アニメ「キングダム2」第38話

第38話「謀略の舞台」 


あらすじ(Yahoo!テレビ)

かつて反乱を起こし幽閉されていた成きょう(せいきょう)
と対面した(せい)は、成きょうとその一派を解放する
代わりに(りょ)陣営の勢力に対抗するための協力を
要求する。

一方飛信隊(ひしんたい)は、東の前線基地東金(とうきん)
へと向かう途中、韓軍に攻め込まれていた(じょ)という
国を救出する。
それにより、当初の行軍予定とは別の道を進む事となる
のだが、その最中、数千の兵を率いた李牧(りぼく)と遭遇
する。 


呂不韋陣営に対抗すべく、政が訪れたのは、

反乱以来、幽閉されていた、義弟の成キョウ。

実は、呂不韋と対立する手助けをする代わりに、
彼とその一派を解放するよう、何度か申し出があったそうな。


正当な王族の血筋ではない政への反感よりも、

他国の商人から成り上がった呂不韋への嫌悪感の方が、
成キョウ的には優っているようで。


利害は一致と言うことで、今回は、手を組もうとのこと。

政は、一週間以内に集められるだけ手勢を集め、

呂不韋が「相国(しょうこく)」となって空いた、
「丞相」の地位に、

自分の陣営の者をつかせる算段の様子。

その一人は、昌文君に、とのこと。




一方、行きずりで助けた「徐」という小国の少年と共に、

徐へと急ぐ信たち飛信隊。

今にも、砦の門を壊そうとする漢の兵士らに奇襲を仕掛け、

敵の二千人将と騎馬で一騎打ちした信は、
一撃で討ち取り、

大将が討たれたことで、漢軍兵らは、撤退していく。


あの輪虎と戦った経験で、騎馬での戦闘が上手くなったらしい。

まあ、あの輪虎以上の猛者は、そうそうはいないだろうしなぁ。



間一髪で救った徐という国は、

実は、魏、楚、趙という三つの大国に挟まれ、
その三国に庇護されていた国だった。

大国三つと隣接しているからこそ手に入る情報を、
他の国へ売ることを生業にしている、と。

さらには、その三国が裏で交渉をする
謀略の舞台でもある、と。


つまりは、その三国が、こぞって秦国へって計画が
立てられたりって可能性も無きにしも非ず??


徐の存在は、その三国でも、宰相クラスしか把握しておらず、
秘匿されていたが、

たまたま漢の兵士に場所を知られ、

三国を騙すよう指示されるも、それを拒み、
今回の仕打ちにあった、と。



信たちは、徐の長老から、お礼にと周辺の詳しい地図をもらい、

目的の場所へと急ぐのだが、

途中、いるはずのない軍隊に遭遇。

その場にいたのは、李牧だった。





いやはや、なんか色々きな臭いカンジ。

これからってところなんだけど、
第2期は、次回で終わりっすよねぇ?

ぐはあ、めちゃくちゃ続き気になるじゃないですか。

第3期はいつになるんだろう~?

キャスト

信(飛信隊)…森田成一
漂/エイ政…福山潤
河了貂…釘宮理恵

昌文君…仲野裕

呂不韋…玄田哲章
李牧…森川智之


第1期の記事は、「キングダム」カテゴリからどうぞ。


[第2期]
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話
第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 
第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 
第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 
第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 
第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック