大河ドラマ「軍師官兵衛」第19話

第19回「非情の罠」  視聴率13.7%


あらすじ(Yahoo!テレビ)

ついに村重(田中哲司)信長(江口洋介)に謀反を
起こす。右近(生田斗真)ら摂津の諸将も反織田包囲
網に加わり、戦の準備を着々と進めていた。
秀吉(竹中直人)光秀(春風亭小朝)らの説得にも
村重は応じず、信長は激しい怒りを感じていた。

そんな中、官兵衛(岡田准一)の元に主君・政職(片岡
鶴太郎)
までもが毛利方に寝返ったという知らせが入る。
もし主君である小寺家が織田家と争えば、織田家の
人質になっている官兵衛の息子の命が危ない。

何とか政職を説得しようとする官兵衛に、政職は村重
が謀反をやめるなら考え直すと言う。官兵衛は村重
説得のため、半兵衛(谷原章介)ら周囲の反対を振り
切り、決死の覚悟で単身、村重のいる有岡城へ向かう。
だが、それは人生最大の苦難の始まりだった。 



村重謀反の知らせに、各地で激震が走る。

信長の使いで、光秀と秀吉が村重の説得に赴くも、
村重の心は変わらず。


妻のだし(桐谷美玲)は、村重に考え直してほしいと
頼み込むも、聞き入れてもらえず、

家臣の高山右近に、村重を説得してほしいと願うも、

右近は、かつて主君に殺されかけ、
その時、村重の助力で、主君を返り討ちにした。

「殺される前に殺さなければならない」と。

「村重様は私の恩人。
何があっても裏切るわけには参りませぬ」

と言って、自身の城に帰り、籠城を。


そして、その村重に唆され、
小寺の殿さんも、織田家に反旗を翻そうとする。

「お紺、わしに力を貸してくれ。
今度こそ、わしの見立てに狂いはない」

と言いながら、亡き妻の仏壇に手を合わせ、祈る。

官兵衛パパが会いに来ても、会おうともせず、
追い返してしまう。


主君、小寺家の裏切りは、家臣である黒田家にとっても一大事。

特に、織田家の人質になっている松寿丸の身が危うい。

今まで散々尻拭いをさせられた挙句の裏切りに、
今度ばかりは、御着を攻め落とすしか、という声も上がる中、

「黒田家は、御着の殿に拾われ、今がある。
その恩を忘れてはならぬ。
主君に弓を引くことはわしが許さぬ。
ここで殿を見捨てては、黒田の義が立たぬ」

と、官兵衛は家来衆を黙らせる。

そして、御着城へ向かい、小寺の殿さんの説得へ。

「村重を説き伏せられれば、わしは考え直す」
との言葉を引き出し、


まずは、秀吉の元へ。

自分が行って会って、無理だった秀吉は、
行くのは危険だと一度は止めるも、

付き合いの長い官兵衛ならばもしやと考え、承諾。


病の床に伏せていた半兵衛も、

自分にはもう時間がない。
自分が死んだあとを任せられるのは官兵衛だけ。
今行ったら、殺されに行くようなもの、と止めるのだが、

「播磨者は強情よ」と折れてくれ。

官兵衛が善助らを残し、単身、長岡城へ向かうために、
善助たちの足止めを任されてくれる。



そうして、官兵衛は、たった一人で、村重の元へ。

官兵衛は、今ならばまだ間に合うと説き伏せるのだが。

村重は、小寺の殿さんからの書状を官兵衛に見せる。

そこには、
「官兵衛がそちらに行くので、殺してくれ」
と書かれていると。

小寺の殿さんの裏切りに、愕然とする官兵衛。

しかし、村重は、官兵衛に詰め寄り、

「わしは、おことを殺しはせぬ。
それよりも手を組みたい。
のう、官兵衛、織田を裏切り、わしに味方せぬか?
我らが手を組めば、天下は夢ではないぞ」


官兵衛は、村重をしかと見据え、

「お断り致す。
某、断じて裏切りは致しませぬ」
と返す。

「おことこそ裏切られたのだぞ!?
そのように人の良いことで、この乱世生き残れぬわ!」

と、声を荒げる村重に、

「抗いまする」と答える官兵衛。

「ならば致し方ない」と言って、村重は合図を送り、

家来どもが官兵衛を取り囲み、村重の命で生け捕りに。

そのまま官兵衛は、牢屋に閉じ込められる。



そして、天正六年十一月、
遂に信長は、自ら村重討伐に出兵する。





囚われの身となった官兵衛。

ここから、結構長い間、牢獄暮らしなんだよね。

しかしまあ、あの状況で殺されなかったのが、
不思議なくらいだよなぁ。





そしてそして。

ええと、2016年の大河が、「新撰組!」に続いて
2度目の三谷幸喜による、「真田丸」に決定。

それは……観るよ、絶対。


キャスト

黒田(小寺)官兵衛…岡田准一

黒田(小寺)職隆(官兵衛の父)…柴田恭兵

栗山善助…濱田岳
井上九郎右衛門…高橋一生
母里太兵衛…速水もこみち

光…中谷美紀
小寺政職(黒田家の主君)…片岡鶴太郎

高山右近…生田斗真
荒木村重…田中哲司
石田三成…田中圭
竹中半兵衛…谷原章介

明智光秀…春風亭小朝
織田信長…江口洋介
羽柴(豊臣)秀吉…竹中直人



当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 
第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 
第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「軍師官兵衛」第19回

    Excerpt: 官兵衛、捕縛… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405110001/ 【楽天ブックス.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2014-05-12 20:09
  • 軍師官兵衛第19話(5.11)

    Excerpt: 荒木村重@田中哲司の謀反に同調、 織田信長@江口洋介に反旗を翻す小寺政職@片岡鶴太郎。 村重を説き伏せれば考え直すという政職の言葉を信じ、 羽柴秀吉@竹中直人や竹中半兵衛@谷原章介の制止を振り切り、 .. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2014-05-12 21:41
  • 大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術19官兵衛説得に失敗!生き残る道は1つしかなかったが村重を説得するにはあまりにも無理があり過ぎた

    Excerpt: 大河ドラマ「軍師官兵衛」第19話は村重の謀反により小寺政職も毛利に寝返り、黒田家は一気に厳しい立場に陥った。秀吉と光秀が説得に向かったものの結局説得できずもはやどうす ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2014-05-12 23:04
  • 「軍師官兵衛」 第19回、非情の罠(わな)

    Excerpt: 大河ドラマ「軍師官兵衛」。第19回、非情の罠(わな)。 村重の謀反から、御着の殿・政職も謀反。 官兵衛は説得に奔走するが・・・ Weblog: センゴク雑記 racked: 2014-05-12 23:43
  • 【 軍師官兵衛 】第19回 「非情の罠(わな)」感想

    Excerpt: 村重(田中哲司)が信長(江口洋介)に謀反を起こし、右近(生田斗真)ら摂津諸将も 反織田包囲網に加わった。 秀吉(竹中直人)の説得も物別れに終わる中、官兵衛(岡田准一)のもとに主君・政職 (片.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2014-05-13 04:31
  • 『軍師官兵衛』第19話「非情の罠」★赤鼻の小寺政職(片岡鶴太郎)が!!

    Excerpt: 『軍師官兵衛』第19話「非情の罠」 謀反をおこした荒木村重(田中哲司)に倣い織田に付くことにした小寺政職(片岡鶴太郎)・・・。 赤鼻の小寺政職、意志が弱い! これを受けて黒田家でお話.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2014-05-13 15:01
  • 軍師官兵衛 第十九回

    Excerpt: 「非情の罠」 内容 村重(田中哲司)の謀反に、信長(江口洋介)は、 秀吉(竹中直人)光秀(春風亭小朝)を説得に向かわせるが、失敗。 それを受け、信長は、村重討伐を命じる。 一方、官兵衛(岡田准一.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2014-05-13 17:34
  • 『軍師 官兵衛』 第19回「非情の罠」

    Excerpt:  謀反に走った荒木村重のもとを、秀吉と光秀がおとずれました。しかし、もはや二人の説得に耳をかさない村重に、何を言っても無駄のよう。だしは、高山右近の意見も聞くよう村重に言いますが、それも同じでした。し.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2014-05-13 18:25
  • 【軍師官兵衛】第19回 感想と視聴率「非情の罠」

    Excerpt: 「非情の罠」 2016年の大河ドラマは、戦国時代の武将・真田幸村を主人公とした「 Weblog: ショコラの日記帳・別館 racked: 2014-05-13 22:12