「いつか陽のあたる場所で」第5話

第5回「弟に贈る言葉」 視聴率9.4%  


あらすじ(Yahoo!テレビ)

綾香(飯島直子)の出所後初めて、父・文彦(前田吟)
上京。だが綾香は、うまく気持ちを伝えられない。

弟・尚之(大東駿介)の結婚式が迫り、芭子(上戸彩)
気持ちを伝えるべきか迷う。

綾香は父の見送りを芭子に頼むがボランティア先の幸子
(江波杏子)
に諭され、列車に乗ろうとする父のもとへ
駆けつけ、つらい気持ちをぶつける。
「離れていても家族は家族」という文彦の言葉に励まされた
芭子は、弟に気持ちを伝えたいと思う。 



バイト先の院長のセクハラで職を失った芭子は、
偶然、バイト急募していたペットショップで働くことに。

昔、そんなことをしたがってたと弟が言ってたくらいだし、
ホントに、前の職場、辞めて良かったんじゃねーの?(^^;


富山で漁師をしている綾香の父が上京し、綾香を訪ねる。

仕事で手が離せない綾香に代わり、
芭子が東京見物に付き合い。

あんなことがあっても、自分だけは娘の味方で、
と言う綾香の父。

「離れていても家族」と。


父の見送りを渋っていた綾香も、飯倉幸子の後押しで、
きちんと見送りに。

その後、芭子は、綾香に付き添ってもらい、
亡くなった父の墓参りに。

父の墓前に向かって話しかけているのを、
実は、近くで母の妙子が、聞いていたり。



そうして、弟の結婚式。

芭子は、家族にだけ判る偽名(ぬいぐるみの名前だっけ?)
を使い、祝電を打つ。

結婚おめでとう。
幸せな家族を作ってください、
遠い空の下から、祈っています。
どうかお幸せに。




晴れがましい席に顔を出すことは出来なくても、
これくらいは、許されるよね?


そして次回は、綾香が求婚?
芭子の方も、岩瀬が諦めきれるはずもなくー。


キャスト

小森谷芭子(はこ)…上戸彩
江口綾香…飯島直子

岩瀬圭太…斎藤工

大石セツ…松金よね子
大石重雄…竜雷太

大芝文彦(綾香の父)…前田吟

飯倉幸子…江波杏子

小森尚之(芭子の弟)…大東駿介
小森谷雪江(妙子の妹)…藤田朋子
小森谷妙子(芭子の母)…浅野温子



当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒

第1回「前科ある二人」 
第2回「強くなりたい」 
第3回「一番会いたい人」 
第4回「故郷からの伝言」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • いつか陽のあたる場所で 第5話

    Excerpt: 第5回「弟に贈る言葉」 本放送:総合 2013年2月5日(火)午後10時 再放送:総合 2013年2月11日(月)午前10時5分 再放送:総合 2013年2月12日(火)午前0時25分 綾香(飯島直.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2013-02-06 16:13
  • NHKドラマ10『いつか陽のあたる場所で』 第5回

    Excerpt: 『弟に贈る言葉』 内容 岩瀬(斎藤工)から告白された芭子(上戸彩)だったが、拒絶してしまう。 だが友達から。。。という言葉に、ようやく芭子は心を許しはじめる。 とはいえ、過去が過去だけに、芭子は不.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2013-02-06 18:06