TEAM NACS「WARRIOR~唄い続ける侍ロマン」

コレ、行きたかったんだけど、チケット取れなくって。
で、WOWOW放送分を撮ってもらったのを、今頃。


ネタバレ含みますので要注意~。




時は戦国。

織田信長が、大軍、今川義元を破った、
桶狭間の戦いから、幕が開く。


この時、義元を身を挺して守り、家康が死ぬも、
家康ソックリな絵描きを見つけた信長は、
その男に、家康の影をさせる。

そして、今川軍にいた明智光秀を捕虜として捉えた後、
自分の妻、お濃の元夫と知りながら、
その知略を欲して家臣に。



影の家康にさせられた男は、戦で戦えるはずもなく、
退却の一途を辿り、織田軍を苦境に立たしてしまう。

退却の際、信長は、殿(しんがり)を秀吉に命じ。

それを不満に思いつつも殿をつとめる秀吉に、
雨男の光秀が加勢。


家康のふんどしを家来達が換える様を見た光秀は、
鉄砲隊を3列にする方法を思いつき、
長篠の戦で勝利する。



信長は、秀吉に毛利攻めを任せ、自分は京へ。

お濃の心が、まだ明智にあると知っていた信長は、
光秀にお濃を返すつもりでいた。


その道中、光秀は、自身の国、
美濃が焼かれているのを目撃。

しかも、それを信長がやったと知り、
信長を討つべく、本能寺へ。

仮とはいえ、妻と息子を信長の命で失った家康も、
共に本能寺へ。


ところが、光秀らが行くよりも先に、何者かが襲撃。

光秀の桔梗紋の旗を使い、主君殺しの罪を光秀に
被せようとしたのは、秀吉。

美濃に火を放ったのも、秀吉の仕業。

信長をかばって、お濃も死ぬ。

火を放たれた本能寺から、光秀を連れて逃げる家康。



家康は、腕の立つ者を信長ソックリに化けさせ、
秀吉との戦いに紛れ込ませ、秀吉を怯えさせる。




そうして、戦のない国を作らんと誓った家康は、
関が原の戦を最後に、国を平定させようとする。






とまあ、かなりはしょってますがw


しょっぱなから家康が死ぬから、オオオ!?と思ったら、
影ですかー。

なかなかヘタレな家康を、安田さんが熱演!


それに対し、俺様、信長の戸次さん、カッコ良かった~!


豪気というか、ざっくばらんすぎる柴田勝家も良いw


しかし、光秀があんな雨男だとはねw
しかも、雷まで自由自在って、もはや、天候の神様w

それに、光秀だけは、お濃とのラブロマンスもあったりして、
なかなかおいしい役どころw


秀吉、調子のいい男、と思ったら、まさか最後に。



チャンバラあり、信長の舞もあり、
なかなか見応えある舞台でした~。

あの「人生五十年」で有名な「敦盛」が、
あんなロックでかっこ良くなるとは!

だから、生で見たかったんだってば!(--;



作、演出:森崎博之

キャスト:

柴田勝家…森崎博之
徳川家康…安田顕
織田信長…戸次重幸
明智光秀…大泉洋
豊臣秀吉…音尾琢真


当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック