カムカムミニキーナ「ひーるべる」

カムカムミニキーナ2012年本公演「ひーるべる」を観て来ました~。

まだ、名古屋、奈良公演が残っていますが、
ネタバレ込みで書いてますのでご注意を。




蔵王(ざおう)=イザナギ
浪座(なみざ)=イザナミ
アマテル=アマテラス
ツクヨ=ツクヨミ
スオウ=スサノオ


から連想されるとおり、
『古事記』記載の日本神話をベースとした話ですね。

女の方から声をかけたために、
手足のない子、ヒルコが生まれ、
舟に乗せて流したというのも、神話の通り。


でも、まさか、前に愛した男との間に、別の子がいたとはな。


スオウの横暴に怒ったマアテルが閉じこもり、
世界が夜に閉ざされる天岩戸の下りもありつつ、

でも、そこに、鳴雉が絡んできて、
異父兄弟であるマアテルと子を成してしまうとは。


てまあ、神話の話に近親相姦は珍しくは無いけれど。


黒土も妹のベルと結婚したがってて、

なのに、妹との間に出来た子を、虐待するってヒドイ。



松村さんらしい、壮大なお話でした。
ほんと、いつも思うけど、スケールがデカイんだよな~。


神話モノが大好物な自分には、楽しくてしょうがない内容ですし。




そして、上演後のトークショーは、
夜の部とあってか、内容がアダルティ。

だからって、「行く」を深読みしすぎだから、ヤッシー!(^^;




作・演出:松村武

キャスト:

八嶋智人…黒土(くろんど)
松村武…蔵王(ざおう)・青鐘(あおかね)

藤田記子…浪座(なみざ)
中島栄治郎…ヒル
佐藤恭子…えびす・ダンプ
田端玲美…アガサ
長谷部洋子…ツクミ・海魔女(あまじょ) 
米田弥央…マアテル・海魔女(あまじょ) 
田原靖子…カネミ・海魔女(あまじょ) 
篠崎祐樹…リビア
亀岡孝洋…寧論(ねろん)
本尾裕介…松井
藍山彩…箕生(みのう)・海魔女(あまじょ)
中野大地…その他
正木航平…その他

ゲスト
若松力…鳴雉(なきめ)
金児憲史…スオウ
広澤草…ベル
 


過去記事⇒
「ダルマ」 (2008.8.7) 
「水際パン屋~WATER FRONT BAKERY~」 (2010.11.27)
「かみかぜパンチ」 (2011.11.19)



2012.11.17.大阪(ABCホール)にて観劇

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック