大河ドラマ「平清盛」第31話

第三十一回「伊豆の流人」 視聴率7.8%  


遂に、二桁切ってしまったかー。
まあ、オリンピック真っ盛りではあるんだが。



あらすじ(公式サイト)

1164年、伊豆・蛭ケ小島。そこに18歳に成長した源義朝の子・
頼朝(岡田将生)がいた。
5年前、清盛(松山ケンイチ)によって流罪となった頼朝はここに
流され、家人の藤九郎(塚本高史)とともに暮らしていた。

一方、清盛は、後白河上皇(松田翔太)と対立する二条天皇
(冨浦智嗣)
の親政のもと、朝廷での力をのばし、港湾の整備、
瀬戸内海の開削などに乗り出そうとしていた。
清盛は二条天皇に取り入りつつ、後白河上皇にも蓮華王院
(三十三間堂)を献上するなど、朝廷内でうまくたちまわっていた。

長男・重盛(窪田正孝)はそんな父のやりかたに納得がいかず、
二条天皇に後白河上皇との和解を進めるが、かえって仲を
こじらせてしまい、清盛の怒りをかう。

そんな中、突然の病の床についた二条天皇は、後白河帝の
院政を阻止するため、わが子、順仁(六条帝)に譲位し、清盛に
後見をゆだねて崩御する。わずか2歳の六条天皇の誕生は、
朝廷内のパワーバランスを大きく変えていくことになる・・・・・。 


よりによって、パワーバランスって。(^^;



日宋貿易を盛んにするため、清盛は、
播磨に唐船を迎える港を作ると言い出す。

狭くて通れない瀬戸内海は、掘ればいい!とまで。


それが実現すれば、貿易によって国が潤うが、
行うには、朝廷の許しが必要。

しかし、おいそれと許してもらえるはずもなく。



その頃、二条帝に、跡継ぎが誕生。
清盛は、その二条帝に取り入りつつも、

後白河院の望む、三十三間堂を献上するなど、
朝廷内で巧く立ち回っていた。


そんな父のやり方を、長男の重盛は、不満に思いつつ、

二条帝に向かって、父である後白河院と、
もうちょっと仲良くされてはいかが?などと言い、

「あんなヤツ、我が父じゃないやい!」と怒りを買ってしまう。



そんな二条帝だが、まだ若いのに、病で床に伏せ。

自分が死んだら、後白河院の院政になってしまう、
と恐れ、まだ2歳の我が子に、譲位する。


そうして、あっけなく、ポックリいく二条帝。


すると、呼ばれてもいないのに、後白河院が現われ、

明雲(腹筋善之介)ら坊主1000人を招きいれ、
祈祷騒ぎを起こす。


その乱痴気騒ぎを、清盛は一喝し。

「相も変わらず、赤子が如き御方にござりますな。
お若き日と同じく、自分はここにいると、
腹をすかせて泣いておると、
母を求めてわめき散らしておられる」
  

父の暴言に、重盛も青くなって止めようとするも、
清盛は平然と続け。

「帝が親などおらぬと仰ったのも道理。
貴方様は、手のかかる厄介な赤子にござりました。
赤子にこの国を託すわけにはゆかぬ。
それが、亡き帝の悲痛な思いであったと心得ます」
  

ずっと後ろを向いていた後白河院が振り返ると、

「この平清盛、全身全霊をもって、
亡き帝の御志をお守り致す所存。
お引取り下さりませ」
  

そう言って頭を下げ、道を開けると、

「輿を、輿を持て」と輿に乗り込もうとした後白河院は、
直前、動きを止めて、

「読めたぞ。
そなた、朝廷を思うがままに操るつもりであろう?
危ない危ない、騙されるところであった」
  

ほくそ笑み、高笑いを残して、去っていく。




そうやって、後白河院に対しても、
一歩も譲らぬ父の態度を見た重盛は、

「私は決めたぞ。
修羅の道を進む父上を、影に日向にお支えする。
私も見てみとうなった。
父上がああまでして作りたい国というものを」
 

「殿には茨の道となりましょう」と妻に言われて、 

「覚悟の上じゃ」と決意する。 




その一件を収めた功績を認められた清盛は、
遂に、大納言に! 


そこへ、母危篤の報せが。

「ああ。なんと満ち足りた一生よ。
斯様に大勢の子や孫に囲まれて。
清盛、後はお頼み申しましたぞ。
断じて、絶やしてはならぬ」
 

池禅尼、死去。






て、都の方しか書いてないな。

えーと。タイトルにもなった伊豆に流罪となった頼朝は、
日がな写経をして過ごしておりましたとさ。

↑それだけ?(^^;

あー、それと、頼朝が、ナレーションの人になりました。


てことにしとこう。(何)


キャスト

平清盛…松山ケンイチ

平重盛(清盛の長男)…窪田正孝
平宗盛(清盛の三男)…石黒英雄
平知盛(清盛の四男)…小柳友
平頼盛(清盛の義弟)…西島隆弘
池禅尼(宗子、清盛の義母)…和久井映見

経子(藤原成親の妹で重盛の妻)…高橋愛
時子(清盛の後妻)…深田恭子
滋子…成海璃子

兎丸…加藤浩次
平盛国…上川隆也

源頼朝(語り)…岡田将生
藤九郎(頼朝の家人)…塚本高史

藤原成親(上皇の近臣)…吉沢悠

二条天皇…冨浦智嗣
後白河上皇…松田翔太
  

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。



過去記事⇒
第一回「ふたりの父」 第二回「無頼の高平太」 第三回「源平の御曹司」 
第四回「殿上の闇討ち」 第五回「海賊討伐」 第六回「西海の海賊王」
第七回「光らない君」 第八回「宋銭と内大臣」 第九回「ふたりのはみだし者」
第十回「義清散る」 第十一回「もののけの涙」 第十二回「宿命の再会」
第十三回「祇園闘乱事件」 第十四回「家盛決起」 第十五回「嵐の中の一門」
第十六回「さらば父上」 第十七回「平氏の棟梁」 第十八回「誕生、後白河帝」
第十九回「鳥羽院の遺言」 第二十回「前夜の決断」 第二十一回「保元の乱」
第二十二回「勝利の代償」 第二十三回「叔父を斬る」 
第二十四回「清盛の大一番」 第二十五回「見果てぬ夢」 
第二十六回「平治の乱」 第二十七回「宿命の対決」 
第二十八回「友の子、友の妻」 第二十九話「滋子の婚礼」 
第三十回「平家納経」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「平清盛」第31回

    Excerpt: 清盛、大納言に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208050004/ 平 清盛 後.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2012-08-05 20:38
  • 平清盛 第31回 「伊豆の流人」

    Excerpt: フハハハハハって!!!!!!!!!!!笑 暴走族みたいだったな~~、最後の乱入… 毎度終わり頃に盛り上げてくれる。 後白河上皇、結婚して大人になったのかとおもいきや、これっぽっちも立ち直っ.. Weblog: 青いblog racked: 2012-08-05 20:41
  • 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男31清盛は崩御した二条天皇の遺言を受け継ぎ朝廷で大きく権力を握り出すも後白河上皇との対立は強くなった

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」第31話は伊豆に流された頼朝は幽閉生活から5年の月日を経ていた。この時の頼朝は清盛の政治を遠くから眺めている事しかできなかった。一方清盛は朝廷の中で ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2012-08-05 20:50
  • 平氏と源氏 ~平清盛・伊豆の流人感想~

    Excerpt: 平氏が清盛とその嫡流を中心にとんとん拍子に出世していく。 表向きは華やかだけど、頼盛のように不満を持つ人間もいるようで・・・。 やはり清盛が本当の平家の血をひいてないからいけなかったのか。 .. Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2012-08-05 20:57
  • 平清盛 第31回 伊豆の流人

    Excerpt: 『伊豆の流人』 内容 伊豆・蛭ケ小島に流罪となって、5年。 青年となった頼朝(岡田将生)は、藤九郎(塚本高史)とともに暮らしていた。 かの義朝の子どころか、武人とは思えぬ面相を持って。。。。。 .. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2012-08-05 21:05
  • 大河ドラマ「平清盛」 第31話 あらすじ...

    Excerpt: 第3部開幕--------!!ついに源氏側の成長も見られるこの3部がやってきました!!平治の乱から5年。成長した頼朝は流罪となった伊豆にて写経の毎日。藤九郎という側近と共につつま... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2012-08-05 21:23
  • 大河ドラマ「平清盛」 第31話 あらすじ感想「伊豆の流人」

    Excerpt: 第3部開幕--------!! ついに源氏側の成長も見られるこの3部がやってきました!! 平治の乱から5年。 成長した頼朝は流罪となった伊豆にて写経の毎日。 藤九郎という側近と共につつ.. Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ racked: 2012-08-05 21:23
  • 【平清盛】第31回

    Excerpt: 1164年、伊豆・蛭ケ小島。そこに18歳に成長した源義朝の子・頼朝(岡田将生)がいた。 5年前、清盛(松山ケンイチ)によって流罪となった頼朝はここに流され、家人の藤九郎 (塚本高史)とともに暮.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2012-08-05 21:45
  • 平清盛 第31回「伊豆の流人」★松田翔太「危ない、危ない、だまされるところだった」

    Excerpt: 『平清盛』第31回「伊豆の流人」 華々しく第三部が開幕・・・というのは嘘で~す。 あまり華々しくありません。 二条天皇の葬儀に後白河上皇(松田翔太)が悪僧集団を引き連れて乱入し、平清盛(.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2012-08-05 21:52
  • NHK大河ドラマ『平清盛』第31回「伊豆の流人」

    Excerpt: オリンピックが見どころ満載でも、 平清盛はやっぱりはずせません。 いよいよ、岡田将生くんの頼朝登場ですね。 伊豆に流され、写経などしながらひっそりと暮らす頼朝。 監視役の豪族・伊東祐親が京.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2012-08-05 22:01
  • 「平清盛」 第31回、伊豆の流人

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」。第31回、伊豆の流人。 ドラマは第三部へ。 今回も非常にいい内容でした。 まあ、題名が例によって合ってないのはともかく 今回のポイントは、怖い人としての清盛と後白河との対.. Weblog: センゴク雑記 racked: 2012-08-05 22:52
  • 『平清盛』 第31回「伊豆の流人」

    Excerpt: JUGEMテーマ:大河ドラマ長寛二年(1164年)、伊豆の蛭ヶ小島に流されていた頼朝は、静かに蟄居していました。監視役の豪族で、伊豆に勢力をもつ伊東祐親は、この流人を厄介者あつかいしています。しかし、.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2012-08-05 23:39
  • 平清盛 第31回「伊豆の流人」

    Excerpt: 今回は、題名の上からも頼朝に注目されまくりの内容になるかと思いきや、平氏の様子、朝廷の様子も含めてバランスいい配分であったような気がします。ただし、前回からの前振り的な要素があまりないため、今回の内容.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2012-08-06 00:05
  • 平清盛、絶やしてはならぬものとは??

    Excerpt: 白河法王と崇徳上皇の争い、親子の溝を埋める為に躍起になっていた清盛、 その子・重盛も後白河上皇と二条天皇の争いを止めるのに必死になっている ようですが、人も違えば時代も違うのです。 若き重盛には.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2012-08-09 11:40
  • 平清盛13 

    Excerpt: 第31回 2012.8.5放送予定 「伊豆の流人」 1164年、伊豆・蛭ケ小島。そこに18歳に成長した源義朝の子・頼朝(岡田将生)がいた。5年前、清盛(松山ケンイチ)によって流罪となった頼朝はこ.. Weblog: Nothing's gonna change my love for you racked: 2012-08-11 11:27
  • 「平清盛」♯31

    Excerpt: 頼朝はくすぶっています。。。 日曜20時、NHK大河ドラマ「平清盛」ね。 →やっと見ました「平清盛」→続いて「平清盛」♯2→その次「平清盛」♯3→次の次「平清盛」♯4 →やっと「平清盛」♯5→よ.. Weblog: 続・主婦るーのTVあれこれ racked: 2012-09-02 10:41