ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」第1話

第一話「夏目漱石『それから』」 視聴率14.3% 


あらすじ(Yahoo!テレビ)

「ビブリア古書堂」の店主・篠川栞子(剛力彩芽)のもとに、
古書の査定のため五浦大輔(AKIRA)がやってくる。

大輔が持ち込んだのは、亡くなった祖母の蔵書『夏目漱石
全集』で、その『第八巻 それから』に「夏目漱石」と署名が
あったため、サインが本物なら高く売れるのでは、と期待し
た母・恵理(松坂慶子)から頼まれたものだった。  
本を手にじっと考え込んだ栞子は、やがてサインは偽物だと
言った。大輔は礼を言い立ち去ろうとするが、栞子はサイン
を書いたのは祖母自身としか考えられないと話す。
唐突な話に、証拠はあるのかと尋ねた大輔に、栞子は祖母
にまつわる驚くべき推論を展開していく。  

後日、「ビブリア古書堂」を訪ねた大輔は、恵理に確認した
結果、栞子の推論が事実だったと話す。本を見ただけで
なぜそこまでわかるのかと興奮気味の大輔に、栞子は困惑
し言葉を濁す。  

その数日後、栞子と再会した大輔は再び「ビブリア古書堂」
へやってくる。そこで、自分は本を読むと気分が悪くなる
体質だと明かすが、栞子は大輔にこの店で働いてみないか、
と言う。古書店の人間に必要なのは、本の内容ではなく
市場価値の知識だと説く栞子。迷いながらも大輔は、その
申し出を受けることに。  

翌日、大輔が「ビブリア古書堂」にいると、志田肇(高橋
克実)
がやってきた。志田は栞子に小山清の『落ち穂拾ひ』
が盗まれたと言った。それを聞いた栞子は…。


原作は既読。

今回は、第1巻の『栞子さんと奇妙な客人たち』の、
第一話「夏目漱石『漱石全集・新書版』(岩波書店)」から。




祖母の遺品の本を売りに来た、五浦大輔。

夏目漱石の名が書き込まれた『それから』。

その本に隠された秘密を、ビブリア古書堂の女主人、
篠川栞子が紐解く、と言う話。


祖母には、田中嘉雄という好いた男性がいたが、
家の事情で五浦の家に嫁いだ。

しかし、結婚後も、田中嘉雄との交際は続いており。

『それから』を祖母に贈ったのは、田中嘉雄。

『それから』は、人妻を奪い取った男の話。

つまり、田中嘉雄は、自分の思いを、
その本に重ね合わして贈ったのだった。


そうして生まれた大輔の母と、彼だけが、五浦家では長身。

亡くなった祖父は小柄で、

祖母の葬式に弔問に見えた田中嘉雄と思しき老人は、
五浦家の鴨居に頭をぶつけるほどの長身だった。




というのが、秘密だったんだけど、

一応、原作では、「お祖母様は不倫を」とか、
栞子さんはそこまで具体的には言ってないからね?

あの辺は、五浦自身が、そうだったんだろう、
と結論付けただけで。



栞子が、五浦に半ば強引に働きませんか?と誘い、
職にあぶれていた五浦は、
自分が本を読めない体質ゆえに、
本の話を聞ける利点から、ビブリアで働くことに。


にしても、学生だから昼間はいないにしても、
弟がいるのに、
「男手がないから働きませんか?」て、何だ。(--;

原作では、弟ではなく妹で、
かつ栞子さんが怪我して入院中で、
しかも、五浦が運転免許あるから雇ったんだけど。



そして、せどり屋の志田さんが、

小山清の『落ち穂拾ひ・聖アンデルセン』が盗まれた、
とやってきたところで、次回へ続く。





てなわけで。

原作がものっそ好きなもんで、
このドラマは別物と考えて見ることにしてます。

だって、栞子のイメージが原作とあまりに違うし。

妹は弟になってるし。

志田さんは、やたらオシャレになってるし、

なんか知らん喫茶店出てくるし。

OPなんか、よりによって本がバサバサ落ってくるとか、
どんだけ本の扱いヒドすぎなんだよ、オイ!(-へー)


大体、そもそも、五浦がビブリアを訪ねたのは、
車で道に迷って偶然じゃなく、

『漱石全集』を買った店がビブリアだったからだし、

五浦は栞子さんに対して、最初から、
ある意味、好意を持ってたし?

だから、「なんだこの女」なんて、絶対心の中でも言わない。


とか、突っ込みだしたら止まらないので、
とりあえずこの辺で。(--;


そういう設定の変更部分を除けば、

そもそも、原作が面白いからね?
これが悪くなるとしたら、ドラマが悪いんでしょ??


だけど、この作品、フジテレビに、
しかも、月9枠でドラマ化して欲しくはなかったな。

どうせなら、テレ朝本命、TBS次点、
なところでお願いしたかった。


キャスト

篠川栞子…剛力彩芽

五浦大輔…AKIRA

藤波明生…鈴木浩介
横田奈津実…北川弘美
佐々木亜弥…トリンドル玲奈
橋本さやか…内藤理沙

篠川文也(栞子の弟/原作では妹)…ジェシー
篠川智恵子(栞子の母)…安田成美

五浦恵理(五浦の母)…松坂慶子

志田肇(せどり屋)…高橋克実



当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

この記事へのトラックバック

  • ビブリア古書堂の事件手帖 第1話

    Excerpt: 『偽のサインと古書に秘められた謎』 内容 古書の査定のため“ビブリア古書堂”を訪れた五浦大輔(AKIRA) 持ち込んだのは、亡き祖母・絹子が残した“夏目漱石全集” 査定が。。。遅い。。。いらつき始.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2013-01-14 22:56
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖」推理少女の事件手帖1本に秘められた読者の想いを読み取り見事な推理で真実を依頼人に告げた

    Excerpt: 「ビブリア古書堂の事件手帖」は三上延さん原作のビブリア古書堂の事件手帖シリーズをドラマ化した作品で美しき古都・鎌倉の片隅にある古書店「ビブリア古書堂」を舞台に古書にま ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2013-01-14 23:32
  • ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」 第1話...

    Excerpt: これから始まるのは、何冊かの古い本と、それを巡る人間の話だ------本に込められた思いや秘密。その謎を紐解く物語。原作は気にはなってましたが、未読でしたので、逆に変な先入観も... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2013-01-15 00:17
  • ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」 第1話 あらすじ感想「夏目漱石の偽サインに隠された謎」

    Excerpt: これから始まるのは、何冊かの古い本と、それを巡る人間の話だ------ 本に込められた思いや秘密。 その謎を紐解く物語。 原作は気にはなってましたが、未読でしたので、逆に変な先入観.. Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ racked: 2013-01-15 00:17
  • ビブリア古書堂の事件手帖 第1話の感想

    Excerpt: フジテレビ系で放送されたドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」第1話の感想など原作は未読です。ウィキペディアを読むと、テレビドラマ化にあたって原作の設定の改変が行われたようで、原作の濃いファンの方々は不満.. Weblog: オタクと呼ばないで racked: 2013-01-15 07:35
  • ゴリ9「ビブリア古書堂の事件手帖」第1話★目が虚ろな剛力彩芽

    Excerpt: 「ビブリア古書堂の事件手帖」第1話 偽のサインと古書に秘められた謎 ベストセラーになった軽ミステリを原作にした恐怖のゴリ押し月9『ビブリア古書堂の事件手帖』がいよいよ開幕。 (たまたまなんだ.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2013-01-15 10:40
  • ビブリア古書堂の事件手帖

    Excerpt: 初回の感想  Weblog: AKIRAのドラマノート racked: 2013-01-15 11:15
  • ビブリア古書堂の事件手帖 第1話:

    Excerpt: 夏目漱石の偽サインに隠された意味、そして古書に秘められた謎の真相を解き明かす! イメージ通り!( ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤニヤ やっぱ高橋克実さんはこうでなくちゃ!役者さんなので、もちろん色んな役柄を 演.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2013-01-15 11:24
  • ビブリア古書堂の事件手帖 第1話

    Excerpt: ビブリア古書堂の店主・篠川栞子(剛力彩芽)のところに、古書の査定のために五浦大輔(AKIRA)がやって来ます。 大輔が持ち込んで来た本は、亡くなった祖母の蔵書でした。 その本に「夏目漱石」.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2013-01-15 11:46
  • 新ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」第1話

    Excerpt: 献呈署名… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301150001/ ビブリア古書堂の事.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2013-01-15 16:16
  • ビブリア古書堂の事件手帖 第1話

    Excerpt: 「偽のサインと古書に秘められた謎」2013年1月14日 初回15分拡大  「ビブリア古書堂」の店主・篠川栞子(剛力彩芽)のもとに、古書の査定をしてほしいと五浦大輔(AKIRA)がやってくる。大輔が持.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2013-01-15 17:48
  • ビブリア古書堂の事件手帖 第1話「夏目漱石の偽サインに隠された謎」(1)

    Excerpt: 本に秘められた物語と謎――。 原作が好評と聞いていたので、楽しみに視聴しました。 面白いですね!  1冊の本から紐解かれていく謎や持ち主の人生。 本の内容だけでなく関わった ... Weblog: D☆エディション racked: 2013-01-15 19:55
  • [ドラマ] ビブリア古書堂の事件手帖 第一回 感想

    Excerpt: 放映前から、いろいろと物議を醸し出していたドラマ、ビブリア古書堂の事件手帖がいよいよ始まりました。放映前から酷評にさらされているドラマですが、反対意見を言うにしても、相手を知ってからでないとフェアじゃ.. Weblog: 日々の書付 racked: 2013-01-15 20:16
  • こんな店に入るんじゃなかった

    Excerpt: うっちーオーラなさ過ぎシリーズ3巻で累計340万部のベストセラーをドラマ化したビブリア古書堂の事件手帖初回の視聴率は14.3%だった。黒髪の長髪に透き通るような肌をした... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2013-01-15 20:59
  • こんな店に入るんじゃなかった

    Excerpt: うっちー オーラ なさ過ぎシリーズ3巻で累計340万部のベストセラーをドラマ化し Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2013-01-15 21:00
  • ハンチョウ&ビブリア古書堂

    Excerpt: 1月15日 ハンチョウ&ビブリア古書堂 アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログに ... Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2013-01-15 21:23
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖」第一回 剛力彩芽さんよく頑張ってます

    Excerpt: 「ビブリア古書堂の事件手帖」本が好きで推理小説が好きな私には、 おあつらえ向きな、すっとなじめて入り込めたドラマでした。 原作は未読だし「それから」は読んだかどうかも覚えてない。 だ.. Weblog: 今日も何かあたらしいドラマ racked: 2013-01-15 22:55
  • 『ビブリア古書堂の事件手帖』 第1話

    Excerpt:  初回を観ての第一印象は、上から目線ではあるが「悪くはない」。今後の展開に興味があり次週からも観ようと思う。  古書店の雰囲気も趣があり、街の風景も風情がある。ドラマの見せ方が『鍵のかかった部屋』を思.. Weblog: 英の放電日記 racked: 2013-01-15 23:12
  • 【ビブリア古書堂の事件手帖】初回感想と視...

    Excerpt: 初回の視聴率は、14.3%(関東地区)でした。初回の感想は、普通に面白かったです♪(^^)剛力彩芽さん、いつも活発な役が多いので、この役にちょっと合わないのでは?と最初、見... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2013-01-16 16:00
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖」第1話 感想

    Excerpt:  落ち着いた演出のドラマですね。  このレトロな雰囲気が何とも言えないです。  若い人には新鮮で、ある程度の年齢層は懐かしく感じるのかと。 Weblog: Kanataのお部屋へようこそ racked: 2013-01-16 18:35
  • ビブリア古書堂の事件手帖

    Excerpt: 初回が、夏目漱石ってあたり、渋いですよね。 原作ファンの間ではヒロインのキャスティングで、始まる前から「もの申す」と話題になってましたが、ドラマから先に観る分には抵抗ありませんでした。楽しめまし.. Weblog: のほほん便り racked: 2013-01-20 15:38
  • 「ビブリア古書堂の事件帳」見ました

    Excerpt: 読書したくなりました。。。時間無いけど。 月曜21時、フジ「ビブリア古書堂の事件帳」ですけど。 原作文庫やマンガがあるようですが、るーは読んだことがなく。 原作を知っている方にはいろいろ不満.. Weblog: 続・主婦るーのTVあれこれ racked: 2013-01-21 21:12
  • 坊っちゃん |夏目 漱石

    Excerpt: 坊っちゃん夏目 漱石 刊発売日 2012-09-27明治期の文学者、夏目漱石の中... Weblog: あれ欲しい racked: 2013-02-02 11:40