映画「謝罪の王様」

もっと早くに見に行くつもりが今頃になってしまった、
「謝罪の王様」。

ネタバレ込みなので、ご注意を。



あらすじ(シネマトゥデイ)

依頼者たちに代わって謝ることで、彼らが抱える多種
多彩なトラブルを収束する東京謝罪センター所長、
黒島譲(阿部サダヲ)。

ヤクザの車と追突事故を起こし、法外な賠償金の
支払いを迫られていた帰国子女・典子(井上真央)は、
彼に助けられたのがきっかけでセンターのアシスタント
となる。

二人は、セクハラで窮地に陥った下着メーカー社員の
沼田(岡田将生)、あるエキストラの起用で外交問題を
起こしてしまった映画プロデューサー・和田(荒川良々)
など、さまざまな顧客に降り掛かる問題を謝罪で解決
していく。 



ヤクザと揉め事になった倉持典子、

セクハラで訴えられた沼田卓也、

息子の傷害事件で謝罪会見をしなければならなくなった、
大物俳優・南部哲郎と大物女優・壇乃はる香、

昔殴ってしまった娘に謝罪したい弁護士・箕輪正臣、

映画のエキストラに起用したことが原因で、
国際問題にまで発展してしまった、
映画プロデューサー和田耕作。


という5件の問題が、オムニバス形式で語られながら、

それぞれがほぼ同時期に起こっていて、
実は、意外な関わり方をしていると言うお話。


さらにそこに、自称・謝罪師の黒島譲が、
謝罪をビジネスに始めたキッカケも絡んでいると。




基本的には、深く考えずに笑っとけ、という話。

しかし、土下座を超えた謝罪ってのが、

まさか、アレとは。(^^;


つか、あれで謝罪になるのは、
相手がマンタン王国だから、だからね?(^^;


しかし、謝罪に行った先でポカやらかす大臣、
とか、シャレになんないよな~。
マジでいそうで。(--;



エンディングが、PV風だったのは、狙いですかね?(--;


キャスト

黒島譲(謝罪師)…阿部サダヲ

倉持典子(帰国子女)…井上真央

沼田卓也(下着メーカー社員)…岡田将生
宇部美咲…尾野真千子

南部哲郎(大物俳優)…高橋克実
壇乃はる香(大物女優)…松雪泰子

箕輪正臣(国際弁護士)…竹野内豊

船木(ラーメン店店員)…松本利夫

和田耕作(映画プロデューサー)…荒川良々
ワクバル(マンタン語通訳)…濱田岳

国松(文部科学大臣)…小野武彦
枝下(外務大臣)…濱田マリ
大戸谷(総理大臣)…嶋田久作



当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック