ドラマ「海の上の診療所」第2話

第2話「ちいさな島の小学校 たった1人の生徒と先生の絆」  


あらすじ(Yahoo!テレビ)

海診丸では、朝から騒動が持ち上がっていた。
航太(松田翔太)が、冷蔵庫にあった眞子(武井咲)
のプリンを勝手に食べてしまったのだ。
それを知った葵(藤原紀香)昇(福士蒼汰)、日内
(荒川良々)
は、眞子の反応を恐れ、航太を厳しく
非難する。  

そんな中、海診丸は人口150人ほどの小さな島・
美沖島を訪れる。そこで航太の前に現れたのが、
健康検診のために児童を連れてやってきた立花薫
(篠田麻里子)
だった。 

薫は、この島にある美沖小中学校の教師。
といっても、中学校は生徒がおらず休校になっており、
現在はたったひとり、10歳の片山遼(高木星来)
通っているだけだった。
薫は以前、本土で教師をしていたが、持病のぜんそく
が悪化し、教師を止めるべきかと悩んでいたところ、
美沖島の役場に勤める増田潔(八十田勇一)に声を
かけられてこの島に来たのだという。
しかし、島に来てからも病気はひどくなる一方で、
授業や学校行事を休まなければならないことが続いて
いるらしい。

村長で、遼の祖父でもある憲造(勝部演之)は、そんな
薫に見切りをつけ、別の教師を探すよう増田に命じて
いた。待合室でも発作を起こした薫は、明日行われる
予定だった遠足が憲造の反対で中止になるのでは、
と心配していた。
薫にひと目ぼれしてしまった航太は、自分も遠足に
同行するから、と言って何とか憲造の了解を得るが…。 



前回の島で早々に失恋した航太、
これからは仕事に生きる、と宣言した途端、

立花薫という女教師に一目ぼれするお約束w



生徒がたった一人しかいない学校の先生をしていたが、
持病の喘息の発作が度々起こり、

それが原因で、生徒の祖父でもある、村長に、
こんな教師に孫を預けられん、と言われており、

それもあって、遠足も中止にさせられそうに。


その話を聞いた航太は、自分が同行するからと
村長を説得し、承諾を得るも。

すっかりデート気分とかw

船長に出張して昼食まで用意してもらったり。



そんな中、一人で出歩いていた遼が足を滑らせ、
小枝が足に突き刺さるという怪我を。

それを発見した薫は、自分も発作を出しながら、
遼を背負って、海診丸へ。

航太の処置もあり、
後遺症が残る怪我ではなかったものの、

やはり、監督不行き届きを問題にされ、
村長が怒り、クビだと言われてしまう。



傷心の薫は、村長宅の離れを改築された家へ帰り、
荷物をまとめ出ていこうとしており。

そこを訪ねた航太は、壁紙をはがし、

薫の喘息の悪化の原因が、

質の悪い粘着剤を使用したことによる、
シックハウス症候群だと見抜く。


さらに、自分の体の不調よりも、
遼を助けようと必死だった薫は、

遼の命の恩人なのだと、眞子が村長を一喝し。


目が覚めた村長は、薫に礼を言い、
教師も続けられるように。


そして、何かと薫をフォローし続けていた増田が、
実は薫と両想いだったことが判明し、

航太、再び玉砕。





そんな感じで、毎回惚れては、
告白もせず失恋するのかと思いきや、

さすがにそれではマンネリだからか、

次回予告では、相手から「結婚してください」と言われてたね。



婚約者を紹介するとメールを送り続けているお母さん、

どうも体の調子がよろしくないようで?


でもって、航太を探していた羽鳥輝、

船長がUPしたブログの写真に航太を発見するや、

「見ぃつけた」

て、怖いよ!

「ミチル」ん時とは逆だな!(^^;



キャスト

瀬崎航太(総合診療医)…松田翔太 

戸神眞子(看護師)…武井咲 
内村葵(内科医)…藤原紀香 
三崎昇(看護師)…福士蒼汰 
日内晃(事務長)…荒川良々 
山中カルロス洋平(航海士)…植野行雄
前島邦宏(機関長)…土屋裕一 
海藤剛(船長兼料理長)…寺島進 

羽鳥輝…戸田恵梨香

瀬崎玲子(航太の母)…麻生祐未




当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒
第1話 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック