大河ドラマ「軍師官兵衛」第29話

第29回「天下の秘策」  


あらすじ(Yahoo!テレビ)

秀吉(竹中直人)の天下取りのため、官兵衛(岡田准一)
は真っ先に京に戻り謀反人・光秀(春風亭小朝)を討つ
策を巡らす。そのために信長の死を隠したまま、目前の
敵・毛利との和睦を進める。

一方の光秀も、新たな天下人として地位固めに躍起に
なる。大混乱の中、家康(寺尾聰)おね(黒木瞳)
命からがら逃亡を続ける。

遂に和睦成立、京に反転を始めようとしたその時、秘密
が毛利方に漏れる。そこで官兵衛が打った手とは…。 



六月三日の夜中、安国寺恵瓊(山路和弘)を訪ねた官兵衛は、

信長が明智に討たれたことを打ち明けた。

驚いた恵瓊が、動揺を隠せないまま、「何故?」と問えば、

「恵瓊殿であればお判り頂けるはず。
某の一世一代の賭けにございます!」
と答える官兵衛。

つまり、信長暗殺の件はここだけの話にして、
和議を結ぼうということ。

「面白い、この賭け、わしも乗った!
我ら二人で天下を動かす。これ以上に面白いことはない」


と、恵瓊は快諾し、早速、清水宗治(宇梶剛士)の説得へ。



恵瓊との内緒話が済んでから、ようやく官兵衛は、
秀吉の近臣らに、信長暗殺の件を打ち明け。

毛利の抑え、畿内の偵察、長浜の心配などを口にする近臣らに、
今は何をおいても、仇討が先、と官兵衛が説いていると、

ショックからようやく立ち直った秀吉が姿を見せ、

足軽だった自分を取り立ててくれたのは信長。
今の自分があるのは、信長あってのこと。

「この秀吉が上様の仇を討たずして、誰が討つ!?」

と秀吉が言えば、もはや、誰も口答えは出来ない。



恵瓊が再度、毛利の本領安堵が約束されたから、
織田方に寝返れと説得するも、

ならばこそ、自分が腹を切り、それで片を付けていただきたい、
と決意する清水宗治。


その件を、小早川隆景(鶴見辰吾)へ報告するも、
織田側の好条件に、話がうますぎると警戒する小早川。

そこへ、夜道を馬を走らせ姿を見せたのは官兵衛。

信長が出陣し、大きな戦は避けられなくなる。
だからこそ、無益な戦は避けたいと言う官兵衛。

「清水殿は、腹を切らせるにはあまりに惜しいお方。
されど、そのお命こそが、織田と毛利両家の和の証となり、
この乱世を終わらせるのでございます」


さらに恵瓊も、「天下の為なら喜んで死ぬ」と
宗治が申しておりました、と付け加え。

その場で、和議を受け入れる決断を下す小早川。



黒田の陣に戻った官兵衛は、

「我ら黒田の働きで、秀吉様を天下人に押し上げる!」
と家臣らに告げ。

善助に、手配を指示し。

・重い武具は、船で運ばせる。⇒船の手配
・街道沿いの農民や商人に、炊き出しの準備をさせる。
・夜道も駆けるため、松明の準備。

テキパキと差配をする善助は、姫路に使者を送り、
姫路からも炊き出しや替えの草鞋を用意させ、
東西から手配すれば、滞りないと言い、

ならば自分が使者に行くと申し出たのは、長政。

官兵衛の許しを得て、長政が姫路へ。



六月四日、

小舟の上で、白装束の清水宗治が、舞を舞った後、切腹。

死ぬ直前、官兵衛の名を叫び、

「会えて嬉しかった」と呟くのは、過剰演出。(^^;

奥さんとか家臣とか、毛利とか、他にいるだろ。


「見事な最期だ」と、その一部始終を見守った秀吉が感服する。


宗治の自害を見届けた小早川隆景の元へ、
京から使者が現れ、信長暗殺の件が知られてしまう。


その頃、姫路にも、信長暗殺、明智謀反の件が伝わり、
又兵衛が、備中へ使いに走る。

そして、道中、又兵衛と長政が再会。二人は、姫路へ。


一方、堺から山中を抜けて、伊賀越えの家康は、
愚痴をこぼしては、家臣らに叱咤されつつ、

「こんなところで死んでたまるか」と、命からがら三河へ帰還する。



六月五日、

光秀は安土城へ入り、信長が集めた名物茶器を、
残らず家臣らに分け与えた。


美濃に逃げ延びたおねは、長浜が、明智の家臣に
占拠されたとの知らせを聞く。

「このままじゃ、明智の天下」

おねは、一刻も早く帰ってきて、と夫・秀吉の帰還を祈る。


長政は、又兵衛と共に姫路にたどり着き、
炊き出しと松明の手配を頼み、
弟の熊之助を一目見てから、
又兵衛と共に、父の元へとトンボ返りする。


安土城の明智へ、一番頼りにしていた、いとこの細川が、
信長の死を悼み、出家し、家督を息子に譲ったとの書状が。

説得をするためにも、朝廷の後ろ盾を得ようとする。



一方、備中の秀吉は、信長と信忠は生き延びていて、
再起を伺っているとの偽文を、
どっちに着くか迷っている大名に送ろうとしていた。

官兵衛は、しんがりを黒田が務めることを秀吉に告げ、

毛利との和議の締めくくりへ。


毛利側から、人質二人を受け取り、
ついでに、毛利の旗をお借りしたいと申し出ると、

明智の討伐に使う気か?とバレバレなのが判明。

官兵衛の周りには、毛利の兵が囲み。

しかし、官兵衛は笑い飛ばした後、

「何戯れを仰せか。ここは戦場(いくさば)でござる。
味方の利にならぬことを口にしなかったまで。
小早川様とて、某と同じ身となれば、同じようにされたはず」


と開き直る。

そんなふてぶてしい官兵衛に、追い打ちをして、
明智と東西から挟み撃ちにしてやろうか、と小早川が言えば、

「追い打ちをなさるというなら、なされば良い。
判らぬか!?
今、最も天下に近いのは、羽柴秀吉様。
必ずや、天下をお取り頂く。
今、ここで事を構え、遺恨を残すか、
それとも恩を売り、共に乱世を終わらせるか、
毛利の行く末を選ぶのは、貴方様でござる」


ここでドンパチやるより、恩を売った方がお得だよ、と。

「官兵衛、わしを試すか?」と憎々しく睨み付ける隆景。

「毛利は天下を望んではならぬ。
それが亡き父元就の遺訓だ。
元より我らに??を広げる野心はない。

羽柴殿と和議を結び、本領が安堵された今、
大義なき者につき、世を乱すことは、
毛利にとって何の利もない」


「では?」

「行け。一刻も早く明智を討て。わしはおぬしに賭ける」


「この恩、忘れませぬ」と去ろうとする官兵衛を呼び止め、

「官兵衛、旗を持て。
それから、引き際には堤の堰を切って、
我らが追えぬよう行く手を阻んでおけ」


と、すっかり官兵衛の一味にw




六月六日、

遂に、出立の準備が出来て、秀吉は家臣らに告げる。

「これより京へ上り、謀反人、明智光秀を討つ!
我らが、織田信長様の敵を討つのじゃ!!」


弔い合戦ということで、異様に盛り上がる中、

しんがりを務める黒田衆は、毛利の動向を見守っていた。


信長暗殺の件は、隆景の兄にも知られ、秀吉にたばかられた、
と激怒するも、

犠牲となった清水宗治の死に報いるためにも、
逆臣の肩を持つより、
ここは秀吉に恩を売っておくのが得策、と隆景が説得し、

毛利の兵は、撤退していく。


それを見届けた官兵衛らは安堵し、

「これで、敵は明智光秀のみ。行くぞ!」

と一路京へ向かって走り出す。



六月七日、

光秀は、朝廷の後ろ盾を当て、ほくほく顔。

しかし、秀吉が猛然と向かっているのを、知る由もなかった。







というわけで。

本能寺の変が6月2日で、まだそれから5日後ですよ。

「三日天下」てのは、さすがに大げさだけど、

新幹線や飛行機がある現代ならいざ知らず、
この時代に、備中から京へ、歩兵共々、向かおうというのだから、
しかもそれを実現して見せたのだから、すごいよな。


という「中国大返し」は、次回!



キャスト

黒田(小寺)官兵衛…岡田准一

黒田(小寺)職隆(官兵衛の父)…柴田恭兵
光…中谷美紀
黒田長政…松坂桃李

後藤又兵衛…塚本高史
栗山善助…濱田岳
井上九郎右衛門…高橋一生
母里太兵衛…速水もこみち

石田三成…田中圭

徳川家康…寺尾聰
明智光秀…春風亭小朝
織田信長…江口洋介
羽柴(豊臣)秀吉…竹中直人



当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 
第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 
第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 
第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 
第24回 第25回 第26回 第27回 第28回 

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「軍師官兵衛」第29回

    Excerpt: 毛利と、和議を結ぶ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201407200000/ 【楽天ブ.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2014-07-21 15:29
  • 【 軍師官兵衛 】第29回 「天下の秘策」感想

    Excerpt: 秀吉(竹中直人)の天下取りのため、官兵衛(岡田准一)は真っ先に京に戻り謀反人 ・光秀(春風亭小朝)を討つ策を巡らす。 そのために信長の死を隠したまま、目前の敵・毛利との和睦を進める。 一方の.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2014-07-21 15:38
  • 軍師官兵衛 第二十九回

    Excerpt: 『天下の秘策』 内容 信長(江口洋介)の訃報を知った官兵衛(岡田准一)は、 そのことを秀吉(竹中直人)に伝えるとともに、 運が開けたと。。。光秀(春風亭小朝)討伐を、誰よりも早くなすべきと進言。 そ.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2014-07-21 17:56
  • 『軍師 官兵衛』 第29回「天下の秘策」

    Excerpt:  安国寺恵瓊に本能寺の変の飛報を明かすという思いきった行動に出た官兵衛は、考えるすきをあたえないかのように羽柴軍と毛利軍との和議に協力してくれるようたたみかけます。これには恵瓊も驚きますが、ともに天下.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2014-07-21 18:44
  • 軍師官兵衛 第29回「天下の秘策」

    Excerpt: 前回大きな転換点となる本能寺の変が起こり織田信長はこの世を去っていくのですが、今回はその出来事があったのは既に過去に出来事になってしまったかのような存在感のなさに少し驚きを覚えてしまったのですが、主人.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2014-07-21 23:23
  • 大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術29官兵衛の交渉術に恵瓊と隆景が同意し秀吉の天下取りの道は完全に開かれた

    Excerpt: 大河ドラマ「軍師官兵衛」第29話は官兵衛は秀吉に天下の好機と進言した直後恵瓊に信長は光秀に討たれた事を告げる。恵瓊は驚いたが、官兵衛はこの状況で無益な戦をするよりも光 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2014-07-22 06:25
  • 軍師官兵衛第29話 &おやじの背中第2話(7.20)

    Excerpt: ・軍師官兵衛第29話(7.20) 織田信長@江口洋介の非業の死を知り、 羽柴秀吉@竹中直人の天下取りの好機と悟った黒田官兵衛@岡田准一は 小早川隆景@鶴見辰吾や安国寺恵瓊@山路和弘との交渉の末毛利と和.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2014-07-22 07:30
  • 「軍師官兵衛」 第29回、天下の秘策

    Excerpt: 大河ドラマ「軍師官兵衛」。第29回、天下の秘策。 織田信長、死す。 黒官兵衛と秀吉の天下取りが始まる。 Weblog: センゴク雑記 racked: 2014-07-23 01:05
  • 【軍師官兵衛】第29回感想と視聴率「天下の秘策」

    Excerpt: 「天下の秘策」 第29回の関東の視聴率は、今までの最高だった初回の18.9%を遂 Weblog: ショコラの日記帳・別館 racked: 2014-07-24 23:30