大河ドラマ「平清盛」第39話 

第三十九回「兎丸無念」 視聴率9.7%  


あらすじ(公式サイト)

京では、平家の密偵・禿(かむろ)の振る舞いに、人々は
恐れをなしていた。
五条大橋で禿退治をしていた弁慶(青木崇高)は、遮那王
(のちの義経:神木隆之介)
と運命的な出会いを果たす。

そのころ、福原では大輪田泊の工事が大詰めを迎えていた。
清盛(松山ケンイチ)は宋と正式な国交を結ぼうとするが、
朝廷は猛反対。後白河法皇(松田翔太)だけが理解を示す。

宋からの手紙で外交使節が三か月後に来日することを知り、
清盛は工事を急ぐように命じる。
だが事故で多くのけが人が出ると、兎丸(加藤浩次)は志を
忘れ、自らの利を追求しているだけだと清盛を責める。清盛
と決裂をし、一人で酒を飲む兎丸の前に、時忠(森田剛)
放った禿が現れる。 



五条大橋の上で、赤い衣を羽織った遮那王を、
禿の一人と思い込んだ弁慶は、有無を言わさず襲い掛かるも、

彼らの周りを、本物の禿が囲み、二人の対決は一時中断。


その後、遮那王が母の名が常盤だと告げ、

弁慶は、彼が牛若丸だと分かるや、
「大きくなったな」と喜ぶ。





一方、大和田の泊の普請(工事)を進める福原で、
万灯会が行われ、

それに呼ばれた西行が、歌を詠む。

消えぬべき 法の光の 灯火の 
かかぐる和田の 泊なりけり
 

そして、
「入道様は、どこか生き急いでおられる」と心配する。



そんな折、清盛の元に、宋の国司から、贈り物が届く。

国司と言えども、趙伯圭は、宋国の皇帝の兄で、
いわば、宋の国に認められたようなもの、と清盛。

「知らしめてやる。
この国の頂に居るのが、この清盛であることを」
 



国司を迎えるべく、清盛は普請を急がせるも、
無理が祟って、怪我人が続出し、

兎丸は、先延ばしにすべき、と清盛に告げ、

怪我人の一人が、自分が人柱になると申し出るのだが。

「今こそ、長年我らを見下してきた、
王家と朝廷を見返す絶好の機会。
瑣末なことでこの機会を逃すわけにはいかん!」
 

と言い放つ清盛に、その場のみんなが絶句する。


「俺は、きっと悪をひっくり返すと思って、
お前についてきた。
けど、お前のやってることは、悪や。
悪と悪がひっくり返っても、
また悪がてっぺんに上るだけや!」
  

と兎丸は大激怒で、家来達を連れて、清盛と決別する。


「お前の国造りは、盗賊が物盗むんと同じや!」 

と最後に言い捨てて。




清盛と離反した兎丸が、一人になった時、赤い装束の禿が。

橋の上で、禿の集団に囲まれた兎丸は、メッタ刺しに。


翌日、その無残な亡骸を見つけた清盛は、駆け寄り、
ひしと抱きしめる。



自分が、その存在を容認したものに、
自分の大事なものを奪われた、清盛。


兎丸を、平家一門で丁重に葬れ、と命じる清盛。

「時忠、禿は、始末せよ」と、遅い命令を告げる。




福原に戻り、傷心の清盛に、盛国は、

「全ては、殿が邁進するために起こったこと。
どれだけ欲しても、兎丸は戻りませぬ。
それでも、進みまするか? この修羅の道を。

殿の心の中にだけある国に向かって、
進み続ける覚悟が、お有りにございますか?

ならば、盛国も共に、命の限り食らいつき、共に、
この修羅の道を、共に参りまする」
と告げ。




清盛は、石にお経を書いていると、
兎丸の家来達が取り囲み、仇を討とうとするも、 

経文を書いた石を沈めると答える清盛。

「兎丸の志こそが、新しき泊の礎じゃ」

その言葉に、むせび泣く家来衆。




そうして清盛たちは、経石を沈め、
一年後に泊を完成させ、宋の国司を迎え入れた。








「逃亡中」を見ながらだと、全然書くのが進まねぇ。(^^;




冒頭の五条大橋のくだり、結構がっつりやるもんだから、

これは「義経」か?と思っちまったい。



奢れる平家久しからず。

その落とし穴が、兎丸の死となって現われました。


先ばっか見てっと、目の前の大事なもんを見失う。

そして、失ってから、その大事なものに気付く。


それでも、清盛は父から受け継いだ夢を叶えるため、

足を止めようとせず。



最後に、清盛は、本当に望んだものを、
手に入れることができるんでしょうかね~?




くそう。
文章がまとまらないまま終わる。(--;


キャスト

平清盛…松山ケンイチ

平重盛(清盛の長男)…窪田正孝
平宗盛(清盛の三男)…石黒英樹
平知盛(清盛の四男)…小柳友
平頼盛(清盛の義弟)…西島隆弘

時子(清盛の後妻)…深田恭子
平時忠(時子の弟)…森田剛

兎丸…加藤浩次
平盛国…上川隆也

西行…藤木直人

遮那王(後の義経)…神木隆之介
弁慶…青木崇高

源頼朝(語り)…岡田将生
政子…杏
北条時政…遠藤憲一

藤原成親(上皇の近臣)…吉沢悠
西光(上皇の近臣)…加藤虎ノ介

藤原基房…細川茂樹
藤原兼実…相島一之

後白河法皇…松田翔太
  

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。



過去記事⇒
第一回「ふたりの父」  第二回「無頼の高平太」 
第三回「源平の御曹司」  第四回「殿上の闇討ち」 
第五回「海賊討伐」  第六回「西海の海賊王」
第七回「光らない君」  第八回「宋銭と内大臣」 
第九回「ふたりのはみだし者」  第十回「義清散る」 
第十一回「もののけの涙」  第十二回「宿命の再会」
第十三回「祇園闘乱事件」  第十四回「家盛決起」 
第十五回「嵐の中の一門」  第十六回「さらば父上」 
第十七回「平氏の棟梁」  第十八回「誕生、後白河帝」 
第十九回「鳥羽院の遺言」  第二十回「前夜の決断」 
第二十一回「保元の乱」  第二十二回「勝利の代償」 
第二十三回「叔父を斬る」  第二十四回「清盛の大一番」 
第二十五回「見果てぬ夢」  第二十六回「平治の乱」 
第二十七回「宿命の対決」  第二十八回「友の子、友の妻」 
第二十九話「滋子の婚礼」  第三十回「平家納経」 
第三十一回「伊豆の流人」  第三十二回「百日の太政大臣」 
第三十三回「清盛、五十の宴」  第三十四回「白河院の伝言」
第三十五回「わが都、福原」  第三十六回「巨人の影」
第三十七回「殿下乗合事件」 第三十八回「平家にあらずんば人にあらず」 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック

  • 【平清盛】第39回

    Excerpt: 義経(神木隆之介)は、ついに五条大橋で弁慶(青木崇高)と会い、宿命の対決をする。 一方、福原では清盛(松山ケンイチ)が、大輪田泊の工期を巡って兎丸(加藤浩次)と対立。 決裂が避けられない状況に.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2012-10-07 21:34
  • 平清盛 第39回 「兎丸無念」

    Excerpt: 弁慶と牛若丸のところ、『るろうに剣心』のようなワイヤーアクション入れたら良いのに。 青木さんが弁慶やってたから余計そう思いました。 どうも本作はアクションが弱いような… 禿.. Weblog: 青いblog racked: 2012-10-07 21:50
  • 大河ドラマ「平清盛」 第39話 あらすじ...

    Excerpt: 兎丸の志----------。3部前半のクライマックスという今回。序盤からずっと清盛の傍で片腕となり一緒にやってきた兎丸。いい話だったなぁ。今回は時計を一回も見ないで集中して見てしま... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2012-10-07 22:22
  • 大河ドラマ「平清盛」 第39話 あらすじ感想「兎丸無念」

    Excerpt: 兎丸の志----------。 3部前半のクライマックスという今回。 序盤からずっと清盛の傍で片腕となり一緒にやってきた兎丸。 いい話だったなぁ。 今回は時計を一回も見ないで集中して見.. Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ racked: 2012-10-07 22:22
  • 『平清盛』 第39回「兎丸無念」

    Excerpt: JUGEMテーマ:大河ドラマ五条大橋で禿退治をしていた弁慶は、遮那王と運命的な出会いを果たします。ただし、おごる平家を懲らしめる意図の弁慶は、赤い布をかぶる遮那王を、かむろとカン違い。問答無用で勝負を.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2012-10-07 22:33
  • 「平清盛」 第39回、兎丸無念

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」。第39回、兎丸無念。 今回は大輪田泊の普請を任されている兎丸と、 京で反平家勢力を押さえつける禿の話。 まあ、今までの続きみたいなものですが。 Weblog: センゴク雑記 racked: 2012-10-07 22:48
  • NHK大河ドラマ『平清盛』第39話「兎丸無念」

    Excerpt: 京・五条大橋での弁慶と牛若丸のシーン すっごい良かったよね~~~!! 弁慶が赤い衣を羽織る遮那王(牛若丸)を禿と勘違いして、 戦いを挑むのですが、 本物の禿が登場して、激しい殺陣。 .. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2012-10-07 22:51
  • 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男39兎丸が清盛の無茶な要求に仲違いし禿によって始末され清盛は自らの行いに嘆くも前へ進むのだった

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」第39話は五条大橋で義経と弁慶が運命的な出会いは果たし、これにより義経と弁慶は行動を共にする。一方清盛は時忠に命じて平家に刃向う者たちは尽く断罪し ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2012-10-07 22:58
  • 大河ドラマ「平清盛」第39回

    Excerpt: 兎丸、死す… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210070003/ 平清盛 完全版 .. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2012-10-08 05:34
  • 平清盛 第39回 「兎丸無念」

    Excerpt: 「今こそ朝廷を見返す絶好の機会----!」 「民のためだったんとちゃうんかい! 目をさませ!」 宋の皇帝の名代が福原を訪れることとなり 工事を急がせた結果けが人が続出。 仲間を案じ 清盛に.. Weblog: shaberiba racked: 2012-10-08 23:25
  • 平清盛、清盛の心変わり!!

    Excerpt: 弾圧すればするほど抑圧が反抗心となり内に溢れてくるのです 表向き従っているように見えても実のところ… 清盛の子・徳子が高倉天皇の中宮となり後に安徳天皇が生まれ ますが、.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2012-10-09 10:58
  • 「平清盛」♯39

    Excerpt: 悲しい。。。でも赤が美しかった。。。 日曜20時、NHK大河ドラマ「平清盛」ね。 →やっと見ました「平清盛」→続いて「平清盛」♯2→その次「平清盛」♯3→次の次「平清盛」♯4 →やっと「平清盛」.. Weblog: 続・主婦るーのTVあれこれ racked: 2012-10-14 02:49