アニメ「バクマン。3」第12話

第12話「熱血と完敗」  


あらすじ(公式サイト)

「同じ話を同じ号でやる」という七峰の挑戦に乗った
最高と秋人。逆転を誓う七峰だったが、秋人は「120%
負ける気がしない」と言い切る!その理由とは…!?

中井は、七峰が『有意義』の順位をネットのアドバイザー
達には偽って伝えていることに気が付く。打ち切りを
避けるためには彼らに頼るしかない、と考えた中井は、
七峰の部屋に忍び込み、アドバイザーたちに本当の
順位を伝えるが…!?

そして、亜城木と七峰、勝敗の行方は!  




七峰の『有意義な学園生活に必要なソレ』と、
亜城木の『PCP』が、

同じ号で同じ話で直接対決をすることに。


アニメでは具体的にどんな話かは触れてなかったけど、

確か、生徒会長に立候補したあまり目立たない生徒を、
奇策を使って当選させる話、だったかな。


結果、『有意義な』が41票で19位、
『PCP』は240票で3位と、圧倒的差を見せつけ、
亜城木の勝利。

まあ、それまで両方に票を入れてた読者も、
同じ号で同じ話をしたら、どっちか面白い方を選ぶか。


しかも、『有意義な』の順位が落ち気味で、
打ち切り候補だと知った中井が、七峰に隠れて、
ネット上のアドバイザーに本当の順位を教えて、
アドバイザー達は、みなトンズラかましちゃって。


これで何もかも終わり!と、
漫画を描くのもやめようとする七峰を、

小杉が、僕と二人でやっていこう!と熱血で訴えかけ。

……たくせに、寝オチw

そんな小杉に、七峰も考え直して。



新年会で、亜城木に、完敗宣言をし、

「次は負けませんから」と告げ、去っていく。


これでちったぁ懲りりゃいいんだが、
コイツは懲りないからなぁ。(^^;

まあ、それでこそ、七峰だがw



その新年会では、
福田さんのバイク漫画のアニメ化だけでなく、

高浜の『正義の三肩』がドラマ化という報せも。



そんな中、サイコーたちは、同窓会に出席。

シュージンは香耶ちゃんが高熱で休んだけど。

ほとんど休みなしで遊ぶ暇もなく、
手を怪我するわけに行かないから、
スキーなんてもってのほか。

ホント週刊連載してる作家さんは大変だよなぁ!!


そして、帰宅したサイコーたちは、
『PCP』を真似した模倣犯が出たと報じる
ニュースに唖然とする。





「バクマン。」第3期は、残りの話を限られた話数で
消化しなきゃいけないせいか、話のテンポ早すぎ。(ーー;

もっとこう、この後どうなるんだ~?という
ワクワクドキドキがないっつーか、する暇がない。(ーー;

まあ、原作が終わっちゃってる以上、仕方がないんだろうけど。

かなり、はしょられてるよな~。



第1期、第2期の記事は、 「バクマン。」カテゴリからドウゾ。


[第3期]過去記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 
第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 


当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ◎バクマン。3第12話「熱血と完敗」

    Excerpt: 七峰:同じ話を?>小杉:話をつけてきた、これで負けたら二人で作品を作っていこう、それでいいねあなたが担当になってくれてよかった、まだアドバイザーが20人近くいる負ける... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2013-05-13 18:57