「ST 赤と白の捜査ファイル」第2話

FILE 02「相棒刑事が卑劣な犯罪を追う!
    大好評の新バディが今夜も難事件をズバリ解決!」 
 
                        視聴率11.4%


あらすじ(公式サイト)

三ヶ月前から昼夜を問わず突然、通行人が殴り倒される
事件が続発する。しかも犯人は「スデナグリ」というハンドル
ネームを使い、犯行の一部を動画サイトにアップし、まるで
ゲームの様に楽しんでいた。

そしてサイトの閲覧数が増加した為、犯行がエスカレート
し遂に山田修という青年が殺される。
しかし、遺体を調べた赤城左門(藤原竜也)は、山田の
殺害はスデナグリではなく、別の犯人だと見抜く。百合根
友久(岡田将生)
は被害者・山田が生前あるマンションに
通っていたことを突き止め、赤城と共に部屋を捜査した
ところ、血痕を発見する。
そう山田はこの部屋で殺害されたのである。そして部屋の
所有者であるライトノベル作家・広塚章太(忍成修吾)
任意同行で事情聴取することに。

青山翔(志田未来)のプロファイリングをもとに百合根は
広塚が自分のゴーストライターである山田の独立をめぐり
2人が対立し、殺害に至ったのではないかと詰め寄る。
だが広塚は山田とコンビだったことは認めたが、殺害は
否定する。

一方、青山による地理的プロファイリングをもとにスデナグリ
の次の犯行現場を張り込みする菊川吾郎(田中哲司)。
しかし現れた複数のスデナグリから集団リンチに遭ってしまう。
果たして菊川は無事なのか!?
広塚は真実を語っているのか!?
2つの事件が錯綜し、迷走する捜査。赤城は隠された真実を
見つけられることはできるのか―。  



「sudenaguri(スデナグリ)」という名で、
人を殴る動画がアップされ、その投降頻度が増す中、
ついに、死人が出る。

しかし、赤城は遺体を調べ、素手ではなく凶器による犯行で、
遺体が運ばれたことを指摘し、模倣犯であると断定。


被害者の山田修(大沼遼平)の行動範囲を調べた結果、
ライトノベル作家の大畑アキオこと広塚章太(忍成修吾)
マンションに通っていることが判明。

大畑アキオとは、広塚の生き別れの父の名で、
小説家志望だった父に読んでもらえるように、と
父の名をペンネームに使っていた。

そして、山田は、違う作風の作品を交互に出している
大畑アキオのゴーストライターだった。


プロファイラーの青山が、大畑アキオの作品を読み、
分析した結果、

ゴーストであることの暴露、もしくはコンビ解消でもめ、
広塚が山田を殺害したという結論に。

しかし、そのことを取り調べで追及した赤城は、
被害者の爪に残っていた皮膚片から、
犯人が皮膚がんを患っていることを読み取り、
広塚が犯人ではないと断定する。


また、青山が「スデナグリ」の行動パターンを分析し、
次の犯行日時と場所を割り出し、

菊岡と筒井が張り込んだところ、
読み通りその場所に犯人が現れるも、
単独犯ではなく集団で、菊岡は大けがをし、病院へ搬送される。


両方の分析にミスがあったことで、赤城は青山を罵倒する。

「法医学の観点から断言できる。
お前の分析は間違っている。愚か者。

スデナグリの件もそうだ。複数犯である可能性を無視し、
単独犯だと決めつけていた。愚か者」


そして、再度の分析を命じる。


青山は、再び、大畑アキオの作品を読み直し、

山吹らの助言を得て、スデナグリの次の出没場所と、

大畑アキオには、2人目のゴーストがいたことを見つけ、

「犯人は、広塚章太の生き別れた父親」と答えを出す。


「あああ……残念だ、謎が全て溶けてしまった」
という赤城の叫びは毎回なのかw



筒井が女子高生に扮し、スデナグリをおびき寄せ、

黒崎が、スデナグリ集団を一網打尽に。

主犯格の男に、「菊川さんの分」「被害者たちの分」
と言ってボディーブローを入れる辺りが♪

でも、やりすぎかけて、筒井が止める。


筒井から、犯人確保の知らせを受け、
徹夜帰りの青山は、ガッツポーズ♪


無事、意識を取り戻した菊川に、礼まで言われ。

その菊川を、実は赤城が見舞っていて、
病室の外に、ガッキー君人形を置いてたのを、
筒井から聞いた百合根はニヤニヤw



2人目のゴースト、大畑章夫(中山仁)は、
広塚のマンションの管理人だった。

父親とは名乗らず、自分の作品を広塚に読ませ、
大畑アキオのゴーストに。

独立したいと言いだした山田が、広塚ともめ、
ゴーストがいることを山田が公表しようとしたので、
殴り殺してしまった。


末期のがんで、裁判が終わるまで持つかどうかすら
危うい父と、広塚は、親子として再会する。








んなわけで。

STのメンバーは全員そろわないのか?

とりあえず、赤城と百合根がメインで、
残りのメンバーは、メインとなる回でってことなんですかね。



「ゆとり世代」(赤城)
「好きでゆとったわけじゃありません!」(百合根)

いつから「ゆとる」なんて造語がw

赤城を殴る妄想をし、それを見破られるとかw

言い争いをしているのを、青山に、

「イチャイチャしている」と指摘されるとか、


相変わらず仲の良いことで。(^m^)



でもせっかくだから、全員が活躍する話も見たいぞ。

黒崎は毎回アクション担当なのかw
次回は黒崎メイン回っぽいけど。

で、今回は、僕っこプロファイラーの青山の回、と。

「弘法も筆の誤り」ですかねー。


けど、管理人が、生き別れた父親、なんて判りやすすぎるだろw


キャスト

<ST(科学特捜班)>
赤城左門(法医学担当。対人恐怖症)…藤原竜也
百合根友久(キャップ。メモ魔)…岡田将生
青山翔(プロファイラー。秩序恐怖症)…志田未来
結城翠(物理担当。閉所恐怖症)…芦名星
黒崎勇治(化学担当。先端恐怖症)…窪田正孝
山吹才蔵(化学担当。不眠症)…三宅弘城

<捜査一課>
菊川吾郎…田中哲司
筒井桃子…柴本幸
池田草介(管理官。百合根の同期)…林遣人
松戸紫織(理事官)… 瀬戸朝香

三枝俊郎(元参事官)…渡部篤郎



当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。


過去記事⇒

SPドラマ「ST 警視庁科学特捜班」

(連ドラ版)
第1話 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック