アニメ「バクマン。3」第23話

第23話「マイクと台本」  


あらすじ(公式サイト)

亜豆のラジオによって、世論は一変。
最高と亜豆の交際は「清い交際」としてメディアで話題
になる。亜豆の人気も上昇、『REVERSI』のコミックスの
重版も決まり喜ぶ秋人だったが、最高はどこか吹っ切れ
ない。
そんな折、『REVERSI』アニメ監督の江原から、ヒロイン
『菜保』役の公開オーディション開催の提案が!秋人と
服部は亜豆に不利だと反対するが、最高は「亜豆が
実力で役を獲ったとはっきりする」と許諾!最高と亜豆、
運命の行方は!? 


亜豆のラジオでの、亜豆やサイコーの言葉から、
周りの反応が良い方向へ。


しかし、このままオーディションをして、もし、
亜豆に決まっても、どうせコネでしょ?という考えが、
視聴者やファンから消えない。

そこで、監督の提案で、ヒロイン役のオーディションを、
公開で行い、視聴者に投票して決めようということに。

亜豆にとって不利なのを承知で、
サイコーは、亜豆を信じ、それを承諾する。


オーディション当日、先輩声優や実力派声優など、
ライバル達の中で、亜豆は、今まで練習してきた成果を発揮。

すっかり台詞を頭の中に叩き込んである亜豆は、
台本も持たずにマイクの前に立ち、
その中で、台本とは違う台詞を言うも、

それは、本誌での誤植で、コミックスで改善された箇所、
というのを、ちゃんと服部さんが指摘してくれる。


たぶん、オーディション前に、亜豆が何か言いたかったのも、
ソレのことだろう。


誤植の指摘自体ではなく、原作の読み込み度を、
先輩声優たちは、ちゃんと感じ取ってくれていて。



勿論、それは視聴者も同じく。

投票結果は、票差を比べるまでもなく、
圧倒的な票数で、亜豆は実力で、奈保役を勝ち取る!




いやー、原作読んで知ってるんだけど、

それでも、あの結果発表のとこ、思わず、
良かったーって、感涙してしまったw




にしても、先輩声優の郷田役に、まさか平野文さんとか!

ラムちゃんだーっ!と思わずにはいられないw




ちなみに、本誌掲載時のネタバレ感想は、

■「知名度と人気」 
■「マイクと台本」 
■「美保と奈保」 


てなところ。







第1期、第2期の記事は、 「バクマン。」カテゴリからドウゾ。


[第3期]過去記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 
第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 
第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 
第19話 第20話 第21話 第22話 


当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ◎バクマン。3第23話「マイクと台本」

    Excerpt: m)座って食べなさい=声優アズキミホの純愛サイコ:はぁはぁ=>綺麗なお嬢さんじゃないかm)反対しないから。結婚よ=>ワシもせんよ、お前は立派に働いている男じゃからな[仕事]c)びっく... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2013-09-24 21:30