大河ドラマ「軍師官兵衛」第4話

第4回「新しき門出」  


あらすじ(Yahoo!テレビ)

室町幕府再興を狙う足利義秋(吹越満)は、各地の
大名に助力を求める書状を送っていた。
政職(片岡鶴太郎)は、その書状が職隆(柴田恭兵)
に届いたのを知り、力を増す職隆をけん制するため
官兵衛(岡田准一)を重用する策に出る。
その一環として、官兵衛と櫛橋家の娘・力(酒井若菜)
との縁談を進めるが、官兵衛を嫌う力の兄・左京進
(金子ノブアキ)
は猛反発する。
そんな折、官兵衛は、力の妹・光(中谷美紀)と偶然、
出会う。 


1週間遅れになってしまいましたな。(^^:



ええと。

越前まで逃げ延びた足利義秋は、次期将軍として、
京に上洛すべく、それに同行する者を求め、
諸大名に手当たり次第に書状を送り。

同じ書状が、小寺家と黒田家に届き、

小寺の殿さんが、わが子が幼いこともあり、
黒田家が寝返るかもしれぬ、と疑心暗鬼に。


殿さんの機嫌を直すべく、
職隆は官兵衛に家督を譲ろうと考える。


そんな中、官兵衛は、
病の母のためにと山桃の木に登ったはいいものの、
降りられなくなって泣く子どもと、

その子を助けようとする娘・光(てる)とに出会う。


後日、その光が、何かと官兵衛を目の敵に思う
櫛橋左京進の妹だと判る。


黒田家の寝返りを阻止したい小寺の殿さんは、

小寺と縁続きの櫛橋家の娘と官兵衛との縁組を勧め、

光の姉の力との話が浮上。

しかし、兄の左京進から官兵衛のよからぬ噂を
聞いていた力は、尼になるだのごねまくり。

ならばと、光が「わたくしが嫁に参ります」と言いだし。


晴れて、官兵衛と光は、夫婦に。



一方、美濃攻略に手こずっていた信長だが、

藤吉郎(秀吉)が敵の武将に交渉し、寝返らせ、

稲葉城は遂に落城。

美濃を岐阜に改名。


天下統一を目指す信長は「天下布武」を掲げ、

足利義秋を岐阜に呼び寄せ、上洛すると明言する。





時間がないので、感想はパス。


キャスト

黒田(小寺)官兵衛…岡田准一

黒田(小寺)職隆(官兵衛の父)…柴田恭兵

母里小兵衛(黒田家の重臣)…塩見三省
母里武兵衛(官兵衛の側近)…永井大
栗山善助…濱田岳

おたつ(官兵衛の幼馴染)…南沢奈央
伊吹善右衛門(広峯神社の御師)…尾藤イサオ

櫛橋左京進…金子ノブアキ

石川源吾(赤松家の重臣)…升毅
円満(龍野西方寺の僧侶)…麿赤兒
赤松政秀(龍野城主)…団時朗

お紺(政職の正室)…高岡早紀
小寺政職(黒田家の主君)…片岡鶴太郎

竹中半兵衛…谷原章介

柴田勝家…近藤芳正
明智光秀…春風亭小朝
織田信長…江口洋介
木下藤吉郎(豊臣秀吉)…竹中直人



当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒

第1回 第2回 第3回 

この記事へのトラックバック