アニメ「バクマン。3」第19話

第19話「間延びと一気」  


あらすじ(公式サイト)

『REVERSI』と『PCP』を同時に連載することが決まり、
やる気を出す最高
しかし、スケジュールが押し始め、余裕がなくなっていく。
アシスタントの小河森屋の仲も険悪になり、最高の
体力もほぼ限界。
果たして、原稿は無事完成するのか!?

連続して1位をとる『REVERSI』!エイジにも勝てていると
喜ぶ秋人だが、最高は不安を拭い切れない。そんな中、
エイジの打ち出した『ZONBI☆GUN』での新展開から、
最高は『REVERSI』の弱点に気づく…!? 



週刊の『REVERSI』と月刊の『PCP』の同時連載で、

元アシの小川さんがまた来てくれる事になり、

仕事場の模様替え。


アシ暦の長い小川さんがチーフとして指揮することに。


最初こそ、
過密スケジュールを余裕と捉えていたサイコーだが、
作画の質を落としたくないばかりに、
段々、遅れ気味になり。

他の作家さんの仕事もあり、かつ、家庭持ちの小川さんは、
他のアシが居残っているのが気になりつつも、
時間になると帰り。

戻ってみれば、アシは帰らず徹夜だったり。

サイコーも、未だかつて見たことない疲労困憊で、
それでも描いているので、小川さんも、言うに言えず。(^^;


そんな中、一旦は帰るものの、
実は、ヘルプで入れるアシを探してきてくれていて、

何とか修羅場を乗り切ったサイコー。


原作では、実はもう1日余裕があった、と終わってから、
服部さんが言うんだけどねw



そんなサイコー渾身の『REVERSI』は、
連載始まって、3週連続で1位!

1週早く始まったエイジの『ZONBI☆GUN』1話に、
票数には及ばないものの、
このままいけるんじゃね?

と思ったのも束の間。

エイジは、主人公の双子の兄というライバルを、
あっさり捨て、新たなライバルを、早々に出す展開に。


それに対し、『REVERSI』は、
白悪魔と黒悪魔の対決という形は崩せない……

のは、弱点なのか?


一方、亜豆が、雑誌のグラビア表紙を飾ったり、
ラジオのパーソナリティを始めたり、声優として順調で。


シュージンは、アニメ化のために、
話を長くするようにネームを作るも。


それではかえって、中身の薄いものになってしまう。

それよりも、面白く、中身の濃いものを。

それなら、例え連載が長く続けられなくても、
とサイコーが言い。


シュージンは、1年も連載を続けられないかもしれないが、
最高のものを書く、と腹を決める。





結末は最初から決まっていて、
そこへ向かって怒涛の展開、って話なら、
読み応えありそうだよね。

確かに、人気作品ゆえに、だらだら続いてる、
続けさせられているように感じるのも、あるよね。(^^;





ちなみに、本誌掲載時のネタバレ感想は、

■「余裕と修羅場」
■「敵キャラと入れ替え」
■「間延びと一気」

てな感じ。





第1期、第2期の記事は、 「バクマン。」カテゴリからドウゾ。


[第3期]過去記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 
第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 
第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 


当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • FAIRY TAIL&バクマン。

    Excerpt: 2月10日 FAIRY TAIL&バクマン。 アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らない.. Weblog: 別館ヒガシ日記TB用 racked: 2013-02-10 20:04
  • ◎バクマン。3第19話「間延びと一気」

    Excerpt: _>服部:あと二本でまとまりそうだな。一瞬だが3本描くことになるがサイコ:一月102ページなんでなんとか。シュウジンも良い原作書いてくれよな>>おお_折原>モリヤさんしっかり_... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2013-07-30 20:49