大河ドラマ「軍師官兵衛」第16話

第16回「上月(こうづき)城の守り」  


あらすじ(Yahoo!テレビ)

調略で播磨分断に成功した毛利は5万の大軍で、
打倒秀吉(竹中直人)の兵を起こす。
官兵衛(岡田准一)は、毛利から奪った上月城を
守備する山中鹿介(別所哲也)を救おうと謀略の
限りを尽くすが、城は孤立する。

信長(江口洋介)は播磨に援軍を派遣するが、
秀吉を嫌う武将たちの動きは鈍い。
そんな中、敵に回った兄・櫛橋左京進(金子ノブアキ)
を説得するため光(中谷美紀)が無謀にも単身、
志方城に乗りこむという事件が起きる。 



播磨平定が一転、多くが毛利勢に寝返り、状況は不利に。


秀吉は、姫路を官兵衛の父に任せ、

光成の指揮で、早々に本陣を書写山へと移す。
そこへ、信長の命で派遣された荒木村重も合流するが、

失態を取り戻したい一心の村重は、
裏切り者の別所攻めにこだわり、秀吉に加勢しようとしない。

そんな中、半兵衛は血を吐いて倒れ、床に伏せてしまう。



勢いづいた毛利家は、「三道兵進」として、
山陰、山陽、水軍の3つに軍を分ける作戦に。

そして、手始めに上月城を取り返さんと送り出した兵は、
宇喜多の1万を加え、総勢5万。

ただし、宇喜多秀家は、仮病を使い、自身は戦場に立たず、
名代を送り、兵だけ出す姿勢。


それに対し、上月城の尼子家に集った兵の数は、わずか700。

上月城へ入った官兵衛は、
井上を使い、毛利へ投降するふりをさせ、
敵勢を城へ引き入れ、迎え撃ち、
そして、わざと数人逃がして警戒させ、

何とか時間を稼ごうとする。



一方、光は、毛利へ寝返った兄を説得しようと、
侍女だけ連れて、実家へ戻り、説得を試みるも、
兄の心を変えることは出来ず、
兄弟の縁を切られ、姫路へ送り返されてしまう。



その後、織田信忠率いる援軍が加勢に来るも、
別所攻めを主流とする考えから、

上月城へは、秀吉と村重の1万しか送れなかった。

そこで秀吉は単身京へ向かい、信長に直々に、
上月への援軍を頼むのだが、

「上月を見捨てよ」と信長は告げる。





見捨てられちまったよ。



メンテの合間を縫っての記事UPなので、ここまで。

キャスト

黒田(小寺)官兵衛…岡田准一

黒田(小寺)職隆(官兵衛の父)…柴田恭兵

栗山善助…濱田岳
井上九郎右衛門…高橋一生
母里太兵衛…速水もこみち

光…中谷美紀
櫛橋左京進…金子ノブアキ

宇喜多直家…陣内孝則
荒木村重…田中哲司
石田三成…田中圭
竹中半兵衛…谷原章介

柴田勝家…近藤芳正
明智光秀…春風亭小朝
織田信長…江口洋介
羽柴(豊臣)秀吉…竹中直人



当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 
第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 
第14回 第15回 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック