「BORDER」第6話

第六話「苦悩」 視聴率11.6% 


あらすじ(Yahoo!テレビ)

女子大生が転落死。状況から自殺と断定されたが、
遺体を調べた比嘉(波瑠)は幾つかの点に不審を抱く。
解剖したいが、遺族の意向で遺体は引き渡されてしまう。
数日後、再び女子大生の転落死事件が発生する。
亡くなった女子大生・芳賀の手首には自殺未遂の痕跡
があり、今回も自殺と断定される。比嘉から独自の捜査
への協力を頼まれた石川(小栗旬)は、霊として現れた
芳賀から通院先の精神科医と交際していたと聞く。 


今回は、偽装自殺ということで、
毎回恒例の、死者が「俺(私)は○○。~で殺された」
という語りはなく、スタート。



自殺未遂をしたことのある妹の様子を見に兄が訪ねると、
窓が開いており、その下に、妹の無残な姿が。

一見して飛び降り自殺、と思われるも、

検死に来た比嘉が、首が折られていることや、
揃えて置かれていた靴の近くに、枯れ枝を見つけ、

他殺ではないかと思い、第一発見者の兄に、
解剖の許可を得るのだが、

両親の意向で、解剖は直前で取りやめに。

しかし、日付指定で妹が取り寄せたチョコが配達で届き、
自殺ではないと兄が相談に。


お目付け役で呼ばれた石川は、

「俺は他人には見えないものが見えるんだよ。
だから、どんな事件でも真実が見通せるんだ」


と言い、今度からは自分を頼れ、と比嘉に告げる。


その矢先、同様に飛び降りた場所に枯れ枝が置かれた、
飛び降り自殺死体が発見され、
比嘉は連続殺人だと疑う。


枯れ枝は、ダンテの『神曲』の一文からの引用だと。



2人目の遺体と面会した石川は、
その死者の魂から、自殺でないことを確認し、

ハッカー2人組の、ガーくんサイくんの元へ。

被害者の女性が、旅行のチケットを購入していたことから、

「間違いない。彼女は生きようとしてたんだ。
それを邪魔した奴がいる。
どんな手を使ってでも、そいつを追い詰めてやる」


と呟く石川に、二人が手を止め、石川を見つめる。


すると石川は、4つ上の兄の話を始める。

いつも自分の味方をしてくれる優しい兄だったが、
自分が大学生の時、朝、電話をかけてきた。

昔話をし始める兄に、講義の時間だからと切り上げ、

最後の兄の声が、ひどく寂しげだった。

その日、兄が、首を吊って死んだが、
遺書はなく、原因がわからずじまいだった。

なぜ、自分はあの時、何かに気付いてやれなかったのか、
そう、自分を責め続けているのだと。


誰にもしたことのない話をしたことに、自分で驚きつつ、

「聞いてくれてありがとう」と言うと、
照れる二人に、笑みがこぼれる石川。


石川は、被害者の二人が通院していた精神科の
院長が怪しいと睨み、二人に探らせるも、
院長にはアリバイがあった。


そう報告すると、比嘉は、自殺未遂をした際に
担ぎ込まれた病院の関係者だと気づく。

結果、当直医の津川利雄が、二人の処置をしてたことが判明。


石川は、立花に協力してもらい、
津川が新たな犯行を犯すところを確保しようとしたが、

隙を突かれて津川に逃げられ、追いかけるも、

屋上まで逃げた津川は、枯れ枝を置き、
自ら身を投げて死んでしまう。


石川が、死んだ津川に問うと、

津川もまた、幼い頃に、
自分の姉が飛び降りるのを目撃した過去があり、

それがキッカケで、人の命を救う医者になったのだが、

自ら命を絶とうとする者が絶えず、
しかも、救っても、また、同じことを繰り返そうとする。

そして、医者として、命を救えなかった時に感じる
絶望感に苦しまれ続けてきたと言う。

「俺は気付いたんだよ。
治しても意味がないってこと。
奴らは俺を苦しめるために、
何度でも戻ってくるんだってこと。
苦しみから解放されたかったんだよ」





石川は、死んだ兄が納骨された墓に参り、
「出てきてくれ」と呼びかけるも、答えはなく、

「役に立たない能力だな」と愚痴る。





前回の岡部の時にも言っていたけど、

必ずしも死者が石川の前に現れるとは限らないようで、

今回も、わざわざ被害者の遺体に面会する、
という工程を踏んで、現れたし。

荼毘に付していると、ダメらしく。

だから、墓場に行ったら、死者だらけってことには、
ならないようですな。

キャスト

石川安吾(殺人犯捜査第4係第一班)…小栗旬
立花雄馬(殺人犯捜査第4係第一班)…青木崇高
比嘉ミカ(特別検視官)…波瑠
市倉卓司(殺人犯捜査第4係第一班・班長)…遠藤憲一

スズキ(便利屋)…滝藤賢一
ガーファンクル(ハッカー)…野間口徹
サイモン(ハッカー)…浜野謙太

赤井(情報屋)…古田新太




当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒

第一話「発覚」
第二話「救出」
第三話「連鎖」
第四話「爆破」
第五話「追憶」 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」第6話

    Excerpt: 木の枝… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405160001/ 【楽天ブックスならい.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2014-05-16 20:11
  • BORDER (第6話・5/15) 感想

    Excerpt: テレビ朝日系『BORDER』(公式) 第6話『苦悩~自 殺現場の枯れ枝に隠された犯行予告』の感想。 なお、金城一紀氏による同名のメディアミックスプロジェクトの漫画と小説は未読。 .. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2014-05-16 20:29
  • BORDER 第6話

    Excerpt: 都内のマンションで女子大生が墜落死します。 警察は自殺だと判断して捜査を打ち切ろうとしますが、ミカ(波瑠)だけは死亡状況に違和感を覚えます。 特に中指の硬直と屋上に置かれてあった枯れ枝に、.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2014-05-16 21:11
  • BORDER警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係 第6話

    Excerpt: 「苦悩~自殺現場の枯れ枝に隠された犯行予告」 内容 女子大生・久保田舞子が飛び降り自殺を図った。 現場に駆けつけた比嘉(波瑠)は、先着していた管理官の鴨川(北見敏之)から、 状況から自殺だろうと.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2014-05-17 21:11