アニメ「猫のダヤン」第12話

第12話「ピノキオの左足(後編)」



翌日、先に目覚めたピノキオは、
ダヤンが焼いて置いておいたねずみパンを見て、

「おいしそう」と言って、パクパク食べてしまう。


後から起きたダヤンが、
昨夜焼いたねずみパンがないことに気づき、

ピノキオに「君が食べたのかい?」と問うも、

「黒い悪魔が出てきた」と嘘をつく。

「嘘なんかついたら、後ですごく困るよ?」
とダヤンが忠告し、

知らんぷりをしていたピノキオの鼻が、
庭の木まで届くほど伸びてしまう。


ピノキオは泣き出し、嘘をついたこと、
ダヤンに迷惑をかけたこと、いたずらしたことなどを、

「ごめんなさい」と謝り、伸びていた鼻が縮んで元通り。


「さあ、絵本に戻ろう」とダヤンがうながすも、

「やなこった!」とさっき泣いていたのが嘘のように、
家を飛び出て逃げていく。

ダヤンを訪ねてきたマーシィが、ピノキオとすれ違い、
ダヤンから事情を聴くや、

「いい子にしないと人間の子どもになれないわよ!」
と呼び止め。

それは困ると戻ってきたピノキオは、絵本の中へ。


ぺーじをめくると、ピノキオは人間の子どもになっていたが、

左足は木のままだった。

「イワンにちゃんと謝ってなかったからかな?」と呟くダヤン。






いや、面白かったけど、
なぜにダヤンとピノキオという組み合わせに。(^^;


キャスト

ダヤン(猫)…島本須美
マーシィ(うさぎ)…竹達彩奈
ジタン(猫)…平山笑美
三人の魔女…ニーコ
シーム(うさぎ。マーシィの弟)…宮本琴未
イワン(ワニ)…小田敏充
バク…狭川尚紀
月のおばさん…柚木尚子

語り部…島本須美


過去記事⇒

第1話「ダヤン、わちふぃーるどヘ」
第2話「ダヤンのたんじょうび(前編)」
第3話「ダヤンのたんじょうび(後編)」 
第4話「ダヤンのおいしいゆめ(前編)」
第5話「ダヤンのおいしいゆめ(後編)」
第6話「ダヤン、ふたたび赤ちゃんになる(前編)」
第7話「ダヤン、ふたたび赤ちゃんになる(後編)」
第8話「ウィザーローク(前編)」
第9話「ウィザーローク(後編)」
第10話「ダヤンのすてきな午後」
第11話「ピノキオの左足(前編)」 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック