大河ドラマ「軍師官兵衛」第3話

第3回「命の使い道」  


あらすじ(Yahoo!テレビ)

婚礼の夜、おたつ(南沢奈央)は宿敵、赤松の軍勢に
命を奪われる。怒りと絶望のあまり復讐心にかられる
官兵衛(岡田准一)を、祖父・重隆(竜雷太)が「命の
使い道を考えろ」と諭す。

心の晴れぬ我が子を見かねた職隆(柴田恭兵)は、
官兵衛を堺への旅に送り出す。官兵衛は道中、
荒木村重(田中哲司)という牢人(ろうにん)に命を
救われる。
村重の案内で堺に向かう官兵衛は世界の広さを知り、
生きていることの重みを痛感する。 



諸事情でログインできなかったので、今頃。

なので、ざっくりいきますかね。



祝言の日を狙って赤松に襲撃された浦上家は、
抵抗する間もなく、全滅。

知らせを聞いて駆けつけた官兵衛は、

隠れた蔵で死に絶えていたおたつを発見し、号泣。


おたつを殺されたことから、
赤松家への報復を進言したり、

おたつの死を受け入れきれず、心ここにあらずな官兵衛。


祖父の重隆は、憎しみからは何も生まれん、
と官兵衛を諭し、しばらくして亡くなる。


赤松家が銃を買い入れたとの情報から、

それに対抗すべく、
小寺家でも銃の補充をして備えた方が良い、となり、

買い付け役に抜擢されたのは、官兵衛とその家臣の2人。

元服してるとはいえ、なぜこんな小童3人に。(^^;



道中、物取りに襲われたところを、荒木村重という男に救われ、

第十三代将軍、足利義輝が暗殺され、

その影響で、各地で戦が起きていることを教わり、

官兵衛自身も、その無残なさまを何度も見つつ、堺へ。


世話になった村重に、自分の金ではないのに、

礼金を弾み、村重との縁を深める官兵衛は、

会合衆の一人、今井宗久と交渉し、銃の買い付けを。


そこで、竹中半兵衛の介入もあり、
美濃攻略に手こずっていた信長もまた、

藤吉郎を使いにやって、銃を調達していたと聞かされる。



その後、町の中で布教をしているフロストの一行と遭遇し、

「汝の隣人を愛せ。さすれば世界から争いがなくなる」

という説法を聞く官兵衛。




んにゃわけで。

初恋の傷心は、旅先での未知への遭遇と好奇心で、
癒されました?

にしても、自分の金ではないのに、
やたら金の使いっぷりがいい官兵衛w

でもまあ、それで村重に貸しができたから良し?

キャスト

黒田(小寺)官兵衛…岡田准一

黒田(小寺)職隆(官兵衛の父)…柴田恭兵
黒田重隆(官兵衛の祖父)…竜雷太

母里小兵衛(黒田家の重臣)…塩見三省
母里武兵衛(官兵衛の側近)…永井大
栗山善助…濱田岳

おたつ(官兵衛の幼馴染)…南沢奈央
伊吹善右衛門(広峯神社の御師)…尾藤イサオ

櫛橋左京進…金子ノブアキ

石川源吾(赤松家の重臣)…升毅
円満(龍野西方寺の僧侶)…麿赤兒
赤松政秀(龍野城主)…団時朗

小寺政職(黒田家の主君)…片岡鶴太郎

竹中半兵衛…谷原章介

柴田勝家…近藤芳正
織田信長…江口洋介
木下藤吉郎(豊臣秀吉)…竹中直人



当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒

第1回 第2回

この記事へのトラックバック

  • 軍師官兵衛第3話(1.19)

    Excerpt: 浦上氏に輿入れしたおたつ@南沢奈央は赤松政秀@団時朗の急襲に遭い横死、 失意の黒田官兵衛@岡田准一は堺に行き、世界の広さを痛感したと 堺に向かった官兵衛の珍道中は『信長のシェフ』みたいなノリだったなあ.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2014-01-25 07:47