大河ドラマ「軍師官兵衛」第28話

第28回「本能寺の変」  


あらすじ(Yahoo!テレビ)

光秀(春風亭小朝)が謀反、京・本能寺に攻め入った。
お濃(内田有紀)が刃に倒れ、信長(江口洋介)も炎の中に
消えていく。

事件を知らずに備中高松城を包囲していた官兵衛(岡田
准一)
は、付近の農家でやつれ果てた政職(片岡鶴太郎)
と思わぬ再会を果たす。

やがて一大事のしらせが京から備中に届き、いち早く知った
官兵衛は秀吉(竹中直人)の天下を実現するため、知略の
限りを尽くした一世一代の大勝負に打って出る。 



明智光秀の謀反により、周りを完全に包囲された本能寺で、

森蘭丸らが足止めし、信長は、お濃と共に屋敷の中へ逃げるも、
途中、お濃が刺されてしまい、

息も絶え絶えのお濃に止めをさし、信長は、奥へ奥へと進み、
行きついた先は、火に燃え盛る部屋。

そこで信長は、得意の「敦盛」を吟じ。

「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり。
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか。

生きるも死ぬも一度限り。存分に生きたぞ!」


持っていた刀で首を掻っ切り、自害して果てた。




明智光秀の謀反の知らせは、京の御所を始め、各地に伝わり。


長浜城のおねは、老兵や女たちが徹底抗戦の覚悟を決める中、

「逃げるのです。
こんな年寄りと女が束になっても物の役には立ちませぬ。
逃げるが勝ちです。城より命」


と言って、逃げ支度を。



堺にいた家康は、もはや袋のねずみで逃げようもないから、
潔く自害して果てよう、と言うも、

側近たちが、道を使わず山を越えればいいと訴え、

「生きて三河へ帰る」と決意。



一方、備中にその知らせはまだ届かず、知らずにいた官兵衛に、
思わぬ知らせが舞い込む。

秀吉の評判を落とさぬよう、
水攻めで水に浸かった村に米を配っていたところ、

播磨から逃げていた、小寺の殿さんを発見したと。

息子の斎も元服して、名を小寺氏職(柳下大)と改めていた。

病で伏せているという殿さんは、白くなった髪はぼさぼさで、

姿を見せた官兵衛に、すまなかったと詫び、
息子の氏職を頼むと懇願し、

官兵衛が承知すると、「良かった」と安堵し、そのまま息絶える。


そんな安らかに永眠させて良かったんですか。(^^;


さすがに秀吉も「お人よしよのう」と呆れw



明智の援軍と、信長の出陣を待ちわびていた官兵衛の元へ、

織田家臣の長谷川宗仁からの密書を携え、
辰蔵(須賀貴匡)が、検問をかいくぐりやってきた。


「天地人」では、宇喜多秀家で関ヶ原も戦ったのに。


人払いをさせ、官兵衛が官兵衛であることを確認した上で、

明智の謀反と、信長討死を知らせる密書を渡し。


それを読んだ官兵衛は、一度一人きりになり、
動揺し、悩み、そして、ある決断をする。



まずは、傍に待機していた善助にだけそれを伝え、
毛利への伝書が届かぬよう、指示を出し。


その夜のうちに、寝所で寝ている秀吉を起こし、
密書を読ませ。

誰より、信長に心酔していた秀吉は、激しく動揺するも、

官兵衛は、「殿、一刻を争います。お気を確かに」と告げ。

まるで聞こえていないような秀吉の肩を掴み、

「判りますか?
殿の御運が開けたのですぞ。
開けました。御運が開けました」
と言って、秀吉の注意を引き。

「今は亡き、竹中半兵衛様の思いをお忘れか。
半兵衛様は、殿が天下に名乗りを上げるのを待ち望み、
某が軍師として支えるよう、言い残して下さいました。

今こそ、その時でございます。
上様の死を毛利に悟られることなく、
すぐさま引き返し、誰よりも早く、
謀反人、明智光秀を討つのです。

それこそが、亡き上様の為。天下の為でございます」


官兵衛の言葉に、秀吉の顔もがらりと変わり。

「官兵衛、判った。して、何をすれば良い?」

「すべて、この官兵衛にお任せ下さい」

「判った、官兵衛」と答えながら、そのまま泣き崩れる秀吉。



そうして、官兵衛は、寝ている恵瓊を叩き起こし、
さすがに機嫌の悪い恵瓊に、

「毛利と早急に和議を結びたい。
毛利八か国の本領安堵をお約束致します」
と交渉を。

官兵衛の意図が判らない恵瓊に、

「秀吉様が天下に名乗りを上げる好機が訪れたのです」

と前置きし、

「織田信長公が亡くなられました。
明智光秀の謀反でござる」
と告げる。






てことは恵瓊を抱き込んで、毛利をだまくらかすってこと?(^^;

ここへきて、官兵衛が策士の顔になってきましたかね。


この和議をどうまとめて、中国大返しとなるのか、楽しみです。

キャスト

黒田(小寺)官兵衛…岡田准一

黒田(小寺)職隆(官兵衛の父)…柴田恭兵
光…中谷美紀
黒田長政…松坂桃李

栗山善助…濱田岳
井上九郎右衛門…高橋一生

徳川家康…寺尾聰
明智光秀…春風亭小朝
織田信長…江口洋介
羽柴(豊臣)秀吉…竹中直人



当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 
第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 
第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 
第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 
第24回 第25回 第26回 第27回 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 【 軍師官兵衛 】第28回 「本能寺の変」感想

    Excerpt: 光秀(春風亭小朝)が謀反、京・本能寺に攻め入った。お濃(内田有紀)が刃に倒れ、 信長(江口洋介)も炎の中に消えていく。 事件を知らずに備中高松城を包囲していた官兵衛(岡田准一)は、付近の農家で.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2014-07-14 13:40
  • 大河ドラマ「軍師官兵衛」第28回

    Excerpt: ご運が、開けた… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201407130000/ 【楽天ブック.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2014-07-14 14:45
  • 軍師官兵衛 第二十八回

    Excerpt: 『本能寺の変』 内容 天正十年六月二日未明。 光秀(春風亭小朝)は、信長(江口洋介)のいる本能寺へと攻め入った。 翌日、備中高松城を包囲していた秀吉(竹中直人)官兵衛(岡田准一) 官兵衛は、善助.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2014-07-14 17:38
  • 『軍師 官兵衛』 第28回「本能寺の変」

    Excerpt:  本能寺をかこんだ明智の軍勢は、光秀の号令一下せめかかりました。森蘭丸の注進で光秀の謀反を知った信長は、「是非もなし」と一言。蘭丸はじめ家臣たちは懸命に防戦し、信長はもちろん、濃姫も矢をはなち戦います.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2014-07-14 20:18
  • 大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術28信長本能寺に散る・・・官兵衛はこれを聞き好機と捉え秀吉に天下の好機と進言して秀吉の気持ちを動かした

    Excerpt: 大河ドラマ「軍師官兵衛」第28話は光秀が本能寺に信長を討たんと謀反を起こした。信長は本能寺でわずかな手勢しかおらず、信長は奮戦空しく濃姫と共に本能寺の灰となった。二条 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2014-07-14 20:48
  • 軍師官兵衛第28話(7.13)

    Excerpt: 援軍を待つ羽柴秀吉@竹中直人や黒田官兵衛@岡田准一だったが、 織田信長@江口洋介は明智光秀@春風亭小朝の突然の襲来で本能寺で横死、 突然の悲報に呆然とする秀吉に官兵衛は天下取りの好機と囁いたと 信長.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2014-07-15 02:30
  • 「軍師官兵衛」 第28回、本能寺の変

    Excerpt: 大河ドラマ「軍師官兵衛」。第28回、本能寺の変。 織田信長の最期。 ここから羽柴秀吉と黒田官兵衛の大躍進が始まるのでしょう。 Weblog: センゴク雑記 racked: 2014-07-16 01:51
  • 【軍師官兵衛】第28回感想と視聴率「本能寺の変」

    Excerpt: 「本能寺の変」 第28回の視聴率、関東は前回の16.7%より少し上がって、17. Weblog: ショコラの日記帳・別館 racked: 2014-07-18 13:09