またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ「平清盛」第37話 

<<   作成日時 : 2012/09/23 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 0

第三十七回「殿下乗合事件」 視聴率10.5%  


あらすじ(公式サイト)

1170年、清盛(松山ケンイチ)は日宋貿易を本格化させる
ため、後白河法皇(松田翔太)を福原に招き宋の使者と
面会させる。
法皇が京を抜け出し、外国人と直接会うなど前代未聞と、
貴族たちは恐れおののく。

そんな中、摂政・藤原基房(細川茂樹)重盛(窪田正孝) 
の子たちが侮辱されるという事件が起こる。重盛は摂政の
顔を立て、問題を穏便に解決しようとするが、平家一門の
怒りはおさまらない。
そのことを知った清盛は何も語らないものの、意を察した
時忠(森田剛)は、郎党たちを使い基房の御輿を襲う。 



清盛は、福原を拠点とした日宋貿易を行うため、

宋へのプレゼントに、金を贈るべく、

奥州藤原の藤原秀衡(京本政樹)を取り立ててやり、
その財力を使って、宋へ貢物を贈る。



次に、国の一番偉い人、つまり、後白河法皇との面会という形で、
宋の使者を招こうとする。


「何か私に仕事くれませんか、義兄どの」と、
役職を解かれて暇をしていた時忠が、一計があると言い。


宋から仕入れた、珍しい赤い鳥の羽を法皇に見せびらかすと、

珍しいものに目がない法皇は、

「そんな珍しいもの見れるなら、行ってもいいよ」と快諾し、
福原へ。


流暢に通訳してみせる清盛も大したもんだけど。


孔雀の羽を献上された法皇は、ご満悦w



そんな前代未聞の出来事に、あたふたするのは、貴族連中。



そんな中、摂関家の藤原基房が乗る輿と、

重盛の子が乗る輿とが、橋の上で鉢合わせし。

本来、向こうの方がお偉いのだから、重盛の子が、
輿を降りて、「お先へどうぞ」と道を譲るのが筋なのに。

「わしは、平家の頭領の息子じゃ」と我を張るもんだから、

輿から引きずり出されるという仕打ちを受け。


基房は、すぐに、乱暴をした者らを処分し、
これで許してね?と言い。

重盛は、向こうが筋を通したのだから、
わざわざ事を荒立てる必要なし、と不問に。



だが、「それじゃ、平家の面子丸つぶれですぜ?」
と黙っていないのが、平家の者ら。

当の息子も、
「何で父上、僕の代わりに怒ってくれないの?」
と不満そう。



その話を聞いた清盛は、

「わしがいない都の憂いを、失くしてくれ」と時忠に言い。


「義兄どの、皆まで言うな」と暗黙の了解とばかりに、

覆面の者らを使って、基房の輿を襲撃。

まさかそんな報復を受けると思わなかった基房らは、

「ごめんなさいーーー!
もうしないから許してー!」と怯え。



後でそれを知った重盛は、襲撃現場へ行き、

そこに、時忠の一派が揃って身につけている、
赤い鳥の羽が散乱しているのに気付き。

誰の仕業で、誰の差し金かを悟る。


しかし、六波羅へ帰れば、
それまで重盛に不満タラタラだった者達が、

「してやったりですな!」
「さすがは、兄上!」

と、口々に重盛を褒めちぎり。


息子も、「ありがとう父上!」と笑顔でお礼を。




偉大な父のようになりたいと、勤勉な重盛だけど、

思うように部下はついてきてくれず、
隠居したはずの父が密かに助力して。


社長(頭領)は、俺なのに!と、
妻の胸でさめざめ泣く重盛くん。



可哀相。(−−;



そして次回は。

「平家にあらずんば人にあらず」という、
有名すぎるあのセリフを、時忠が吐くそーで。


キャスト

平清盛…松山ケンイチ

平重盛(清盛の長男)…窪田正孝
平宗盛(清盛の三男)…石黒英樹
平知盛(清盛の四男)…小柳友
平頼盛(清盛の義弟)…西島隆弘

経子(藤原成親の妹で重盛の妻)…高橋愛
時子(清盛の後妻)…深田恭子
平時忠(時子の弟)…森田剛

兎丸…加藤浩次
平盛国…上川隆也

源頼朝(語り)…岡田将生
政子…杏
北条時政…遠藤憲一

藤原成親(上皇の近臣)…吉沢悠
西光(上皇の近臣)…加藤虎ノ介

藤原基房…細川茂樹
藤原兼実…相島一之

後白河法皇…松田翔太
  

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。



過去記事⇒
第一回「ふたりの父」  第二回「無頼の高平太」 
第三回「源平の御曹司」  第四回「殿上の闇討ち」 
第五回「海賊討伐」  第六回「西海の海賊王」
第七回「光らない君」  第八回「宋銭と内大臣」 
第九回「ふたりのはみだし者」  第十回「義清散る」 
第十一回「もののけの涙」  第十二回「宿命の再会」
第十三回「祇園闘乱事件」  第十四回「家盛決起」 
第十五回「嵐の中の一門」  第十六回「さらば父上」 
第十七回「平氏の棟梁」  第十八回「誕生、後白河帝」 
第十九回「鳥羽院の遺言」  第二十回「前夜の決断」 
第二十一回「保元の乱」  第二十二回「勝利の代償」 
第二十三回「叔父を斬る」  第二十四回「清盛の大一番」 
第二十五回「見果てぬ夢」  第二十六回「平治の乱」 
第二十七回「宿命の対決」  第二十八回「友の子、友の妻」 
第二十九話「滋子の婚礼」  第三十回「平家納経」 
第三十一回「伊豆の流人」  第三十二回「百日の太政大臣」 
第三十三回「清盛、五十の宴」  第三十四回「白河院の伝言」
第三十五回「わが都、福原」  第三十六回「巨人の影」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「平清盛」第37回
父上には、なれない… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2012/09/23 20:39
平清盛 第37回 殿下乗合事件
『殿下乗合事件』 ...続きを見る
レベル999のgoo部屋
2012/09/23 20:43
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男37清盛は後白河法皇に宋の使者と対面を実現させ基房の報復に対して報...
大河ドラマ「平清盛」第37話は清盛が宋との貿易を本格化させるために後白河法皇を福原に招き宋の使者と面会させる事にした。後白河法皇の説得には時忠があたり珍しい物好きの後 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2012/09/23 20:48
平清盛 第37回 「殿下乗合事件」
平家が力を増して面白くない基房。 女車に乗った重盛の子・資盛が基房から屈辱的な目にあう。 しかし重盛は武力でやり返そうとしない。 それを力でやり返してしまうのが清盛に命じられた時忠。 そ... ...続きを見る
青いblog
2012/09/23 20:56
【平清盛】第37回
1170年、清盛(松山ケンイチ)は後白河法皇(松田翔太)を福原に呼び、宋人と会わせる。 治天の君が京を離れ、外国人と会うという前代未聞の行いに、貴族たちは驚がくする。 そんな折、重盛(窪田正孝)の... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/09/23 21:18
NHK大河ドラマ『平清盛』第37回「殿下乗合事件」
今回の話、面白かったなぁ。 ...続きを見る
よくばりアンテナ
2012/09/23 21:33
『平清盛』 第37回「殿下乗合事件」
JUGEMテーマ:大河ドラマ清盛は、しだいに日宋貿易を本格化させます。このため、後白河法皇を福原に招き宋の使者と面会してもらうことに。法皇が京を抜け出して外国人と直接会うなど前代未聞と、貴族たちは恐れおののくばかり。そんな中、摂政・藤原基房に重盛の子たちが侮辱されるという事件が。牛車の行列が行き会い、資盛の側が基房の家来たちに乱暴されたのです。重盛は摂政の顔を立て、問題を穏便に解決しようとするものの、平家一門の怒りはおさまらず。わが子のことなので、時子さえ怒りを露にしています。そのことを知った清... ...続きを見る
ふるゆきホビー館
2012/09/23 21:39
貴族のねたみ 〜平清盛・殿下乗合事件感想〜
日宋の貿易を本格的に行おうとする清盛。 それには金が必要と考え、金の多い奥州の藤原秀衝を鎮守府将軍に懐柔したりと、やることやってる。 続いて時忠に頼んで後白河法皇を懐柔。 時忠は弁が立つからねえ... ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2012/09/23 21:52
平清盛 第37回「殿下乗合事件」
今回のMVPはなんといっても摂政である基房でしょう。久しぶりに見た悪者役であり、演じている細川茂樹もものすごく悪い奴オーラを表情等から出しまくって好演しているといえます。あまり厳しく言えるはずがないという重盛に対して、「これを機に平氏をつぶしてしまえ」と公言する基房は、その背後にいる清盛の存在を完全に忘れていたのかもしれません。結果として誰の命令か分かりませんが、ぼこぼこにされてからは、怖じ気づいてしまうことになります。 これが事件と言えるのかどうかはよく分かりませんが、この出来事によってダメー... ...続きを見る
あしたまにあーな
2012/09/23 22:10
大河ドラマ「平清盛」 第37話 あらすじ...
宋との貿易のため、福原で着々と地盤を作り上げる清盛。周新との再会。これからは博多ではなく、この福原で取引がしたいという清盛は、宋の者との繋ぎ役に彼を任命。最初は渋る周新... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2012/09/23 22:17
大河ドラマ「平清盛」 第37話 あらすじ感想「殿下乗合事件」
宋との貿易のため、福原で着々と地盤を作り上げる清盛。 ...続きを見る
★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
2012/09/23 22:17
「平清盛」 第37回、殿下乗合事件
大河ドラマ「平清盛」。第37回、殿下乗合事件。 清盛は福原で日宋貿易の話を進める。 一方、京では事件が発生。 何か今回もすっきりしない話・・・ ...続きを見る
センゴク雑記
2012/09/23 22:41
「平清盛」第37話。
「平清盛」37話を見ました。世代交代って難しいね〜の巻。 ...続きを見る
Flour of Life
2012/09/24 00:10
【平清盛】第37回視聴率と感想「殿下乗合事...
【第36回の視聴率は、9/24(月)追加予定】「殿下乗合事件」奥州の藤原秀衡役の京本政樹さん、化粧、ちょっと濃すぎでは?(^^;)まるで宝塚みたいでした(^^;)平家の皆さん、... ...続きを見る
ショコラの日記帳
2012/09/24 09:02
平清盛 第37回「殿下乗合事件」★基房(細川茂樹)「お許しを〜〜」
『平清盛』第37回「殿下乗合事件」 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2012/09/24 11:51
平清盛、主犯は重盛!!
殿下乗合事件(でんかのりあいじけん) 後の人がこう名付けたのでしょうが、何とも安直な呼び名です。 殿下とは摂政・藤原基房のことですね。 乗合とは一般的には不特定多数の人が同乗する事ですが、貴人 と出会った時に降りずに乗ったままでいる事も乗合と言うそうです... ...続きを見る
函館 Glass Life
2012/09/25 11:20
「平清盛」♯37
正し過ぎるのは間違ってるのと一緒って。。。 日曜20時、NHK大河ドラマ「平清盛」ね。 →やっと見ました「平清盛」→続いて「平清盛」♯2→その次「平清盛」♯3→次の次「平清盛」♯4 →やっと「平清盛」♯5→... ...続きを見る
続・主婦るーのTVあれこれ
2012/10/03 10:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制です。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 大河ドラマ「平清盛」第37話  またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる