


仕事に励め、もしも、自分亡き後、寂しくなったら、
御所に参内すれば、そこに私の魂がいるとか、
書かれてあったそうな。



敵側で戦ったものの敗れた清盛の叔父、忠正も発見。

生き恥はさらせぬ!と言う叔父を、清盛は、

「一門に欠かせぬお方でございます」と思い止まらせ。 

信西に、その処分を軽くして欲しいとお願いする。



勝利に浸り、双六で興じていた後白河帝を、
美福門院が訊ねてきて、ピシャリと釘を刺す。

「己の一人勝ちと思うておられるかもしれませぬが、
貴方が帝となられましたのは、ほんの一時しのぎ。
亡き法皇様がお望みになられた、
乱れなき世に君臨するはご自分であるなどと、
努々思いなされますな」
と、なかなか手厳しく。

しかし、帝になる前は、何のために生きているのか……
と空虚だった後白河帝は、

「ゾクゾクするのぉ。朕は、生きておる」と、高笑い。




そうして、帝や近臣たちによる、今回の戦の、
敵側の処分が、会議で相談される。

すると、信西は、出家した崇徳上皇を流罪にと言い出し、
それはあまりに、と皆が口を挟めば、

「ならば何のために戦をなさった!?」と、一喝。

そもそも、この戦の発端は誰だ?と問われれば、
誰も二の句を継げず。

「上皇を、流罪にせよ」と、後白河帝が最終決断を下す。


そして、その上皇側で戦い、落ち延びた武士の処分は。


清盛は、信西から、叔父を死罪にと告げられる。

「斬首にせよ」と。






まあ、上皇を流罪にした以上、武士に死罪は、
言いそうだよな。

次回は、「叔父を斬る」だっけ?

え。まさか、叔父を泣く泣く斬る話で、1話やるつもり?(−−;

そこをクローズアップするなら、今回のラストに、
ザシュ!とやりゃ良かったんじゃあ。


キャスト

平清盛…松山ケンイチ

平頼盛(清盛の義弟)…西島隆弘
池禅尼(宗子、清盛の義母)…和久井映見
平忠正(清盛の叔父)…豊原功補
平家貞(平家の家人)…中村梅雀

平盛国…上川隆也
兎丸…加藤浩次

伊藤忠清…藤本隆宏
平維綱…尾美としのり
鎌田正清…趙a和

常盤御前…武井咲
由良御前…田中麗奈
時子…深田恭子

源頼朝(語り)…岡田将生

源義朝(為義の嫡男)…玉木宏
源為義(源氏の棟梁)…小日向文世

藤原信頼(帝の近臣)…塚地武雅
藤原成親(帝の近臣)…吉沢悠
藤原師光(家成の養子)…加藤虎ノ介
信西(高階通憲)…阿部サダヲ

藤原頼長(忠実の次男で左大臣)…山本耕史
藤原忠通(忠実の嫡男で関白)…堀部圭亮
藤原忠実(摂関家の長)…國村隼

美福門院 得子 …松雪泰子
後白河天皇(雅仁親王) …松田翔太
崇徳上皇…井浦新
  

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒
第一回「ふたりの父」 第二回「無頼の高平太」 第三回「源平の御曹司」 
第四回「殿上の闇討ち」 第五回「海賊討伐」 第六回「西海の海賊王」
第七回「光らない君」 第八回「宋銭と内大臣」 第九回「ふたりのはみだし者」
第十回「義清散る」 第十一回「もののけの涙」 第十二回「宿命の再会」
第十三回「祇園闘乱事件」 第十四回「家盛決起」 第十五回「嵐の中の一門」
第十六回「さらば父上」 第十七回「平氏の棟梁」 第十八回「誕生、後白河帝」
第十九回「鳥羽院の遺言」 第二十回「前夜の決断」 第二十一回「保元の乱」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(20件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「平清盛」第22回
  第二十二回「勝利の代償」保元の乱がついに終結。頼長は逃走中、矢で深い傷を負い、崇徳上皇もまたあてどもなく山に逃げのびる。頼長は父・忠実の屋敷に救いを求めるが、門が開... ...続きを見る
日々“是”精進!
2012/06/03 20:45
平清盛 第22回「勝利の代償」
前回で終了した保元の乱のその後についてが今回の内容となりました。自分のなかでは、ある程度予想通りの展開であり、それと共にその先の展開もある程度想像がついてしまったような気がします。 まずは、完全に不幸の象徴として常に悲しい顔をしている井浦新さん演じる崇徳上皇ですが、守る武将に逃げるようにいい、自分はこれまでのうまくいかない世の中に涙を流します。同様に藤原頼長も父親を頼って逃げるのですが、門に入れてくれずにその前で舌を切って自害することになります。最後の清盛紀行によると、最期を遂げたのは興福寺であ... ...続きを見る
あしたまにあーな
2012/06/03 21:28
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男22清盛は忠正の刑の軽減を求めるも信西は崇徳上皇流罪!為義、忠正ら...
大河ドラマ「平清盛」第22話は保元の乱で崇徳上皇派は敗れてそれぞれ敗走するも、頼長は矢で負傷を負い、父忠実を頼るも面会を断られ絶望し自ら舌をかんで自害した。一方為義、 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2012/06/03 21:37
次なる試練 〜平清盛・勝利の代償感想〜
保元の乱の後、頼長は逃走中に矢にあたって致命傷を負う。 そして父の忠実に会おうとするが、保身を図った忠実は会おうとせず、失意のうちに亡くなる。 このドラマでは絶望した頼長が舌を噛み切ったというこ... ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2012/06/03 21:45
NHK大河ドラマ『平清盛』第22回「勝利の代償」
戦の後の悲劇をきれい事じゃなく、こんなに悲惨に描くなんて。 ちゃんとしてるなぁと驚いちゃいました。 ...続きを見る
よくばりアンテナ
2012/06/03 21:48
【平清盛】第22回
保元の乱がついに終結。負傷した頼長(山本耕史)、山に逃れた崇徳上皇(井浦新)に悲劇が…。 さらに敗走中に捕らえられた忠正(豊原功補)と為義(小日向文世)に、信西(阿部サダヲ) から下された信じ... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/06/03 21:48
平清盛 第22回 勝利の代償
『勝利の代償』 ...続きを見る
レベル999のgoo部屋
2012/06/03 21:54
「平清盛」 第22回、勝利の代償
大河ドラマ「平清盛」。第22回、勝利の代償。 ふむ・・・戦い、その後ってとこ。 盛り上がりとかはなく、次回への合間の回かな。 ...続きを見る
センゴク雑記
2012/06/03 22:25
大河ドラマ「平清盛」 第22話 あらすじ...
戦の後の・・・新しい世の始まり----------。大きな転機となった前回の「保元の乱」それでも視聴率が振るわなかったのは、バレーのオリンピックがかかっていたということでしかたなか... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2012/06/03 22:45
『平清盛』 第22回「勝利の代償」
JUGEMテーマ:大河ドラマ保元の乱は、帝方の勝利でおわりました。しかし、これからの戦後処理こそ問題。清盛は叔父の忠正と、義朝は父の為義はじめ、兄弟たちとも戦ったわけです。その忠正は、伊藤忠清の配下に捕らえられました。いっぽう、源氏の館には、尾張で捕らえられた為義が連行されて来ます。必死に逃げまどう頼長は、流れ矢に当たりました。首から流れる血に、恐怖の表情も凍りつきます。その負傷のまま、宇治の父・忠実の館にいき、開門を願うも・・・。後難をおそれる忠実は、かたく門を閉ざしたまま、わが子にも会おうと... ...続きを見る
ふるゆきホビー館
2012/06/04 00:10
「平清盛」第22話。
「平清盛」第22話を見ました。「保元の乱」のその後の話です、が…頼長様ー!! ...続きを見る
Flour of Life
2012/06/04 00:16
平清盛 第22回「勝利の代償」〜頼長(山本耕史)の「台記」と白いオウム「チチウエ」
『平清盛』第22回「勝利の代償」 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2012/06/04 14:39
オマーン戦の代償
播磨(兵庫県)キタ━━(゜∀゜)━━ッ!!いよいよ、井戸敏三兵庫県知事が待ち望んだ清盛が播磨守に任じられた第22回の平清盛勝利の代償しかし、視聴率は関東地区は11・0%で名... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2012/06/04 21:51
オマーン戦の代償
播磨 (兵庫県) キタ━━(゜∀゜)━━ッ!!いよいよ、井戸敏三兵庫県知事が待ち ...続きを見る
虎団Jr. 虎ックバック専用機
2012/06/04 21:51
平清盛 第22回
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/松田翔太/山本耕史/西島隆弘/田中麗奈/武井咲/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/中村梅雀/井浦新/上川隆也/國村隼 第22回 「勝利の代償」 % 保元... ...続きを見る
to Heart
2012/06/05 00:15
平清盛 第22回 「勝利の代償」
最初に矢が刺さったところで頼長退場だったらどうしようかと!笑 捨てキャラに非ず、ちゃんとせつない感じで父子お別れでしたね。 頼長が頼ってきた時には知らんぷりの忠実でしたが、分身が飛んできて... ...続きを見る
青いblog
2012/06/05 15:25
平清盛【第22回】NHK大河ドラマ
勝利の代償  ...続きを見る
だらだらぐーたらぐだぐだ日記
2012/06/05 18:38
『平清盛』 第22話「勝利の代償」
 戦の終末、そして、それぞれの思惑、悲しみ、絆、愛などが盛りだくさんだった。しかも、それらが単なる羅列ではなく深いものだったので、見ごたえがあった。 ...続きを見る
英の放電日記
2012/06/05 18:43
平清盛、義朝は大出世したのです!!
?宇治か近江国に退いて東国からの援軍を待つ。 ?崇徳上皇を奉じて東国に下り東国武士を招集する。 ?先手を打って皇居に夜討ちをかける。 為義が献じた三つの策がことごとく拒否されます 京都育ちのお坊ちゃま・頼長には京都から離れて戦う気などなかったの でしょう... ...続きを見る
函館 Glass Life
2012/06/07 17:54
「平清盛」♯22
モノノケじゃなくて平清盛であることを見届けて欲しかったのにー! 日曜20時、NHK大河ドラマ「平清盛」ね。 →やっと見ました「平清盛」→続いて「平清盛」♯2→その次「平清盛」♯3→次の次「平清盛」♯4 →... ...続きを見る
続・主婦るーのTVあれこれ
2012/06/10 21:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制です。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 大河ドラマ「平清盛」第22話 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる