またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 3DS「RPGツクールフェス」攻略メモ「Dragon Heart」その1

<<   作成日時 : 2018/01/31 14:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3DS「RPGツクールフェス」の第3回コンテストの投稿作品で、
作:いたヅラさんによる重厚なダークファンタジーRPG。




▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
    Dragon Heart    
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲




ドラゴンの統治によって保たれていた平和が、
欲深い人間たちの反旗によって崩れ去り、
怒り狂ったドラゴンは地中深くへと姿を消す。

ドラゴンの力を欲する者が絶えず、その穴に潜るも、
凶悪なモンスターが住み着く為、誰も成功しない。

そして、また。
新たな挑戦者が、廃墟と化したその町に足を踏み入れる。




まだプレイ中でクリアしていない為、感想は差し控えますが、
(クリアしました。感想はコチラに別記で
今、これに夢中というくらい、はまり込んでいるゲーム。

需要があるかは不明ですが、攻略メモを作成。
ネタバレありですので要注意。


なお、エリア名はゲーム内に表記ないので勝手に名付けてます。





● キャラクター選択 ●

職業10種のうち、男性5種、女性5種で、全て異なります。
「職業選択画面」から「↓」を押すと、「性別選択画面」に戻ります。

どれで始めたかによって、装備品、所持金、所持品も違います。
例えば、盗賊ならロックピックを、魔術師ならMP回復アイテムを
持ってスタートといった具合。

(男性) 

騎士
:高HPでクリティカル率が高め。最初から全体技を使える。
初期スキルなし

呪術師:状態異常を付加した闇魔法が特徴。
(主人公のみ)初期スキル:薬物学ランク1

盗賊:素早さが高く、アイテムドロップ率が高い。
攻撃+回復の技を使えるため、前衛でも戦える。
(主人公のみ)初期スキル:鍵開け技術ランク1

神殿騎士:回復魔法が使え、戦闘中、常時回復も。
(主人公のみ)初期スキル:太陽の神信仰ランク1

貴族:お金を多く得られる。光属性の魔法が使える。
(主人公のみ)初期スキル:薬物学ランク1、植物学ランク1


(女性)

アーチャー
:先制率が高め。
(主人公のみ)初期スキル:装飾品加工ランク1

祈祷師:回避率が高め。
全体攻撃+攻UP、全体攻撃+回復といった技が使える。
(主人公のみ)初期スキル:爆発物取扱いランク1

蛮族:高HPで攻撃力も高く、反撃も。ボス戦で頼れるアタッカー。
鞭など全体攻撃な武器を持たすと、雑魚戦で大活躍。
初期スキルなし

魔術師:高火力、範囲魔法が使えるも、防御力は低め。
(主人公のみ)初期スキル:薬物学ランク1、古竜信仰ランク1

傭兵:逃走率が高め。最初から全体技を使える。
(主人公のみ)初期スキル:トラップサーチランク1


注意)主人公に限り、古竜信仰と太陽の神信仰の掛け持ちは不可。


⇒さらに詳細なスタート時の職業別データを
クリア後目線で書いたものは、コチラ。
 


自分は、盗賊を主人公で、2人目を蛮族、3人目は悩んで騎士、
4人目は更に悩んで呪術師でプレイしてます。

蛮族は、素早さもそれなりにあるので、重宝します。

騎士は遅いですが、高威力の全体技も使えます。
てゆーか、「乱れ雪月花」見覚えがあると思ったら、
「ロマサガ」技だったかw 好きだったわー。

呪術師は防御が低く、死にやすいのがネック。
でも、敵の攻撃力や防御力を下げる魔法が使えるので、
ボス戦に役立つ。






● 町の施設案内 ●


・記憶の石碑…回復(状態異常、戦闘不能も)、セーブはここのみ。


・穴の入口…ダンジョン探索はここから。
道具屋は物語の進行によって品が増える。


・竜の巫女…「竜力の結晶」を手に入れると、助力してくれるように。

「結晶の欠片」で薬物学などのスキルを会得、強化できる。
ランクを1上げるのに、欠片が5つずつ必要。振り直しは不可。

古竜信仰と太陽の神信仰は、魔法習得がかなり終盤になるので、
それまで放置で良いかと。

トラップサーチは、<墓地エリア>以降で必要。

爆弾も序盤は買えない。

LV上げは、4人同時に1ずつ上がる。


・鍛冶屋…弟子が売る防具の内容は固定。

緑の宝箱か、ダンジョン内で拾った武器は、
特定の素材とお金を支払うことで強化してくれる。
⇒詳細はコチラの「攻略メモ・その5」へ

「竜鉄鋼の欠片」を落とすのは、<森林エリア>の鋼土蜘蛛。


・調合施設…薬剤の調合、装飾品の加工が出来る。
スキルを持っていなくても、ランク0の品は誰でも作成可能。


この家の庭にある植木鉢に「何かの種」を植えると「長寿草」が育つ。
植物学がなくても「長寿草【還暦】【古希】」は手に入る。

植物学ランク1で【米寿】、ランク2で【白寿】、ランク3で【天寿】。
何が育つかはランダムなので、事前にセーブ。


「長寿草【還暦】」×「長寿草【古希】」でできる「長寿薬」は
1個100Gで売れるので、序盤の資金稼ぎにし、
早めに防具を新調したいところ。


薬剤の調合リストは歌姫が教えてくれる。
(リストの「原始の竜焔」は、「原始の癒炎」の間違い)

装飾品は、アイテムを選択後、右手のメモを見れば、
効力や必要な素材が分かる。






● ダンジョン ●


<坑道エリア・前半>

(素材・鎧を落とす敵)

極楽鳥:獣の羽根
ゴブリン:チェーン 


ニートの「一閃」を使えば、全ての敵は片付く。

入ってすぐ左のレバーはゴンゴラだが、現時点では使用不可。
下まで降りて、そこのレバーを作動後、使用可能に。

左下の穴から行ける、石碑のある部屋は、現時点では不明。

右の穴から行ける<下水道エリア>とネズミは、
ニート同行時には回避される。


赤い宝箱閉じた袋(後のエリアではキラキラした光)は、
ダンジョンに入るたびに入手可能で、中身はランダム。

緑の宝箱は、強化可能な武器が入っているが一度きり。

白い宝箱
は、ロックピックがあれば解錠に挑める。
これも中身はランダムで、ダンジョンに入るたびに復活する。

※ロックピックの使い方※

「Novice」とあるものは、鍵開け技術なしでも挑める。

十字キーを押し、正解ならカチっという音が、違うと別の音がする。
カチっという音でAを押すと、解錠に必要な数字が減り、0で開く。

難易度が上がると、武器の強化アイテム(上位)などが手に入る。
「Novice」では帰還のスクロールなど。


穴から飛び降りた先で「スコップ」を拾い、
トロッコに「スコップ」で土砂を入れて道を作り、
竜の血霧の先の狂騎士を倒せば、
ニートのお守りが終了。

独り立ちできるLVまでは、二―トの世話に。



町に戻り、竜の巫女に「竜力の結晶」を見せると、
それを使って仲間が増える。
上記の通り、初期スキルは主人公のみのボーナスなので要注意。

町に戻っていた騎士に話しかけると、お礼に、
「結晶の欠片」をくれる。スキル強化用アイテム。


2周目で、「竜力の結晶」を余分に持っていれば、
この時点で4人パーティにできる。



<坑道エリア・前半〜後半>

(素材・鎧を落とす敵)

憑き犬:獣のなめし革(物防28、魔防2) 


まずは2人目のLV上げを優先。

ニートに注意されたネズミ、ラピトルクイーンに挑めるも、
現時点では無謀。
3人になった頃くらいか。

但し、スキル強化に必要な「結晶の欠片」を落とすので、
帰還のスクロールを使ってマラソンすれば、手っ取り早い。
(ラピトルクイーン倒すと550G、帰還のスクロール500G)

盗賊がいれば、15個入手するのに18回〜20回ほど。


同じく、ニートに注意された<下水道エリア>は、
無事に脱出し、突き落した人物に話しかけると、
それ以降、帰還のスクロール、ロックピックなどを売る道具屋に。

爆発物取扱いランク1以上なら、爆弾も売ってくれる。

※但し、脱出の際、帰還のスクロール未所持なら、
ラピトルクイーンとの戦闘不可避なので、
倒せる強さが必要。



<下水道エリア>から右上に抜けると<監獄エリア>
下に抜けると<毒の沼地エリア>へつながるも、
どちらも現時点では無謀。

詳細は、攻略メモ「その2」以降で記述。



竜の血霧の先で、腐敗した探索者白骨化した探索者と戦闘。
毒攻撃に注意。
まれに、ぼろ布の服(物防:10、魔防:10、耐毒)を落とす。

<坑道エリア>を抜けると、<森林エリア>に出る。

石碑に触れると、ワープ機能が作動し、
以降、石碑の部屋から<森林エリア>へワープ可能に。






⇒攻略メモ・その2「森林、峡谷、墓地、下水道、監獄、塔エリア」に続く。




⇒3DS「RPGツクールフェス」の他のゲームの感想、
 攻略メモについては、こちらからどうぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制です。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 3DS「RPGツクールフェス」攻略メモ「Dragon Heart」その1 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる