テーマ:平清盛

大河ドラマ「平清盛」最終話

最終回「遊びをせんとや生まれけむ」 視聴率9.5%   あらすじ(公式サイト) 1181年1月、清盛(松山ケンイチ)は熱病で死の淵にいた。 源氏との決戦に勝利し、頼朝(岡田将生)の首を墓前に 供えよと叫び、清盛は世を去る。 4年後、一門の運命は坂をころがるように変転し、安徳 (田中悠太)を抱いた時子(深田恭子…
トラックバック:16
コメント:4

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第49話 

第四十九回「双六が終わるとき」 視聴率9.2%   あらすじ(公式サイト) 1181年、平家は憂うつな年明けを迎える。 反平家の風潮が、国中にいきわたる中、清盛(松山ケンイチ)  の頼みの綱だった高倉上皇(千葉雄大)がわずか21歳で世を 去ってしまう。 朝廷でのよりどころを失った清盛の前に、再び後白河法皇 (松…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第48話

第四十八回「幻の都」 視聴率10.4%   あらすじ(公式サイト) 富士川の戦いで大敗した平清盛(松山ケンイチ)。 平家はすでに武門ではないという忠清(藤本隆宏)の 言葉は、清盛の心に強く刻まれる。 さらに高倉上皇(千葉雄大)が危篤となり、棟梁の宗盛 (石黒英雄)は劣勢を挽回するため、都を京に戻すべきだ と涙な…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第47話

第四十七回「宿命の敗北」 視聴率10.8%   あらすじ(公式サイト) 1180年、頼朝(岡田将生)の挙兵を知った清盛(松山 ケンイチ)は、高倉上皇(千葉雄大)の名のもとに孫の 維盛(井之脇海)を総大将として追討軍を派遣。 一方、頼朝は石橋山の合戦で苦渋を味わうものの、 各地で次々と反平家の武士たちが立ち上が…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第46話 

第四十六回「頼朝挙兵」 視聴率10.3%   あらすじ(公式サイト) 1180年、以仁王(柿澤勇人)の令旨(りょうじ)を知った平清盛 (松山ケンイチ)は激怒し、以仁王、源頼政(宇梶剛士)らを 捕らえ、鎮圧する。 そして清盛は、安徳天皇のための都として、福原への遷都を 強行する。 8月、以仁王と頼政に刺激…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第45話

第四十五回「以仁王の令旨」 視聴率7.3% 「トトリ」より低いとか。(^^;   あらすじ(公式サイト) 後白河法皇(松田翔太)を鳥羽離宮に幽閉し、清盛(松山 ケンイチ)はついに武士として初めて天下の頂に君臨する。 清盛は福原にいながら朝廷の人事権を掌握し、高倉天皇 (千葉雄大)に安徳天皇への譲位を迫るなど、…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第44話 

第四十四回「そこからの眺め」 視聴率10.4%    あらすじ(公式サイト) 後白河法皇(松田翔太)と清盛(松山ケンイチ)のはざまで、 心労を重ねていた嫡男・重盛(窪田正孝)は病の床に伏す。 そして清盛の娘で摂関家に嫁いでいた盛子が病死。 平家に暗雲がたちこめる。 清盛が厳島参詣で都を離れているすきに、後白河…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第43話 

第四十三回「忠と孝のはざまで」 視聴率10.2%   あらすじ(公式サイト) 清盛(松山ケンイチ)は鹿ヶ谷の陰謀を計画した西光(加藤 虎ノ介)と成親(吉沢悠)を厳しく処罰する。 義理の兄・成親の死に落胆する重盛(窪田正孝)は、清盛と 後白河法皇(松田翔太)のはざまでさらに疲弊していく。 そんな時、高倉天皇(千…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第42話

第四十二回「鹿ヶ谷の陰謀」 視聴率8.9%   あらすじ(公式サイト) 京・鹿ヶ谷の山荘では、後白河法皇(松田翔太)が成親 (吉沢悠)・西光(加藤虎ノ介)たちとともに平家打倒の 計画を進めていた。 数日後、法皇は清盛(松山ケンイチ)と盟友関係にある 比叡山の明雲(腹筋善之介)を流罪、さらに平家に比叡山 を攻…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第41話 

第四十一回「賽の目の行方」 視聴率7.9% とうとう、8%も切ったかー。(--;   あらすじ(公式サイト) 滋子(成海璃子)の急死は、後白河法皇(松田翔太)と 清盛(松山ケンイチ)の関係を大きく変えた。 1177年、後白河法皇は福原を訪ね、「もうここへは来ない」 と清盛に告げる。 あからさまに平家を冷…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第40話

第四十回「はかなき歌」 視聴率9.6%   あらすじ(公式サイト) 1174年、大輪田の泊(神戸港)では亡き兎丸(加藤浩次)が 夢みた日宋貿易が本格化していた。 清盛(松山ケンイチ)は、厳島神社に後白河法皇(松田翔太)  と滋子(成海璃子)を招き、自らの威厳を示す。 そんな中、法皇の側近・西光(加藤虎ノ介)と…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第39話 

第三十九回「兎丸無念」 視聴率9.7%   あらすじ(公式サイト) 京では、平家の密偵・禿(かむろ)の振る舞いに、人々は 恐れをなしていた。 五条大橋で禿退治をしていた弁慶(青木崇高)は、遮那王 (のちの義経:神木隆之介)と運命的な出会いを果たす。 そのころ、福原では大輪田泊の工事が大詰めを迎えていた。 清…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第38話

第三十八回「平家にあらずんば人にあらず」 視聴率14.3%   あらすじ(公式サイト) 清盛(松山ケンイチ)の夢は平家の流れをくむ天皇を誕生 させることだった。 そのため、宋から手に入れた羊を後白河法皇(松田翔太)  に贈り、関係改善を試みる。 そして建春門院(成海璃子)と共に福原に招き、高倉天皇 (千葉雄大)…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第37話 

第三十七回「殿下乗合事件」 視聴率10.5%   あらすじ(公式サイト) 1170年、清盛(松山ケンイチ)は日宋貿易を本格化させる ため、後白河法皇(松田翔太)を福原に招き宋の使者と 面会させる。 法皇が京を抜け出し、外国人と直接会うなど前代未聞と、 貴族たちは恐れおののく。 そんな中、摂政・藤原基房(細川…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第36話 

第三十六回「巨人の影」 視聴率10.1%   あらすじ(公式サイト) 清盛(松山ケンイチ)は福原に移り住み、嫡男の重盛 (窪田正孝)に家督をゆずり、京・六波羅を任せる。 後白河上皇(松田翔太)は出家し、法皇となった。 1169年、成親(吉沢悠)の知行国・尾張の役人が寺社 と衝突する事件が起きる。 このことに…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第35話 

第三十五回「わが都、福原」 視聴率10.5%   あらすじ(公式サイト) 死の際から復活した清盛(松山ケンイチ)は、妻の時子 (深田恭子)とともに出家する。 一門の前で六波羅を長男・重盛(窪田正孝)に任せ、 海に近い福原(神戸)に隠居することを表明し、皆を 驚かす。 後白河上皇(松田翔太)は、清盛のこうした…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第34話

第三十四回「白河院の伝言」 視聴率11.1%    あらすじ(公式サイト) 1168年、突然の熱病に倒れた清盛(松山ケンイチ)。 「清盛倒れる」の知らせは、平家一門のみならず、朝廷・ 貴族・諸国の武士など多くの人々の心を揺るがせる。 熊野詣へ向かう途上の後白河上皇(松田翔太)も清盛 危篤の知らせをきき、急ぎ…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第33話

第三十三回「清盛、五十の宴」 視聴率7.8%    あらすじ(公式サイト) 1167年、太政大臣にのぼった清盛(松山ケンイチ)は 五十歳になろうとしていた。 六波羅で行われた五十の宴に現れたのは、熊野で 生まれ育ち、清盛にとって末の弟になる忠度(ムロツヨシ)。 熊のようなその男の登場に、一門は驚く。 宴の最…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第32話

第三十二回「百日の太政大臣」 視聴率10.7%   あらすじ(公式サイト) 清盛(松山ケンイチ)は武士として初めて大納言にのぼった。 前代未聞の出世に、貴族たちは反発するが、清盛の娘婿 である摂政・基実(忠通の子:村杉蝉之介)をうしろだてとした 勢いはとまらない。 後白河上皇(松田翔太)はそんな清盛の動きをけん制…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第31話

第三十一回「伊豆の流人」 視聴率7.8%   遂に、二桁切ってしまったかー。 まあ、オリンピック真っ盛りではあるんだが。 あらすじ(公式サイト) 1164年、伊豆・蛭ケ小島。そこに18歳に成長した源義朝の子・ 頼朝(岡田将生)がいた。 5年前、清盛(松山ケンイチ)によって流罪となった頼朝はここに 流…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第30話

第三十回「平家納経」 視聴率11.4%   あらすじ(公式サイト) 1161年、崇徳上皇(井浦新)は配流先の讃岐にいた。 今はのどかに暮らす崇徳だったが、弟の後白河上皇(松田 翔太)にわびようと写経をしたためる。後白河は滋子(成海 璃子)との間に憲仁親王をもうけていた。 時忠(森田剛)は平家の血筋の憲仁を東宮…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第29話

第二十九回「滋子の婚礼」 視聴率10.7%   あらすじ(公式サイト) 1160(永暦元)年、平清盛(松山ケンイチ)はついに公卿の 座にのぼった。それは武士として誰もなしえなかった偉業 であった。 平家は一門のほとんどのものが出世し、朝廷での勢いを 増していった。 そして、家貞(中村梅雀)・美福門院(松雪泰子)…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第28話

第二十八回「友の子、友の妻」 視聴率11.2%   あらすじ(公式サイト) 清盛(松山ケンイチ)は平治の乱の首謀者である藤原信頼 (塚地武雅)を斬首にした。武士の判断により貴族が処分 できるほどに、時代は変わっていた。 東国へ源頼朝(中川大志)らと落ち延びようとしていた義朝 (玉木宏)であったが、皆とはぐれ、…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第27話

第二十七回「宿命の対決」 視聴率11.7%   あらすじ(公式サイト) 義朝(玉木宏)の挙兵を知って、京に戻った清盛(松山ケンイチ)  は動かなかった。むしろ新しく権力の座についた中納言・信頼 (塚地武雅)に恭順の意を示す証書を差し出すと言い、一門を 驚かす。 証書を持った家貞(中村梅雀)が内裏を訪ねると、そこは…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第26話

第二十六回「平治の乱」 視聴率13.2%   あらすじ(公式サイト) 1159年、信西(阿部サダヲ)のもとで不遇にあった義朝 (玉木宏)は藤原信頼(塚地武雄)と結託、ついに決起する。 義朝は後白河上皇(松田翔太)と二条天皇(冨浦智嗣)を 奪い幽閉した後、三条殿に火を放つ。義朝の狙いは信西 (阿部サダヲ)の首であっ…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第25話 

第二十五回「見果てぬ夢」 視聴率10.1%   あらすじ(公式サイト) 出世を果たしていく清盛(松山ケンイチ)と、父を犠牲にした にもかかわらず、身分の上がらない義朝(玉木宏)。 いつしか義朝は自らを軽んじる信西(阿部サダヲ)に不満を 抱くようになる。 後白河上皇(松田翔太)の近臣・藤原信頼(塚地武雅)も …
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第24話 

第二十四回「清盛の大一番」 視聴率12.1%   あらすじ(公式サイト) 後白河帝(松田翔太)のもとで実権を握る信西(阿部サダヲ)  の政治改革が始まった。 信西は手始めに内裏を修復し、宮中行事としての相撲節会 (すまいのせちえ)を復活させるなど、精力的に行う。 相撲節会の資金集めもあり、全国へ税徴収を徹底さ…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第23話

第二十三回「叔父を斬る」 視聴率11.6%   あらすじ(公式サイト) 信西(阿部サダヲ)が清盛(松山ケンイチ)と義朝(玉木宏)  に下した命令は、忠正(豊原功補)と為義(小日向文世)を 斬首せよ、という信じがたいものであった。 しかし、二人とも時の権力者へと上り詰めた信西の命に 逆らえるわけもなかった。 …
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第22話

第二十二回「勝利の代償」 視聴率11.0%   あらすじ(公式サイト) 保元の乱がついに終結。頼長(山本耕史)は逃走中、矢で 深い傷を負い、 崇徳上皇(井浦新)もまたあてどもなく山に 逃げのびる。 頼長は父・忠実(國村隼)の屋敷に救いを求めるが、門が 開かれることはなく、息絶える。 一方、勝利した後白…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平清盛」第21話

第二十一回「保元の乱」 視聴率10.2%   あらすじ(公式サイト) 1156年(保元元年)7月10日深夜、のちに保元の乱と 呼ばれる一戦が始まった。 後白河天皇(松田翔太)側では軍議が行われ、源義朝 (玉木宏)の夜討ちの策が採用される。 ライバルに先を越されまいと、平清盛(松山ケンイチ)は 「死ぬ覚悟…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more