大河ドラマ「軍師官兵衛」第17話

第17回「見捨てられた城」  


あらすじ(Yahoo!テレビ)

官兵衛(岡田准一)秀吉(竹中直人)は毛利の大軍に
包囲された上月城を救おうとするが、信長(江口洋介)
の厳命で見捨てる羽目となってしまう。
官兵衛は断腸の思いで城に潜入、鹿介(別所哲也)
別れを告げる。織田の非情さに村重(田中哲司)
政職(片岡鶴太郎)は動揺する。

一方、宇喜多直家(陣内孝則)の動きを警戒した毛利方
小早川隆景(鶴見辰吾)は撤退を決断、左京進(金子
ノブアキ)
の志方城も見捨てられてしまう。 


秀吉が直々に頼み込むも、
信長が下した答えは、「上月を見捨てよ」との一言。


苦渋の想いで秀吉は播磨へ戻り、

それを聞いた官兵衛は憤るも、半兵衛に窘められ。

自ら上月城へ忍び込み、織田方の結論を告げる。


兵糧も尽き、限界だった尼子家当主は、自害。

せめて毛利に一矢報わんと考えていた鹿介は、
その当主の言いつけで、開城し、毛利家に投降。

一度はそれを許されるも、だまし討ちにあい、殺害される。



官兵衛は家来を使い、毛利方に寝返った武将に、
手紙を送り、調略を行う。



上月城の加勢を諦め、織田信忠の軍に、秀吉と村重が合流。

神吉城を攻略するも、
村重は、投降してきた人質を逃がしてしまうという
失態を犯してしまう。

後がないと焦る村重を、明智光秀がとりなすも、
余裕がない村重には届かない。



織田勢に囲まれる三木城、志方城の
加勢に行きたい毛利だったが、

官兵衛の調略で寝返った者らや、
味方のはずの宇喜多を警戒し、動けず。

そこへ、仮病を使っていた宇喜多秀家が訪ねてきて、

「わしは毛利様の味方」と口では言うものの、
明らかに二心ある態度で、

万が一挟み撃ちにされてはと考え、一旦撤退する。



毛利の援軍が来ないことを知り、
志方城の櫛橋左京進は自害する。

左京進の子らは、黒田家が面倒を見ることに。



そんな中、小寺の殿さんの正室、お紺が、死去する。

「くれぐれも迷ったときは官兵衛を頼られよ」
と言い残して。



優柔不断な小寺の殿さんのストッパーだった
お紺が亡くなり、御着城への警戒を強める官兵衛パパ。





というわけで。

揺れる播磨が平定になった、と思ったら、まだ早い。

つーわけで。

村重謀反、ですな。

信長も、まさか裏切るはずがないという人物に
裏切られるんだから、

カリスマはあっても、人徳はないんだよな。


キャスト

黒田(小寺)官兵衛…岡田准一

黒田(小寺)職隆(官兵衛の父)…柴田恭兵

栗山善助…濱田岳
井上九郎右衛門…高橋一生
母里太兵衛…速水もこみち

光…中谷美紀
櫛橋左京進…金子ノブアキ

お紺(政職の正室)…高岡早紀
小寺政職(黒田家の主君)…片岡鶴太郎

宇喜多直家…陣内孝則
荒木村重…田中哲司
石田三成…田中圭
竹中半兵衛…谷原章介

柴田勝家…近藤芳正
明智光秀…春風亭小朝
織田信長…江口洋介
羽柴(豊臣)秀吉…竹中直人



当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 
第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 
第14回 第15回 第16回 

この記事へのトラックバック