大河ドラマ「軍師官兵衛」第24話

第24回「帰ってきた軍師」  


あらすじ(Yahoo!テレビ)

播磨の反織田勢力は勢いを失い、残るは御着城の
小寺政職(片岡鶴太郎)と三木城の別所長治(入江
甚儀)
だけとなった。官兵衛(岡田准一)は見事に
三木城を開城させるが、その人が変わったような
冷徹さに秀吉(竹中直人)らは驚く。

また、信長(江口洋介)は村重から奪った有岡城で、
戦勝祝いのうたげを催していた。お濃(内田有紀)
家臣は荒木一族の怨念が満ちる場所でのうたげに
気味悪がるが、信長は気にしない。
そこへ本願寺が立ち退きに応じた知らせが入り、
信長は天下布武の総仕上げだと満足する。 



戦場に戻ってきた官兵衛は、
まずは籠城中の三木城へ行き、別所長治の交渉に。

来るなり、「地獄からの死者」と自ら称し、

長治ら、別所一族が命を差し出せば、
将兵らは助けてやると言う。

断れば、荒木一族の二の舞になるぞ、と脅し。

長治は、それを受け入れ、妻や子らとともに自害。


官兵衛は、織田の評判が悪いから、
酒肴を差し入れして、城内の者らの御機嫌取りを、
と秀吉に提案。

そうすれば、後々播磨で事がしやすいと。


凄みをきかせる官兵衛の様子に、
「人が変わった様じゃ」と驚く周囲の者ら。



そうして、三木城が陥落し、次は御着城の小寺。

相変わらず、どっちつかずな優柔不断な殿を見限り、
次々と逃げ出す家臣ら。

進退窮まった殿さんは、息子の斎と共に逃亡。

それを、黒田の家臣らが捕え。


息子の官兵衛が1年も土牢に入れられ、
孫の松寿丸も殺されかけ、

さすがの官兵衛パパも恨みつらみが抑えきれず、

命乞いをする殿さんを斬ろうとするも、
そこへ官兵衛が来て止める。


官兵衛は、殿さんの縄を解かせ、二人きりになり。

「武士らしく腹を召されよ」と刀を差し出すも、

「嫌じゃ、許してくれ」と、往生際の悪い殿さんは、
みじめに逃げ回り。

「かくなる上は致し方ございませぬ」と官兵衛は腰の刀を抜き、

「小寺、覚悟!!」

と剣を振り下ろすも、斬れず、そのまま逃がしてしまう。


そのことを秀吉に報告し、

「斬ろうとしましたが、斬れませなんだ」

「何故斬れなかった?」

「それは、某の甘さでございます」
と言って、詫びる官兵衛に、

「それで良いのじゃ!」と笑う秀吉。

「憎い仇を斬らずして逃がす。それが官兵衛じゃ!」


……ダメだろ、激しく。(--;


その後も、いつものケチっぷりを見せて、
「やっぱり、殿は殿」と、光や父を安心させる。


どうも、亡くなった半兵衛の代わりに、
と気負いすぎていた様子。




その頃、信長は、有岡城で祝賀会を催して、

舞い手が、村重の妻だし(桐谷美鈴)に見えたり。

本願寺と和睦したり。

久しく武勲のなかった佐久間信盛(立川三貴)
用無しと言って追い出したり。

こんなことしてっから、本能寺の変で、
光秀が裏切るんじゃん。



年が明けて正月、官兵衛は、秀吉から、
一万石の領地をもらい、大名に。

それを機に、土牢暮らしの時、心を癒してくれた藤の花を、
新たな黒田家の家紋に。

「死があればこそ、命は重く、そして尊い。
黒田の者は皆、命の重みを噛みしめ、
力強く生き抜いてゆくのだ。
その思いを、この家紋に込める」






てなわけでー。

何だ、結局、官兵衛は官兵衛か。(--;

「お前んところで、そいつ殺しちゃってよ」
なんて書状を送り付けて、見殺しにした殿を、

斬らずに逃がすとか、甘いっつーか、激甘。

恩があるっていうけど、恩より、
面倒事押し付けられた借りの方が多かった気がするんだが。

逃がすにしても、落とし前くらいつけて欲しかったぞ。


さて、全50話として、次がちょうど半分、かな?

キャスト

黒田(小寺)官兵衛…岡田准一

黒田(小寺)職隆(官兵衛の父)…柴田恭兵
光…中谷美紀

栗山善助…濱田岳
井上九郎右衛門…高橋一生
母里太兵衛…速水もこみち

小寺政職(黒田家の主君)…片岡鶴太郎

石田三成…田中圭
柴田勝家…近藤芳正
明智光秀…春風亭小朝
織田信長…江口洋介
羽柴(豊臣)秀吉…竹中直人



当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 
第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 
第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 
第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「軍師官兵衛」第24回

    Excerpt: 地獄からの使者… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406150000/ 【楽天ブック.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2014-06-16 15:44
  • 軍師官兵衛 第二十四回

    Excerpt: 『帰ってきた軍師』 「“帰ってきた軍師”地獄の使者に変身?」 内容 有岡城の陥落で、播磨で残るは、三木城と御着城となった。 その三木城は、織田軍による兵糧攻めにより陥落寸前。 そんななか、使者と.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2014-06-16 18:33
  • 『軍師 官兵衛』 第24回「帰ってきた軍師」

    Excerpt:   官兵衛が使者として三木城に入り、降伏勧告しました。城兵を助けるという条件で、別所長冶ら一族が自決して、ここに三木城は陥落。ついに播磨の毛利方は小寺氏のみとなりました。信長は有岡城に進駐し、そこで能.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2014-06-16 18:50
  • 「軍師官兵衛」 第24回、帰ってきた軍師

    Excerpt: 大河ドラマ「軍師官兵衛」。第24回、帰ってきた軍師。 秀吉の下へと帰ってきた官兵衛は、半兵衛の代わりを努めるべく 軍師としての働きに奔走する。 Weblog: センゴク雑記 racked: 2014-06-16 23:34
  • 軍師官兵衛第24話(6.15)

    Excerpt: 織田に敵対した三木城の別所長治@入江甚儀は降伏して自害、 御着城の小寺政職@片岡鶴太郎は城を捨て逃亡、 逆に播磨平定に功のあった黒田官兵衛@岡田准一は一万石の大名になったと 播磨騒動始末編といったと.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2014-06-16 23:38
  • 大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術24ついに播磨平定!官兵衛は小寺から晴れて独立し一大名として再出発した

    Excerpt: 大河ドラマ「軍師官兵衛」第24話は戦線に復帰した官兵衛は早速2年間籠城戦をしている三木城の別所長治の降伏に成功させる。一方裏切った小寺政職は御着城を逃げ出し、途中で官 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2014-06-17 22:15
  • 【軍師官兵衛】第24回感想と視聴率好調♪「帰ってきた軍師」

    Excerpt: 「帰ってきた軍師」 第24回の関東の視聴率は、前回の16.0%より大幅に上がって Weblog: ショコラの日記帳・別館 racked: 2014-06-18 17:20