大河ドラマ「平清盛」第48話

第四十八回「幻の都」 視聴率10.4%  


あらすじ(公式サイト)

富士川の戦いで大敗した平清盛(松山ケンイチ)
平家はすでに武門ではないという忠清(藤本隆宏)
言葉は、清盛の心に強く刻まれる。
さらに高倉上皇(千葉雄大)が危篤となり、棟梁の宗盛
(石黒英雄)
は劣勢を挽回するため、都を京に戻すべきだ
と涙ながらに訴える。清盛は悩んだ末、夢の都・福原を
離れるという苦渋の決断をする。

一方、源頼朝(岡田将生)は東国を平定し、鎌倉で新たな
国づくりを始めていた。
ある日、頼朝は弁慶(青木崇高)から若き日の清盛を聞か
される。祇園闘乱事件で神輿に矢を放ち、武士の世の到来
を世間に印象づけた清盛。頼朝はその話を知り、今やその
志を受け継ぐのは自分の役目だと自覚する。

京で巻き返しをはかる清盛のもとに、知らせが届く。南都
(奈良)・興福寺を攻めた平家軍が、あやまって東大寺の
大仏を炎上させてしまった! 



忠清が清盛に告げた、

「平家はもはや武門にあらず、殿は武士にあらず」
という言葉が、清盛の心に重くのしかかる。


高倉上皇が危篤となり、朝廷内でも、
都を平安京に戻す=還都すべきとの声が上がり。

中には、亡き重盛が棟梁であった頃は、
清盛をもうちょっといさめてくれていたのになぁ。

今ほど清盛が暴走しておらなんだろうに、と揶揄する声も。


今になって、自分は非力な棟梁と自覚する宗盛は、

清盛に、還都致しましょう!と涙ながらに訴える。


うーん。
以前の、重盛の涙ながらの訴えは、
ものっそ胸に響いたけど、宗盛のは、ビミョーだなぁ。

何であれを見守る者までもらい泣きするかw

てか、もしも重盛が生きていたとしても、
清盛をいさめられたかどうか怪しいけどな。

父・清盛の独断に振り回されまくったからこそ、
重盛は苦渋の末に亡くなったのだし。


安徳帝の内裏が出来上がったものの、
清盛は、福原を捨て、還都することに同意する。



一方、平家側との戦に勝った頼朝は、
鎌倉に拠点を置き、武功を上げた者に、土地を与えた。

まあ、それも、与える土地があるうちしか使えない手だけどな。

元寇の時は、それが問題になるわけだし。


そんな中、頼朝は、改めて義経と兄弟で話を。

そこで、弁慶から、清盛の若い頃の話を聞き。

清盛や自分の父、義朝が目指していた、
「武士の世」の形が、見えたような気になる頼朝。




そして、奈良で戦をした平家軍が、誤って東大寺を焼き、
大仏までもが灰になるという事件が。

朝廷内も、平家一門も、揃って、何ということを!
と皆、青ざめる中、

当の総大将として指揮していた重衡は意気揚々と戻り、

寺が焼けたのは、相手が悪い。
敵を生け捕りにしてきましたぞ!と報告。


本来なら、こっぴどく叱り付けるのが筋なのだが。

何が悪くて何が良いのかすら判っていない若造に、

「ようやった」とねぎらいの言葉を投げかける清盛。





よりによって、東大寺の大仏はアカンやろ。

もう、平家は急勾配の坂道をゴロゴロと転がり
落ちていってるようにしか見えませんな。

それが、清盛自身も、ようやく自覚してきたようで。

でも、気づいたときにはもう、手遅れ、と。




次週は、衆議院選挙の開票と重なるので、
地上波での放送は、時間が繰り上がりますのでご注意を。

自分はBSで見てるから関係ないけど。


キャスト

平清盛…松山ケンイチ

平宗盛(清盛の三男)…石黒英樹
平知盛(清盛の四男)…小柳友
平頼盛(清盛の義弟)…西島隆弘

時子(清盛の後妻)…深田恭子
平時忠(時子の弟)…森田剛

平盛国…上川隆也

源義経(遮那王)…神木隆之介
武蔵坊弁慶…青木崇高

源頼朝(語り)…岡田将生
藤九郎…塚本高史
政子…杏
北条時政…遠藤憲一
  

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。



過去記事⇒
第一回「ふたりの父」  第二回「無頼の高平太」 
第三回「源平の御曹司」  第四回「殿上の闇討ち」 
第五回「海賊討伐」  第六回「西海の海賊王」
第七回「光らない君」  第八回「宋銭と内大臣」 
第九回「ふたりのはみだし者」  第十回「義清散る」 
第十一回「もののけの涙」  第十二回「宿命の再会」
第十三回「祇園闘乱事件」  第十四回「家盛決起」 
第十五回「嵐の中の一門」  第十六回「さらば父上」 
第十七回「平氏の棟梁」  第十八回「誕生、後白河帝」 
第十九回「鳥羽院の遺言」  第二十回「前夜の決断」 
第二十一回「保元の乱」  第二十二回「勝利の代償」 
第二十三回「叔父を斬る」  第二十四回「清盛の大一番」 
第二十五回「見果てぬ夢」  第二十六回「平治の乱」 
第二十七回「宿命の対決」  第二十八回「友の子、友の妻」 
第二十九話「滋子の婚礼」  第三十回「平家納経」 
第三十一回「伊豆の流人」  第三十二回「百日の太政大臣」 
第三十三回「清盛、五十の宴」  第三十四回「白河院の伝言」
第三十五回「わが都、福原」  第三十六回「巨人の影」
第三十七回「殿下乗合事件」 第三十八回「平家にあらずんば人にあらず」 
第三十九回「兎丸無念」  第四十回「はかなき歌」
第四十一回「賽の目の行方」  第四十二回「鹿ヶ谷の陰謀」
第四十三回「忠と孝のはざまで」  第四十四回「そこからの眺め」
第四十五回「以仁王の令旨」  第四十六回「頼朝挙兵」 
第四十七回「宿命の敗北」  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「平清盛」第48回

    Excerpt:   第四十八回「幻の都」富士川の戦いで大敗した平清盛。平家はすでに武門ではないという忠清の言葉は、清盛の心に強く刻まれる。さらに高倉上皇が危篤となり、棟梁の宗盛は劣勢を... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2012-12-09 20:36
  • 大河ドラマ「平清盛」第48回

    Excerpt: 還都… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212090004/ NHK大河ドラマ 平清.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2012-12-09 20:36
  • 『平清盛』 第48話「幻の都」

    Excerpt: 宗盛の視た清盛  ―清盛の偉大さを感じ過ぎてしまった―  「出来の悪い男(おのこ)、拙い棟梁だ」と吐露し、  それでも自分は棟梁で、清盛の息子なのだ。  父を諌めるのが自分の務めだと「都還り」を訴える.. Weblog: 英の放電日記 racked: 2012-12-09 20:50
  • 【平清盛】第48回 「幻の都」感想

    Excerpt: 富士川の戦いで大敗した清盛(松山ケンイチ)。 平家はすでに武士ではないという忠清(藤本隆宏)の言葉が、清盛の心に強く刻まれる。 頼朝(岡田将生)は東国を平定、鎌倉で新たな国づくりを始めていた。.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2012-12-09 21:10
  • 平清盛 第48回 「幻の都」

    Excerpt: 清盛が周囲から孤立して、みんなから否定され始めてからずいぶん経ちます。 今日も、追い詰められてました。 これは、スタッフとキャストの心境なんでしょうか^^; 爽快感がない。 救いがある.. Weblog: 青いblog racked: 2012-12-09 21:21
  • NHK大河ドラマ『平清盛』第48回「幻の都」

    Excerpt: 錆び付いた宋剣でもう自身が武士では無いことを諭された清盛は どんどん老いぼれて、平家の栄華も落日といった様子。 勢い込んで福原に遷都したものの、 武士ばかりか寺社にも反感を買い、 朝廷からも京.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2012-12-09 21:54
  • 〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第48回「幻の都」 平清盛はなぜ幕府を開かなかったのか?

    Excerpt: 我々幼少の砌には 「いいくに作ろう鎌倉幕府」 なんて語呂で 「1192年に源頼朝が鎌倉幕府を開いた」 なんて教えられたけど、今の教科書では違うらしい。 1192年とは頼朝が征夷大将軍になった年であって.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2012-12-09 22:01
  • 『平清盛』 第48回「幻の都」

    Excerpt: JUGEMテーマ:大河ドラマ 命がけの諫言をした忠清は、盛国に介錯をたのみます。しかし、盛国は忠清を叱り飛ばし、生きて平家の武勇の軸となれ、と命じました。鎌倉に本拠をすえた頼朝は、反抗する佐竹氏を討つ.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2012-12-09 22:06
  • 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男48清盛一門の強い意向で都を再び京に戻し頼朝は弁慶から清盛の過去を聞き武士の世を悟った

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」第48話は富士川の戦いで敗れた清盛は忠清のもう武士ではないという言葉に動揺していた。そんな中高倉上皇が危篤となり棟梁の宗盛は公家から不満を抑えるた ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2012-12-09 23:00
  • 「平清盛」 第48回、幻の都

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」。第48回、幻の都。 反平家の流れは止まらず。 清盛は還都を決める。 Weblog: センゴク雑記 racked: 2012-12-09 23:29
  • 平清盛 第48回 幻の都

    Excerpt: 『幻の都』 内容 富士川で源氏を迎え撃った平家軍は大敗した。 「平家はもはや、武門ではございません。殿御自身も、武士ではございません」 伊藤忠清(藤本隆宏)の言葉が、清盛(松山ケンイチ)に突き刺さ.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2012-12-10 00:18
  • 「平清盛」第48話。

    Excerpt: 「平清盛」第48話を見ました。今年もあと残りわずか、今年の大河もまた同じ…寂しいのぅ Weblog: Flour of Life racked: 2012-12-10 00:33
  • 大河ドラマ「平清盛」 第48話 あらすじ...

    Excerpt: 平家の大敗---------------!!ついに落日を迎えつつある清盛と平家。最早その手に刀を持つことも出来ず、心の軸すら失くしてしまった清盛。今日も所用で視聴が遅くなったので、あらすじ... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2012-12-10 04:40
  • 『平清盛』第48回「幻の都」★大仏を燃やして空気は読まず~重衡(辻本祐樹)

    Excerpt: 『平清盛』 第47回「宿命の敗北」 前回はダイナミズムが感じられたけど、今回はまた内面追求型のジットリしたストーリーでしたかねぇ。 -◆- 富士川の戦いの恥ずかしい負けっぷりもあって、すっか.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2012-12-10 14:20
  • 平清盛 - NHK大河ドラマ 松山ケンイチ

    Excerpt: 平清盛 日曜 20:00 NHK総合 日曜 18:00 NHK BS-プレミアム (再)土曜 13:05 NHK総合 2012年1月8日~ [キャスト] 松山ケンイチ 中井貴一 中.. Weblog: 新ドラマQ racked: 2012-12-10 15:46
  • 平清盛 #48

    Excerpt: #「幻の都」 清盛は福原を武士の都とすべきだったのか、それとも日の下の都とすべきだったのか? Weblog: 義風捫虱堂 racked: 2012-12-10 19:45
  • 平清盛 第48回「幻の都」

    Excerpt: このドラマも残すところあと3回となりました。平家のその後も表現するということだったので、3回を残して清盛の時代から頼朝・義朝と知盛の戦の場面なのではないか見ていたのですが、清盛はまだまだ元気で第一線で.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2012-12-11 18:13
  • 【平清盛】第48回視聴率と感想「幻の都」

    Excerpt: 「幻の都」次回、NHK総合での放送は、選挙の開票速報のため、夜7:10~7:55の前倒しになります。(公式HPより)お見逃しなく♪第48回の視聴率は、前回の10.8%より少し下がって、10.4%で.... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2012-12-12 11:59
  • 「平清盛」♯48

    Excerpt: 改革の旗手だったことは間違いないんだけど。。。 日曜20時、NHK大河ドラマ「平清盛」ね。 →やっと見ました「平清盛」→続いて「平清盛」♯2→その次「平清盛」♯3→次の次「平清盛」♯4 →やっと.. Weblog: 続・主婦るーのTVあれこれ racked: 2012-12-19 21:23