テーマ:平清盛

大河ドラマ「平清盛」第20話

第二十回「前夜の決断」 視聴率11.8%   あらすじ(公式サイト) 1156年(保元元年)、崇徳上皇(井浦新)たちに謀反の疑いを かけた信西(阿部サダヲ)は、武士たちに後白河天皇(松田 翔太)につくように命じ、決戦に備える。だが、平清盛(松山 ケンイチ)はどちらにもつかないと宣言、周囲の行方を見守る。 一方…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第19話 

第十九回「鳥羽院の遺言」 視聴率14.7%   あらすじ(公式サイト) 誰も予想していなかった後白河天皇(松田翔太)が誕生し、 朝廷は大騒ぎになる。再び父親である鳥羽院(三上博史) に裏切られた崇徳院(井浦新)の心のうちはいかばかりかと 清盛(松山ケンイチ)は不安になる。 そんな騒ぎをよそに、清盛の館には時子…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第18話

第十八回「誕生、後白河帝」 視聴率13.5%   あらすじ(公式サイト) 1154年、近衛天皇(北村匠海)の容態はますます悪くなる ばかり。父の鳥羽法皇(三上博史)は、長男の崇徳上皇 (井浦新)を無理やり退位させた報いだと悔やむ。 清盛(松山ケンイチ)は崇徳上皇から後ろ盾になるように 頼まれ、一旦は断るものの…
トラックバック:25
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第17話

第十七回「平氏の棟梁」 視聴率13.9%   あらすじ(公式サイト) 1153年、弟・家盛(大東駿介)、父・忠盛(中井貴一)の死を 経て、ついに清盛(松山ケンイチ)は平氏の棟梁の座につく。 父・忠盛の仕事を引き継いでいく清盛だったが、忠盛が残した 功績ははかりしれず、棟りょうとしての自分の器に不安を感じ 始める。…
トラックバック:32
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第16話

第十六回「さらば父上」 視聴率11.3%   あらすじ(公式サイト) 高野山再建を成し遂げた清盛(松山ケンイチ)には安芸守 (あきのかみ)の任が授けられ、父・忠盛(中井貴一)も 念願の公卿(くぎょう)まであと一歩となった。けれども、 忠盛は病に倒れてしまう。 そのころ藤原摂関家では、弟・頼長(山本耕史)と兄・…
トラックバック:27
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第15話

第十五回「嵐の中の一門」 視聴率12.7%   あらすじ(公式サイト) 家盛(大東駿介)は、左大臣・頼長(山本耕史)の謀略にはまり、 失意のうちに落馬して命を落とす。 突然の訃報に信じられない清盛(松山ケンイチ)。 冷たくなった家盛を前に、狂ったように泣く宗子(和久井映見)。 忠正(豊原功補)は家盛が死んだのは全…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第14話

第十四回「家盛決起」 視聴率13.7%   あらすじ(公式サイト) 釈放された清盛(松山ケンイチ)を待っていたのは、厳しい 表情の弟・家盛(大東駿介)だった。清盛について悩む母・ 宗子(和久井映見)を見かねた家盛は、祇園事件での兄の 行動は嫡男にふさわしくない、自らが平氏の跡継ぎになると 宣言。 そして家盛…
トラックバック:32
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第13話

第十三回「祇園闘乱事件」 視聴率11.3%   あらすじ(公式サイト) 1147年、一門の繁栄祈願のため祇園社を訪れていた清盛 (松山ケンイチ)たちは、僧兵ともめ、それがきっかけで延暦寺 の怒りを買ってしまう。 武装した僧兵たちは神輿(しんよ)を担いで清盛の流罪を 訴えるが、清盛は僧兵たちに矢を向け、神輿に当てて…
トラックバック:25
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第12話

第十二回「宿命の再会」 視聴率12.6% ワーストを更新。。。   あらすじ(公式サイト) 1145年、出家した待賢門院(檀れい)は重い病にかかる。 鳥羽院(三上博史)は取り乱し、待賢門院を慰めるには水仙 の花しかない、と季節外れの水仙を探すことを配下の武士に 命じる。 明子(加藤あい)を失った悲しみに…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第11話 

第十一回「もののけの涙」 視聴率13.2%   あらすじ(公式サイト) 内裏に呼ばれた平清盛(松山ケンイチ)は崇徳天皇(井浦新) に、佐藤義清(藤木直人)が出家した際に詠んだ歌を伝える。 清盛は崇徳帝と同じく白河院(伊東四朗)の血をひく宿命を 背負ったが、自分なりに面白く生きていくと告げる。 1140年、崇徳…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第10話

第十回「義清散る」 視聴率14.7%    あらすじ(公式サイト) 自らの罪深さに気づいた待賢門院(檀れい)に接近した佐藤 義清(藤木直人)であったが、堀河局(りょう)は義清にその 強い感情は、いずれ身の破滅を招く、と警告する。 清盛(松山ケンイチ)も長年の友である義清の身を案ずる。 そんな折、待賢門院は…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第9話

第九回「ふたりのはみだし者」 視聴率13.4% 下げっぷりが、なぁ。(--;   あらすじ(公式サイト) 崇徳帝(井浦新)は即位してから15年の歳月がたっても 鳥羽院(三上博史)に疎まれ続け、子もなしていなかった。 そんな崇徳の弟である四の宮・雅仁親王(松田翔太)は 兄の苦悩を横目に街なかをうろつきまわっ…
トラックバック:31
コメント:2

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第8話

第八回「宋銭と内大臣」 視聴率15.0%   あらすじ(公式サイト) 保延2年(1136年)、宋から運ばれてきた貴重な品々が 並ぶ博多の市に清盛(松山ケンイチ)たちはやってきた。 大宰府を通さなければならないはずの宋との取り引きが 自由に行われていることに驚く清盛。 家貞(中村梅雀)は忠盛(中井貴一)が朝廷を通さ…
トラックバック:29
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第7話

第七回「光らない君」 視聴率14.4%    あらすじ(公式サイト) 犠牲は出したものの見事に海賊を討伐した平氏一門だったが、 棟梁である忠盛(中井貴一)が念願の公卿にひきたてられる ことはなかった。 それでも清盛(松山ケンイチ)は従四位下の位を授けられた。 その挨拶に出向いた帰り道、盛国(上川隆也)と清盛は…
トラックバック:27
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第6話

第六回「西海の海賊王」 視聴率13.3% ぬお、えらい急激に落ちたなぁ。(^^; あらすじ(公式サイト) 目の前に現れた巨大な宋船と戦闘を始める平氏一族。 初めての本格的な戦闘にひるむ清盛(松山ケンイチ)をかばい、 乳父(めのと)平盛康(佐戸井けん太)は深手を負ってしまう。 宿営地に一時引き返した平氏だっ…
トラックバック:29
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第5話

第五回「海賊討伐」 視聴率16.0%  あらすじ(公式サイト) 保延元年(1135年)、朝廷では藤原忠実(國村隼)ら貴族 たちが集まり、瀬戸内海を荒らす海賊対策の会議に追われ ていた。 高階通憲(阿部サダヲ)は、権力の奪い合いにうつつをぬかす 彼らにあきれ果てる。 海賊討伐には源氏を、と推挙する忠実を尻目に…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第4話

第四回「殿上の闇討ち」 視聴率17.5% あらすじ(公式サイト) 平氏に大きな知らせが舞い込む。 朝廷に忠誠を尽くす忠盛(中井貴一)の功が認められ、 忠盛が内裏の清涼殿にあがる資格をもつ殿上人に 武士として初めてなったというのだ。喜ぶ平氏一門。 北面の武士として務める清盛(松山ケンイチ)も父の出 世は内心うれし…
トラックバック:29
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第3話

第三回「源平の御曹司」 視聴率17.2% あらすじ(公式サイト) 清盛(松山ケンイチ)は、瀬戸内海で自称船の警護役として、 海賊と戦い、取り返した食物を盗まれた漁民に返すという 無頼の日々を送っていた。 しかし、賊と間違われた清盛は捕らえられ、京に連れ戻され てしまう。 再会した父・忠盛(中井貴一)は、清…
トラックバック:27
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第2話

第二回「無頼の高平太」 視聴率17.8%  あらすじ(公式サイト) 成長した平太(松山ケンイチ)は、ふたりの父を持つという 数奇なさだめを知らされ、何者でもない自分にいらだち、 賭場をうろつきまわっていた。 人々はそんな平氏の嫡男をいつのころからか 「無頼の高平太」と呼ぶようになっていた。 育ての父であ…
トラックバック:34
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第1話

第一回「ふたりの父」 視聴率17.3%  あらすじ(公式サイト) 1118年京都。300年の平安を誇った貴族の世も乱れ、武家・ 平氏の嫡男である平忠盛(中井貴一)も、朝廷の命令のまま 盗賊などの捕縛を行う汚れ仕事を行っていた。 そんなある日、忠盛は物乞い姿のひとりの女と出会う。 その女・舞子(吹石一恵)は、院…
トラックバック:39
コメント:0

続きを読むread more