ドラマ「リミット」最終話

最終話  


あらすじ(Yahoo!テレビ)

目指した場所を目前に、吊り橋が朽ちて一歩を踏み
出せずにいた今野(桜庭ななみ)たち。
だが日向(鈴木勝大)モリ子(山下リオ)は救助を
呼ぶため橋を渡ることを決意。

今野は神矢(土屋太鳳)と二人で救助を待つことに
するが、その後神矢の容態が急変する。ケガの
悪化を自覚した神矢は、自分を置いていって欲しい
と今野に伝える。

しばらく悩んでいた今野だったが、橋に向かいある
行動を…!彼女たちを待ち構えていた運命とは!? 



老朽化した吊り橋を前に、立ちすくむ4人。


神矢を背負っていた日向は、神矢を降ろし、
自分が助けを呼びに行くと言って、橋を渡る。

危なげながらも、橋を渡りきった日向に、安堵する今野ら。


傷を負った神矢の具合が悪いのを悟り、

森重も、神矢を今野に託し、日向の後を追う。



捜索隊は、橋の老朽化を把握しており、
迂回路を辿っていた。


朗報を待つ保護者らは、雲行きが怪しい山の様子から、

祈るように、テルテル坊主を作り続けていた。



神矢と共に、救助を待っていた今野だったが、

出血が止まらず、発熱も起きていた神矢は、

救助が来るまでに間に合わず、
自分が死んでしまったら、
今野は、何もできなかった自分自身を責めるだろう。

と考え、今野に、日向たちを追ってと嘆願する。


しかし今野は、橋の足場を壊し、渡れなくして、
神矢の傍に居続ける。



それからしばらくして、五十嵐らを含む捜索隊は、
まず先に、森重と日向を、

そして、橋の向こう側にいた、今野と神矢を発見する。


五十嵐らに向かって手を振る今野の姿に、

神矢は、友達、というものの存在を強く認識する。




病院で目が覚めた今野は、家族たちと久方の再会。

そして、今野を含む5人が助かったと聞かされる。


崖下に落ちていたハルは、
傷を負って自力で動けないながらも、かろうじて生きていた。


出血と感染が危ぶまれていた神矢も、
集中治療室での治療を受け、生きつないだ。


森重は、迎えに来てくれない両親に、電話を掛ける。


日向は、自分が行った行為を、
全て、刑事に打ち明ける。




そして、数か月後、二学期が始まり、

今野とハル、森重、神矢は、
別のクラスに吸収される形で、登校する。


それを、校門で出迎える五十嵐。







つーわけで。

「生存者1名が」っていうから、
一人しか助からなかったのかと思ったら、

マスコミの前に最初に姿を見せたのが、
森重だったっつーことね。

まんまと。(^^;

それにしても、救急車で運ばれるとき、

「友達がまだ……!」とか、
あの森重の口から出るとはなぁ。



薄井ちゃんは気の毒だったけど、あれだけの事故で、

何とか5人だけでも生還出来て良かった!?


日向の行動だけは、やはり許せんもんがあるがな。(--;



何でこいつらこの状況で、こんな行動を??
と首をかしげるような出来事の
連続だったような気もしますが、
終わり良ければってことで。


キャスト

今野水希…桜庭ななみ
神矢知恵子…土屋太鳳  
市ノ瀬ハル…工藤綾乃
薄井千影…増田有華
盛重亜梨紗…山下リオ

日向晴明…鈴木勝大
姫澤さくら…高田里穂

光岡百合子…山本裕子
五十嵐亘…窪田正孝
今野博和…渡辺いっけい



当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック