テーマ:ケータイ捜査官7

「ケータイ捜査官7」第36話

episode36「ともだち」 視聴率2.4% ある日、網島ケイタ(窪田正孝)が前に住んでいた所の親友・大江達郎(佐野和真)がやってきた。 いっっしょに富士山に行こうと約束していたあの日、01(ゼロワン)の事件に巻き込まれて計画が頓挫したきり会えなくなっていた例の少年だ。 積もる話をしようにも、ケイタはアンダーアンカーで…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第35話

episode35「ケイタのはつゆめ」 視聴率1.5% 珍しくも、アンダーアンカー本部で出前を取ることになり、皆から大量の注文を聞く網島ケイタ(窪田正孝)。 何かにメモればいいのに頭で記憶しようとするから、3度聞き直しても覚えきれず。 たまらず7(セブン)がスピーカーをオンにして、記憶した注文をペラペラと告げる。 最初から…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」番外編

番外編「ドキッX’マス捜査官」  なんと不覚なことに、episode34「ねらわれたサード」を録画したのに、観てないのに誤って消してしまい、かなり凹みまくっていたところ、Yahoo!動画で、こんなの見つけた。 つか、コレって放送されてたの?? 関東圏だけあったんかな~? とりあえず、Yahoo!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説版『ケータイ捜査官7 滝本壮介の事件簿』

読破致しましたぁ! さすがに、今年最後の読書になるでしょうね。 何か、年々、読む量が減ってるなぁ。(^^; 外出時の移動中なんかに、ちょこちょこ読んでたんですけど、 2章の後半辺りからは一気に!でした。 『ケータイ捜査官7 滝本壮介の事件簿』 藤崎淳一:著 いや~それにしても、滝本さんがカッコ良すぎる~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第33話

episode33「ラブラブ大作戦」 視聴率3.4% かつては「空気君」なんて呼ばれていた網島ケイタ(窪田正孝)の珍しい、学校での姿が。 廊下とか屋上、もしくは登下校ってのはあったけど、教室って珍しいですな。 前よりも協力的になったケイタに、「私ってもしかして網島のことが好き??」と悩む優璃(岡本…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第32話

episode32「宇宙ウィルス」 視聴率3.6% 外宇宙から受け取った電波を、世界中の支援PCを使って解析するというプロジェクト。 その受信した電波自体が生命体だった為に、増殖を続け、地球上のあらゆる機器が侵食されていく。 ブーストフォン・メディックを装着した3(サード)がオペを開始するも、単純な4つの「プーピーパーペ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第31話

episode31「ゼロワン、走る!」 視聴率2.8% お久しぶりの滝本さん(津田寛治さん)♪が絡んだお話でした。 滝本さんと7(セブン)による連係プレイと、それに美作さん(伊藤裕子)のナイスフォローによって、仕事を邪魔されたことを逆恨みしたクラッカー多田(本宮泰風)が、下校途中の網島ケイタ(窪田正孝)と7(セブン)…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第30話

episode30「ネットライブ防衛指令」 視聴率3.1% ホントは出かける予定だったけど、めんどくさくなったんで、久しぶりにリアルタイム鑑賞でっす!(^-^) 巷でネット配信映像のハッキングが多発していて、今度のターゲットは、島谷ひとみ。 遂に、OPの人登場。 あはははは。 桐原大貴(松田悟志)も水戸のご隠居…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第29話

episode29「発進! ソリッド」 視聴率2.7% ドアのピッキング、金庫破り、運び屋……など、要所ごとの仕事をネット上で呼びかけ、それを総括する“白カラス”(大沢樹生)による連続窃盗事件が多発していた。 仕事のたびに呼ばれる人間は違い、連絡に使用される携帯も盗まれたもので、使用済みになれば破棄されてしまうので、肝心の“…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第28話

episode28「ケータイが生まれた日」 視聴率2.1% 網島ケイタ(窪田正孝)が毎晩PCに落としているえっちな画像について、あえてアンダーアンカーの本部で問いただす7(セブン)。 何つーイヤガラセを。(^m^) にしても、寝転がって、尻の辺りをかく真似をしたり、起き上がる時に「よっこらせっと」なんて、一体、誰から教わった…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第27話

episode27「失恋のカクリツ」 視聴率3.1% 網島ケイタ(窪田正孝)は、管理するお悩み相談サイトの相談者・シドが自殺をほのめかすメールを送ってきたと、妹の可憐(五十嵐令子)から相談を受ける。 そんなのはイタズラだと真剣に受け取らないケイタだったが、その意見に同調する01(ゼロワン)と、本当に自殺するかもしれないと反…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第26話

episode26「ニャンたる忍者!」 視聴率2.8% 「過去の失敗の記憶を消して、自分に都合のいい記憶に書き換えられる」という妖しげなサイトの噂。 羊皮紙に、嫌な出来事を書き出いてから、消したい箇所を削り取り、その部分を書き直すと、記憶が書き換えられた上、攻撃的になってしまう。 そんな中、クローン羊が盗まれるという事…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第25話

episode25「天使のふる遊園地」 視聴率3.2% 一週間遅れになってしまいましたが。(^^; お久しぶりの唐崎晶(飛鳥凛)登場の回ですね。 まるで、オバちゃんみたいなノリの友達から、「気になる男の子がいるなら、一緒に遊園地に行けば?」と薦められる晶。 ハッピー遊園地の噂を調べてみると、エンジェルKが現れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第24話

episode24「網島家最大の危機」 視聴率2.3% 今回は、網島ケイタ(窪田正孝)の父・健太郎(田口浩正)大暴走の巻。(^m^) 息子のケイタはバイトで帰りが遅く、娘の可憐(五十嵐令子)や妻の春美(渡辺典子)は態度が冷たい。 これではいかん!と家族のふれあいを作ろうと努力するも、うまくいかず。 このままでは家族が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」総集編+α

special episode「ケータイ語る」 視聴率1,9% 01(ゼロワン)の一件から数日後…… 7(セブン)と3(サード)が、今までの話を振り返るという形式。 これが24話だと思っていたけど、話数には入れないみたい。 総集編+αみたいなもんだし? なのはいいけど、何で、7(セブン)たちが人間並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第23話

episode23「ケータイ死す」 視聴率2.3% どこだか判らない場所で目覚める網島ケイタ(窪田正孝)。 学校帰りに拉致されたらしく、学生服を着用し、傍に学生鞄が放置されていた。 しかし、7(セブン)の姿がない。 そこへ、私用携帯に間明蔵人(高野八誠)が01(ゼロワン)を使ってコンタクトしてきた。 2時間後に、7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第22話

episode22「こころのひかり」 視聴率2.4% 01(ゼロワン)と対峙する7(セブン)。 「何故、人間はそこまで信じるに足るのか?」と01(ゼロワン)が問い、 「私は、信じている」と7(セブン)が答える。 飛び上がった01(ゼロワン)と7(セブン)は、蹴りを繰り出し、空中で激しく交差する。 脚の姿勢制…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第21話

episode21「黒い過去」 視聴率2.4% まだ、滝本さん(津田寛治)が7(セブン)をバディに持ってなかった頃の話。 今じゃ、稼働しているフォンブレイバーは、ケイタ(窪田正孝)の7(セブン)と桐原(松田悟志)の3(サード)、それに暴走している01(ゼロワン)だけだけど…… 今まで登場しなかったフォンブレイバーの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第20話

episode20「圏外の女・後編」 視聴率2.5% 家出少年・網島ケイタ(窪田正孝)とお七(安藤麻吹)の珍道中・後編。 大体、初期の頃のケイタならまだしも、今現在のケイタがぶらりと家出するってのが、合点いかないしな~。(--; てゆーかもう、どうしよう。 あんまりにも理解不能な進行に、観てて段々、腹立ってきた。 ホン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第19話

episode19「圏外の女・前編」 視聴率2.2% ホントは出かけようと思ってたんだけど、何かもうテンションだだ滑りなので、家で大人しく過ごすことにして、リアルタイムで観ました。 したら……押井守監督作品なんすね。びっくし。(^^; 今までの流れも関係なしに、熱海へバイクを走らせる網島ケイタ(窪田正孝)。 滝本さん…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第18話

episode18「URL」 視聴率3.5% 今回は、季節柄、ホラーチックな話でした。 『探さないで』という件名のメールが送られてきて、内容はアドレスのみ。 そのアドレスをクリックすると、暗がりの中をぼんやりと不気味に近付いてくる人が……というもの。 そして、そのメールを見たものは、行方不明になると言う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第17話

episode17「遠い夏の空と」 視聴率2.4% 戦争を知らない世代の子どもにとって、戦争はあまりにも遠い出来事のようで。 網島ケイタ(窪田正孝)が書いた日本史のレポートといえば・・・ 日本史レポート 第二次世界大戦について                    出席番号 2                …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第16話

episode16「セブン対ゼロワン!」 視聴率2.7% 今回は、カラフルボマーと呼ばれる爆弾魔と01(ゼロワン)が手を組んだ事件。 カラフルボマー自体は、単に爆弾予告をして、花火程度の爆弾を爆破して、その場所を特定できた者だけ、自分のメッセージを受け取れればいい・・・ てな自己マン男だったんだけど。 01(ゼロ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第15話

episode15「なかよくなる魔法」 視聴率3.1% 久しぶりの網島家・・・だな。 学校が休みで、遅くまで惰眠を貪る網島ケイタ(窪田正孝)だったが、父・健太郎(田口浩正)の奇声で起こされる。 えっちな画像ばかりを掲載していたHPがハッキングされ、いたずら書きをされたというのだ。 時同じくして、同じような被害が続出し…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第14話

episode14「セブンの子守唄」 視聴率2.6% いきなり、時限爆弾の解体とは・・・網島ケイタ(窪田正孝)ってば、エージェントとして、日々、逞しく活動してるな~と感心してたら、調子に乗っちゃって、現場に7(セブン)忘れてきちゃうし。 おいおいおいおい。(--; 携帯モードに戻ってる7(セブン)は、一人では動けず、村…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第13話

episode13.激震!グラインダー 視聴率2.5% 正式なアンカーの一員となり、気合が入りまくりの網島ケイタ(窪田正孝)。 「俺は将来、このアンカーを背負って立つ人間になる。だろ?」 「いつのことだ・・・?」 と、冷静なツッコミを入れる7(セブン)がナイス。(^-^)b 本部に行くと、自分と同じくらいの歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第12話

episode12.地球最後の日(T_T) 視聴率2.9% 記念すべき(?)、「ドラマ」カテゴリ記事数500件目が、コレかー。(^m^) アンカー本部に、緊急事態だと呼び出された網島ケイタ(窪田正孝)。 しかし、そこはいつもの見慣れた光景ではなくなっていた。 妙な色のカツラをかぶり、妙なデザインの服をまとった…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第11話

episode11.サンキュー電撃作戦 視聴率3.2% 教訓。 銀行から、暗証番号の問い合わせをすることはありません。気をつけましょう。 という話でした。(笑) 銀行口座の残高が39円になることから「39(サンキュー)詐欺」と呼ばれる被害報告が多発する。 網島ケイタ(窪田正孝)も、その父・網島健太郎(田口浩…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第10話

episode10.カウンター・アタック! 視聴率2.9% ファーストフード店でハンバーガーを食べようとしていた網島ケイタ(窪田正孝)の携帯に、妙なメールが送信されてくる。 たまたま隣の席に座っていた唐崎晶(飛鳥凛)が、ケイタの携帯に感染していたウイルスを除去してくれ、そのお礼にメガパフェを奢る。(^m^) 本部に呼び出さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ捜査官7」第9話

episode9.バディシステム 視聴率2.8% 前回の「並列分散リンク」の件で、査問会が行われ、アンカーの会長・宗田雅芳(益岡徹さん)と技術顧問の伊達雄人(渡辺いっけいさん)が姿を見せる。 桐原(松田悟志)は、あくまで自分の独断で、網島ケイタ(窪田正孝)には責任はないと主張。 結果、桐原は3(サード)と共に、1ヶ月の謹…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more