「リーガルハイ 第2期」第1話

第1話「完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために
   無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!」
  
                            視聴率21.2%



あらすじ(Yahoo!テレビ)

古美門研介(堺雅人)黛真知子(新垣結衣)は、
恋愛問題が発覚したアイドル相手に騙されたと
訴えるファンたちを弁護。
ハチャメチャな論理で被告を追い詰める古美門は、
黛ではなく羽生晴樹(岡田将生)を指名して交代。
羽生は人情に訴えて、アイドルに罪を認めさせた。  

その夜、古美門法律事務所で祝勝会。検察官の羽生
は、弁護士職務経験として古美門法律事務所にいた
のだが、この日で終了。
古美門は、羽生にほれ込んでいた様子で検察官を
辞めて自分の事務所に入るよう誘う。しかし、羽生は
自分の道を模索すると古美門に別れを告げた。  

その頃、古美門のライバル三木長一郎(生瀬勝久)は、
事務所のベテラン弁護士、磯貝邦光(古舘寛治)から
担当案件から降りたいと頼まれていた。三木は許さ
ないが、そのクライアントの無実を勝ち取るのは
不可能と考えていた。  

黛が古美門に骨のある案件が来たと報告。実は磯貝
が放り投げた案件で、そのクライアントとは運輸会社
社長の殺害と、その娘の殺害未遂容疑で死刑を宣告
された安藤貴和(小雪)だった。
2審が進行中の貴和には2度の離婚歴があり、元夫たち
の不審死から保険金目当ての疑惑も持たれている。
黛と拘置所を訪ねた古美門は、やる気は無かったもの
の貴和のある提案で引き受けることに。  

さらに2人は、羽生の計らいで裁判の担当検事に会う
ことに。羽生が紹介したのは醍醐実(松平健)という一風
変わった主任検事だった。 



待ってました!の第2弾スタート♪

つか、サブタイがあまりに嘘くさくて、打ち込んでて笑ったぞw

ともあれ、あの「半沢直樹」の後なだけに、
妙な注目されてるんでしょうねぇ~?(^m^)





冒頭、一審で死刑判決を受けた死刑囚、安藤貴和が、
担当の弁護士・磯貝から、

金さえ積めば、黒を白に変える弁護士、古美門研介の
名を教えられていた。




そして一転、「半沢直樹」のラストカットを連想させるような
眉間にしわを寄せた古美門のアップからカメラが引くや、

ご飯粒が付いてるよと 顔を近づけ 
どさくさに紛れて キミ、唇奪った 
なんて妄想 全部妄想 私 妄想腐女子なの~♪
 

という、アイドル南風るんるんの「妄想腐女子Girl!」を、
振付込みで歌う古美門。

清純派アイドルでありながら、実は彼氏持ちだったことが
暴露され、その件に対する、ファンへの慰謝料5800万を
要求する裁判で、

古美門は、ファン側の弁護人。



パートナー弁護士に変わると告げ、黛が立ち上がるも、

「き・み・じゃ・な・い!(-人-)」
と「おもてなし」の真似をする古美門。

颯爽と立ち上がったのは、爽やか青年の羽生。


羽生は、海外暮らしで覚えた、
サウジアラビアのことわざを引用する。

「水は飲めるが燃えはしない 石油は燃えるが飲めはしない

意味はよく判りませんが、何だか深い言葉ですよね」


判らんのかい!
適材適所って意味じゃないの?(^^;

「南風さん、僕は率直に言うと、
貴方を責める気には、あんまりなれないんです。
貴方が嘘をついたのは、ファンに夢を与えるため、
だったと思えるからです。

人を幸せにするためにつく嘘は、
必ずしも悪いものではありません。
ただし、自分を不幸にします。
自分を偽り続けるのは辛かったんじゃありませんか?

水は水、石油は石油。
貴方は貴方のままでいい。

ありのままの南風るんるんを好きになってくれる
人はきっと大勢います。
だって、僕もその一人だからだ」


そう言って、会員番号証を出す羽生。

「愛、届いてますよ。
今度は、貴方が幸せになる番です」


その言葉に打たれた被告人は、
「全額お支払いします」と告げ、

裁判長ですら、感動の涙を。
傍聴席のファンは、一斉に狂喜のオタダンス。


そんな羽生に、計算ですかね?と呟く黛だが、

「天然の人たらしだ」と返す古美門。




実は検察から、古美門の事務所に研修に来ていた
羽生だが、その日が最終日で、

裁判の勝利を祝い、羽生との別れを惜しむ一同。


羽生は、古美門に勝ちにこだわる理由を尋ね、

「勝たなければ意味がないからだ。
容赦なく相手を叩きのめし、勝つ。それが全てだ」


ときっぱり答える古美門。

「もしも負けたら?」と問われ、

「当然、弁護士を辞めるだろうね。
負け犬に存在価値などないのだから。
人間をやめちゃうかもしれないね」


とまで断言する古美門に、礼を言って去る羽生。




骨のある案件を求める古美門に、
思わぬ依頼が舞い込む。

それは、青酸化合物を使って男性が殺害された事件で、
被害者の娘は一命を取り留めたものの、

被告人の安藤貴和は、2度も結婚相手の不審死という
過去があり、一審では死刑判決。

世紀の悪女と騒がれており、
控訴審でも判決は覆らないだろう、と注目されている裁判だった。



面会室に赴いた古美門は、成功報酬として2億円を要求。

それに対し、安藤貴和は、1億円に値切った上に、

「あなたがカモになってよ。
私、精一杯ご奉仕するわ」


と悩殺された古美門、あっさり依頼を受理。


この俗物め!(^^;




死刑を妥当とは思えない黛は、無罪にするのではなく、
情状酌量に訴えるべきでは?と主張し、
古美門のやり方を批判するも、

「このやり取りもう飽きた!
今時、朝ドラの主人公でも、もっと成長するぞ」


と古美門が箸でつかんだのは、ウニ。
もちろん、「あまちゃん」を指しているw

「これほど変わらないのは、君と磯野家くらいなもんだ」

今度は、サザエをつまんでw

「タマにエサをやって、中島君と宿題でもやっていたまえ。
ちょうちんパンツのワカメちゃん!」


中島君はカツオの友達で、ワカメちゃんの友達は堀川だと、
カツオとワカメを使って切り返す黛。


安藤貴和には、幼稚園児と称されたしな。(--;



すると、服部さんが、「思い込み」について論じ、

さっそく、古美門はコネを使って、検察庁に乗り込む。




検察に帰った羽生が、安藤貴和の担当補佐に配属されていた。

紹介された担当検事は、醍醐味……じゃなくて、醍醐実

病弱で陰鬱な氷の将軍が咳き込み、
代わりに、こちらも根暗そうな秘書官、本田ジェーンが、
ぼそぼそと代弁。

「被告人は、いわゆる結婚詐欺の常習犯だと思われます。
本件についても、十分な証拠があるにも関わらず、
本人に反省の色がありません。
残念ながら、極刑しかないと思われます」



あまりの冷気に耐え切れず、退散する古美門。




一方、古美門をライバル視する三木の事務所では、
安藤貴和の担当だった磯貝が、
担当が古美門に変わったことを報告したうえで、

15年間ずっと敗戦処理をやらされてきたことの
不満をぶちまけ、退職を告げる。

「やっと辞めてくれたか」と、そっけない三木。





そして、安藤貴和の控訴審の公判が始まる。


被告人・安藤貴和の自宅マンションから発見された、
毒物の入ったビンが、この事件の唯一の物的証拠
だったが、その証拠は不十分だと、責める古美門。


まず、蘭丸を使って、同じマンションの住人たちの
部屋に侵入して、同形のビンを置かせ、

マンションの警備の穴を指摘。


それ、立派な住居侵入罪~!!(--;



さらに、ビンに付着していた指紋についても、

その指紋についていた細い傷が、
調書を書く際に、紙で切ったもので、

調書に血痕が残っていることから、
調書を書くときに、証拠品を握らされ、
ついた指紋である可能性を指摘。


「これは間違いなく警察によるねつ造ではありませんか。
それを黙認した検察も同罪ですよ?

この毒物は、本件の最重要証拠であり、
唯一の物的証拠です。
これによって被告人は、死刑判決を受けたのです。

しかし今、証明されたのは、容器には彼女の指紋はなく、
しかも、彼女の自宅には簡単に持ち込むことが
出来るということです。

では、何をもって毒物が彼女のものだと言うのでしょうか?
何をもって彼女が殺人犯だと言うのでしょうか?
何をもって世紀の悪女と言うのでしょうか?

何もない。何もないんです。

警察も、マスコミも、日本中、
誰もが彼女を犯人だと決めつけていました。
初めから用意されていた結末に向けられて、
証拠が積み上げられていたんです。
こんなに悲しいことがあるでしょうか?

安藤貴和が仮に犯した罪があるとするならば、
ただ一つ、それは世間に嫌われたことです。
この国では世間様に嫌われたら、有罪なんです。

法治国家でもなければ、先進国でもない。
魔女を火あぶりにして喜ぶ、
中世の暗黒時代そのものだ。

良く考えてください。
我々は、何度冤罪の悲劇を生んできたのか、
何度同じ間違いを犯せば気が済むのか。
今ならまだ引き返せます。以上!」


ついには証言台に乗って、熱弁をふるった古美門。



面会室で、安藤貴和に勝利確定だと報告をし、

雑誌で見つけた、彼女の秘技という、
「高速回転三所責め」について興味津々という古美門。



その帰り、スキップをして浮かれきっている古美門に、
黛は、毒物の出所を探してみると言って、
メッキ工場を訪ねて回る。

すると、とある工場で働いていた土屋(中尾明慶)の名が浮上。

パチンコ屋で逃げられそうになるも、
持ち前のギャンブル運を使って、足止めに成功。

さすがは黛w

そして、守秘義務を約束したうえで、
土屋が青酸化合物を売った人物が、
安藤貴和であることを聞き出す。




一方、絶対不利な状況を大逆転させた古美門は、
依頼が殺到。

「てっぺんを極めましたな!」と服部さんまで褒めちぎる。

そこへ、疑いようもない事実が発覚し、
打ちのめされて帰宅する黛。

安藤貴和がクロだと確信していた古美門は、

「我々が他言しなければ、誰も知りえない。
誰も知らない真実は、存在しないのと一緒だ」


と証拠のもみ消しを告げる。

「我々の仕事は、真実を追求することではなく、
依頼人を守ることだ。
いい加減覚えろよ、幼稚園児」


とコケおろし、お風呂へと去っていく古美門。


まあでも、それはある意味正しい。

どんな極悪人にも、弁護士がつくのは、
被告人を守るため、なのだから。



迷った黛は、羽生を訪ねる。

困ったことがあるなら相談に乗ると言われ……




後日、検察側は、急きょ、証人を追加する。

証人として出廷したのは、土屋。

毒物の売人として常習犯だった土屋は、
数ある別件をもみ消してもらう条件で、
今回証言台に立ったらしい。

それについて、古美門が言及するも、醍醐が立ち上がる。

「あなたは、毒物は被告人の物ではない
可能性を指摘した。
我々は、貴方の立論が間違いであると指摘したまで。
根拠もなしに警察を貶めるような発言は、
日々、懸命に職務に励んでいる全国の警察官に対し、
無礼千万である!!」


ここで流れる、「暴れん坊将軍」のテーマ曲!



公判後、古美門にクビを宣告される黛。

「信念ってヤツが貫けて良かったな、裏切り者」




その後、面会室で、これで終わり!と荒れる安藤貴和に、

「世界中の人間が君を憎もうと、私だけは君の味方だ。
例え君がビッチで鬼畜で殺人犯だろうが、
私は無罪にする。必ずだ」


と古美門は言い切り、

被告人質問で、自分の問いに全て「いいえ」と答え、
検察の質問には黙秘をすれば、
無罪にしてやると約束する。



のだが、被告人質問で、安藤貴和は、
全面的に自分の犯行を肯定し、罪を認めてしまう。


結果、判決では、控訴の棄却、

つまり、一審の死刑判決のままという結果に。



全戦無敗の弁護士・古美門研介、
初の黒星!!





ショックのあまり、靴が片足脱げた状態で帰宅した古美門、
服部さんの胸で号泣。




そのニュースを見た黛は、羽生を訪ねる。

しかし、土屋のことは、警察も知っていて、
いざと言うときに使うため、泳がしていたのだと
返されてしまう。

そして、自分は独立して、事務所を立ち上げるから、
一緒に来ないか?と勧誘。

「私は、古美門研介のパートナー弁護士です。
必ず、安藤貴和を助ける」


と告げ、断る黛。




その頃、服部さんは、食事の支度をする隙に、
古美門がいなくなったことに気付き、

「人間やめます 古」という書置きを発見。


蘭丸、黛らに連絡して、方々を探し回る。


服部さん、交番で古美門を表現して、

「早口で毒舌で、お金と名誉をこよなく愛する
濫悪(らんあく)な弁護士」


って、そんなこと思ってたのか。(^^:

外観を問われ、

「中肉中背、極度の横分け!」

て、だから、携帯で写真見せた方が早くね?(^^;



3人がかりで見つけられなかった古美門だが。



あれほど待望した古美門の敗北が面白くない三木が、
古美門宅を訪ね、

服部さん手製のビニールハウスの片隅で、
ちょこんと膝を抱えて座る古美門を発見。


人間やめて、植物になろうとしていた。(--;


そんな古美門に対し三木は、しばらく旅に出ると告げ、

「お前に黒星がついたなど俺は知らん!
俺にとってそんな事実はない!
さっさと上告しろ!
負けを帳消しにしろ!
俺はその後に戻る。
そして、お前を地獄に叩き落とす! いいな!」


そう言って、沢地と共に、世界一周豪華客船の旅に。


なるほど、今シリーズに三木が出ない理由がコレですかw

最終回辺りに、ひょっこり戻ってくんのかな?
その頃には舞台巡業も終わってるだろうし?



そして、三木らと入れ替わりに帰宅した黛ら。

ほっとする服部さんだが、
玄関の鍵かけずに出てくるなんて、
まさしく服部さんらしくもない。(^^;



ぼうっと出てくる古美門を見るや、黛は、

いきなりビンタを連発した挙句、蹴りまくり、
最後には、放り投げる。 

そして、胸ぐらをつかみ、

「私を一人にする気ですか?
二人で戦わなきゃダメでしょう!」
と怒鳴りつける。

「私は裏切ってませんから!
私はあの証拠を握りつぶしたんです!
勝負はこれからです。
植物になってる暇なんかないんですよ!」


とある書類を、古美門の眼前に突き出す。



そして、黛、あの有名すぎる例の言葉を。

「やられたらやり返す。倍が…」

と言いかけるのを、途中で古美門が「甘ーーい!」と遮り、

「やられてなくてもやり返す。
身に覚えのない奴にも、やり返す。
誰彼構わず、八つ当たりだ!!」



「それはただの迷惑な奴です」と黛が指摘。




その頃、羽生は、醍醐の秘書官を辞めた本田、
三木の事務所を退職した磯貝らと共に、

「NEXUS Law Firm」なる事務所を立ち上げていた。


なんか同局・月9ドラマ「リップア」の中の、
「NEXT INNOVATION」」ぽいw


羽生は、そこで決意表明を。

「僕らの目標は、言うまでもなく、
世界からあらゆる争いごとをなくすこと。
勝ち負けじゃない、
みんなが幸せになる世界を作ることだ。

ただ、その為には、乗り越えなければならない壁がある。

古美門研介。
彼を本当の意味で倒した時が、時代が変わる時だ」





そして、古美門は黛と共に、安藤貴和と面会。

被告人質問の前日、彼女を訪ねに来た、

「吉永慶子」という偽名の女性について問うも、

それには答えず、最高裁はない、死刑でいい、
と去ってしまう安藤貴和。











というわけで。

長い。長すぎるよ。初回からどんだけ長いんだ。

「半沢直樹」に「あまちゃん」に……
ありとあらゆるネタぶっこみすぎ!(^^;


つーわけで帰ってきました。

そして、まさかまさかの初黒星からのスタート。


この安藤貴和の事件は、今後も少しずつ絡めながら、
最終話まで引っ張るようで。



そして、打倒・古美門を掲げる、人たらしな羽生、

性根からあの通りの好人物なのか、
実は裏があるのか、まだ判りませんが、

何だあの夢物語は。

いい年こいて、よくもまあ、あんな甘いこと語れるな。

人間が二人以上いる限り、意見の対立は避けて通れず、
争い事だって、なくならないよ。

そんなのは、人間だけじゃなく、
動物だってなんだってそうだし。

それを本気で考えてるなら、
その手腕とやらを見せてもらおうじゃありませんか。



キャスト

古美門研介(弁護士)…堺雅人
黛真知子(古美門法律事務所の弁護士)…新垣結衣

加賀蘭丸…田口淳之介

羽生晴樹…岡田将生
本田ジェーン…黒木華 
磯貝邦光…古舘寛治

安藤貴和…小雪

醍醐実(検事)…松平健

井出孝雄(三木法律事務所の弁護士)…矢野聖人
沢地君江(三木の秘書)…小池栄子
三木長一郎(弁護士)…生瀬勝久

服部(古美門の事務員)…里見浩太朗




当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。 


過去記事⇒

<第1期>
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 

ドラマSP

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 【リーガルハイ】 第1話 初回感想

    Excerpt: 違う。 依頼人のオーダーが無罪ならクロでもシロにする。 それが我々の仕事だ。 このやり取り、もう飽きた! 今どき、朝ドラの主人公でももっと成長するぞ。 リーガルハイ 第1話 .. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2013-10-10 15:37
  • リーガルハイ 第1話:完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!

    Excerpt: やられてなくてもやりかえす(`・ω・´)シ_バーン! 大ヒットドラマの名言を古美門らしい皮肉でパロッたこのセリフ それどころか「身に覚えのないやつにもやり返す!」とどんどん過激になり 挙句の果てには「.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2013-10-10 16:00
  • リーガルハイ

    Excerpt: 初回の感想  Weblog: AKIRAのドラマノート racked: 2013-10-10 16:13
  • リーガルハイ 第1話

    Excerpt: vol.1「完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!」2013年10月9日  古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、恋愛問題が発覚したアイドル相手に.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2013-10-10 17:09
  • リーガルハイ(2期) #1 感想

    Excerpt: 黛「やられたらやりかえす」  古美門「あまーい!やられてなくてもやりかえす。 身に覚えのないやつにもやりかえす。だれかれ構わず、八つ当たりだ!」 はいはい。リーハイ2期 ... Weblog: なんでもあり~な日記(カープ中心?) racked: 2013-10-10 17:10
  • リーガル・ハイ 第2シリーズ - 堺雅人 新垣結衣

    Excerpt: リーガル・ハイ 第2シリーズ 水曜 22:00 フジテレビ 2013年10月9日~ [キャスト] 堺雅人 新垣結衣 岡田将生 小雪 田口淳之介 黒木華 古舘寛治.. Weblog: 新ドラマQ racked: 2013-10-10 17:22
  • リーガルハイ(2)第1話

    Excerpt: 「完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!」 内容 その日、古美門研介(堺雅人)は、黛真知子(新垣結衣)とともに 恋愛問題が発覚したアイドル南風るんるん.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2013-10-10 18:04
  • リーガルハイ 第2シリーズ (第1話・10/9) 感想

    Excerpt: フジテレビ『リーガルハイ 第2シリーズ』(公式) 第1話『完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!』の感想。 なお、『リーガル・ハイ 第1シリーズ』は.. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2013-10-10 18:10
  • 新ドラマ「リーガルハイ」第1話

    Excerpt: 黒星… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310100003/ 【送料無料】リーガル・.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2013-10-10 18:59
  • 新ドラマ「リーガルハイ」第1話

    Excerpt:   1「やられてなくても、やり返す!」簡易感想で…第1期は未見。見ておけば良かったと、ちょっと後悔(汗)とりあえず、いろいろと小ネタ満載で笑った序盤から、“お・も・て・... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2013-10-10 20:08
  • 陰陽屋へようこそ一話&リーガルハイ二期一話感想

    Excerpt: ■陰陽屋へようこそ一話 どんなドラマなんだ?って思って見たら、地味に地味だが面白かった。陰陽師もののファンタジーとかじゃぜんぜんなく、元ナンバーワンホストが始めた占い屋の話。下町の商店街にやってきた.. Weblog: NelsonTouchBlog racked: 2013-10-10 20:25
  • 「リーガルハイ 2」 第1話 完全復活・古美門研介! すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!

    Excerpt:  待ちに待ったシーズン2が始まりましたョ~!ヽ(*^ω^*)ノ しかも第一回は負け知らずの古美門先生、初めての黒星! シーズン1を、そのまんまなぞる気なし!新しくも力強い古美 ... Weblog: トリ猫家族 racked: 2013-10-10 22:23
  • 『リーガルハイ』♯01

    Excerpt: 完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう! Weblog: 悠雅的生活 racked: 2013-10-10 22:37
  • ドラマ「リーガルハイ2」 第1話 あらす...

    Excerpt: 「やられたらやり返す・・・」「甘~い!やられてなくてもやり返す。身に覚えのないやつにもやり返す。誰彼構わず八つ当たりだ!」「---------それはただの迷惑なやつです」ヤバイヤバ... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2013-10-10 22:40
  • 『リーガル・ハイ 第2シリーズ』第一話

    Excerpt: 「~2」とか「~リターンズ」とかが一切付かずに無印(?)のままってのに驚き。 新キャラが加わったけど、ノリは変わらず一安心。 「前作は観ていて当然だろう?」という作りも ... Weblog: 時間の無駄と言わないで racked: 2013-10-10 23:21
  • 「リーガルハイ2」第1話 感想

    Excerpt:  1話完結じゃなかったんですね。  時間延長、拡大した上に引っ張るか~。(笑)  まさか半沢直樹みたいに5話まで解決しないとか止めてよね。(汗) Weblog: Kanataのお部屋へようこそ racked: 2013-10-11 10:03
  • 「リーガル・ハイ2」第1話★肺に穴があいた検事・醍醐実(松平健)

    Excerpt: 「リーガル・ハイ2」第1話 安藤貴和(小雪)が被告の殺人事件を担当する主任検事・醍醐実(松平健)。 彼の人物像が一番面白かった。 醍醐実の居る部屋は何故か零下まで温度が下がり、訪ねてきた.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2013-10-11 10:13
  • 【リーガルハイ】初回感想と視聴率好発進♪

    Excerpt: 『リーガルハイ2』 「完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が Weblog: ショコラの日記帳・別館 racked: 2013-10-11 11:00
  • 【リーガルハイ】初回(第1話)感想と視聴率好...

    Excerpt: 『リーガルハイ2』「完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!」今日は、こちら、最高気温29.2度でした(汗)寒がりな私も、さすがに... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2013-10-11 11:00
  • リーガルハイ2 第1話

    Excerpt: 古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、恋愛が発覚したアイドルに騙された、と訴えるファンを弁護します。 めちゃくちゃな論理で被告を追い詰めた古美門は、真知子ではなく羽生晴樹(岡田将生)を指.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2013-10-11 15:32
  • リーガル・ハイ2「完全復活・古美門研介!」

    Excerpt: もう、番組宣伝の段階から、半沢パロディ「やられなくても、やりかえすっ!」で楽しめせてくれましたね。全力でトバしてました。 初回から、絶好調。快進撃!な視聴率も納得、です コミカル要素もパワ.. Weblog: のほほん便り racked: 2013-10-13 09:11
  • 「リーガルハイ」見ました

    Excerpt: もう半沢直樹はどこかへ飛んだ! 水曜22時、フジ「リーガルハイ」ね。 TBS「半沢直樹」が凄かった堺雅人さんのその後のドラマは、昨年放送されたフジ「リーガル・ハイ」の続編。なんでか続編は・が無.. Weblog: 続・主婦るーのTVあれこれ racked: 2013-10-30 14:11